梅雨時の防腐剤に注意、「PH調整剤」にも警戒を!

0

     

      梅雨時から夏にかけて、多量添加される食品保存料

     

    暑中お見舞い申し上げます。


    特に度重なる九州の豪雨は、心配。

    九州のお客様には、

    心よりお見舞い申し上げます。

     

    梅雨から夏の天候は、なにかと厳しい。

     

    豪雨や台風など、自然災害はもちろん、
    不快指数も高く、体調不良、
    熱射病や食中毒にも気をつけないといけません。

     

    食中毒への注意は当たり前ですが、
    その裏で、
    いつもよりも多めに添加されている防腐剤。

     

    この時期は、
    防腐剤を多量使用している食品にも注意したい。

     

    PH調整剤
     


      PH調整剤にも注意が必要だった!

     

    これまで、保存料というと、
    「安息香酸」や「ソルビン酸」などが主流でした。

     

    ところが最近、
    これら保存料の認知度が広まって、
    嫌がる消費者が増えてきたといいます。

     

    なので、
    メーカー側は、その代わりに、
    「PH調整剤」を使用しているらしい。


    「PH調整剤」とは、
    クエン酸、グルコン酸、フマル酸、リン酸など、
    複数を組合わせ一括表示した保存料で、
    食品を酸性に傾けて菌の増殖を抑え腐りにくくします。

     

    その中でも、リン酸は危険、
    注意が必要な成分なのに、
    一括表示だとわかりません。

     

    「PH調整剤」という名前からしても、油断してしまう。

    安息香酸やソルビン酸よりも安全に思われてしまい、
    生産者側も、大量使用してしまう傾向があるようです。

     

    しかも、その量が、実は、
    かなり危険なレベルになっているのではないかと、
    警笛を鳴らすメーカーや生産者までいるほどです。

     

    PH調整剤は、
    比較的安全性が高いと思っている消費者も多いかもしれません。
    私もその一人でした。

     

    でも、やっぱり保存料に安全なものなどないわけで、
    いつまでも腐らず美味しいなんて不自然、
    ムシが良すぎますね。

     

    この時期だけでも、
    保存料が多量使用されている食品には警戒を、
    なるべく、保存料は体に入れないようにしたいですね。

     

    PH調整剤
     

    PH調整剤

    【加工品、刺身類にも多用されるPH調整剤】

     


      保存料がもたらす健康被害、免疫低下

     

    保存料とは、カビなど細菌を、
    殺したり繁殖を抑えるもの。

     

    とうぜん腸内の善玉菌も減り、
    腸内環境は悪化します。

    腸内細菌のバランスが崩れると、
    免疫力がたちまち落ちて、
    病気にかかりやすくなってしまいます。

     

    夏に疲れを感じ、体がヘタってしまうのは、
    単に暑さのせいだけでなく、
    もしかすると保存料の過剰摂取で体が弱っている、
    なんてことも考えられます。

     

    発癌性や肝機能障害など危険性がない保存料でも、
    保存料は保存料、

    食べ物ではないのだから、
    なるべくなら体内には入れない方がいい。

     

    暑い夏は、
    火を使って料理するのもシンドイけど、
    それでも、
    加工品やお総菜は控え目に、
    ケーキなど保存料が多いものもガマン。

     

    いつまでも健康で若々しくいるためには、
    保存料、添加物は、やっぱり大敵!


    私たちは、
    いったい1日にどれだけの添加物を摂取してしまっているのか、
    量り知ることはできません。

     

    無自覚のうち、許容量を越え、
    体調を崩したり、病気になったりしないように、
    チョットばかり注意です。

     

     

      化粧品の保存料、3年以上は絶対に腐らない量


    化粧品の保存料は、食品よりずーっと多いものです。

     

    市販されている化粧品は、
    3年以上、品質を保持するように薬事法で決められています。

    半永久に腐らないほどの保存料が配合されています。

     

    保存料を配合しない無添加化粧品に関しては、
    必ず製造年月を記載し、使用期限を決めることとされています。


    ジープロダクツは、
    肌と健康に悪影響をもたらす保存料はもちろん、
    全ての添加物を、原料の段階から使っていません。

     

    洗顔石鹸

     

    原材料の段階から、
    無農薬、遺伝子組み換えでない植物にこだわり、
    保存料、添加物、化学薬品の使用のないものを厳選しています。


    毎日使うスキンケア製品は、
    完全無添加の製品を、ぜひお選びください。

     

     

    梅雨明け

    【どんよりとした葉山から・裕次郎灯台】

     

    7月の湘南も、今年は人が疎らで淋しい。

     

    梅雨明まで、あと少し、
    どうぞ体調に気をつけてお過ごしください。

     

    JUGEMテーマ:健康

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    ダイエット&アンチエイジングに効く、「フェンネル」の精油

    0


        「フェンネル」は、日本でも昔から使われている薬草だった

       

      地中海沿岸が原産のフェンネルは、
      ヨーロッパから、中東、インド、中国へと渡り、
      世界中で料理や薬に、広く使われているハーブ。

       

      主に果実は、生薬や香味料として
      茎や葉は、野菜として食べられています。

       

      フェンネル

       

      フェンネルは、
      花、種、葉、茎、根、全部食べられる、
      捨てるところのない、優秀な香味野菜。

       

      西洋料理では魚料理によく使われているし、
      インドカレーには必ずといていいほど使われている、
      それなのに、
      日本では、その名前を知らない人も多くて、
      ちょっと地味めなハーブですね。

       

      ところが、沖縄では、
      胃腸に良いことから、
      イーチョーバ(胃腸葉)と呼ばれ、
      親しまれていると聞きます。

       

      生のままサラダにしたり、
      茎や葉を天ぷらにしたり、
      スープやお茶にしたり、
      泡盛にも漬けたりするらしい。


      そういえば、沖縄の人は、健康で長生き、
      肌のきれいな人、スタイルがいい人も多い、
      もしかすると、フェンネルや食生活が影響しているのかも。

       

      関東では、
      スーパーや八百屋さんでほとんど見かけない、

      このフェンネル、
      実は、日本でも平安時代には中国から伝わっており、
      医療現場では生薬として使われてきました。

       

      今も、太田胃散、仁丹、のど飴などに配合されていて、
      意外にも、身近なハーブのひとつなんです。

       


        「フェンネル」の抗酸化作用が、美肌をつくる

       

      スーパーでは手に入り難いフェンネルなのですが、
      家庭菜園家のあいだではけっこう知られていたりします。

       

      こぼれ種で増え、水やりだけでスクスク育つ。

      初心者にも簡単。

       

      草丈は2mと、大型で丈夫な植物、
      茎の下部が、タマネギのような形に膨らんで、
      フサフサとした細い髭のような草。

       

      花、種、葉、茎、根、全部分に、
      ビタミンやミネラルなど、

      様々な有効成分をたくさん含んでいます。

       

      フェンネルシード


      中でも実の部分、
      細い米粒のような形のフェンネルシードは、
      銅、鉄、カルシュウム、カリュウム、

      マンガン、セリュウム、セレン、

      亜鉛、ミネラルといった栄養の塊。

       

      特にマンガンの抗菌、抗酸化作用は、
      料理の腐敗を抑えるように、
      美肌をつくるためにも、めちゃ役立つ成分。

       

      抗菌性は、ニキビのアクネ菌や水虫菌などの繁殖を制御し、
      抗酸化性は、シミ、しわ、老化肌の予防になります。


      インドでは、このフェンネルシードを、
      毎食後、口に含み噛むことが日常習慣のようです。

       

      そういえば、インド料理のレストランには、

      たいていフェンネルシードが置いてあります。

       

      口内細菌を取り除き、口臭を消す、
      口の中を衛生的に保つためにも利用できる。

       

      熱い国、インドや沖縄の人たちの知恵ってスゴイ。

       

      ゴーヤは、
      今では関東でも、知られるようになりました。
      今年は、このフェンネルを大いに食べてみようと思う。

       

      フェンネル
       

      タマネギや、セロリとも似た、

      独特な香りがクセになる。

       

      暑さで弱った胃腸も、
      きっと元気になってくれるはず。

       

       

        「フェンネル」は、ダイエット、全身マッサージにも最適

       

      フェンネルは、「ダイエットハーブ」とも言われています。

       

      その理由は、
      食道、胃、腸まで、
      消化器官の働きを正常化してくれるから。

       

      豊富に含まれる植物繊維が、
      溜まったガスや排便を促進。

      体内の老廃物・毒素を排出、
      デトックスをサポート、
      便秘を解消し、腸内環境を整えます。


      また利尿作用と発汗作用もあることから、
      むくみ、セルライトの予防と解消にも役立ち、
      痩身用のマッサージオイルに使われることも多いオイルです。

       

       

      むくみ

       

      全身をマッサージすることで、
      新陳代謝を上げて効率よく体脂肪を燃焼、
      ダイエットだけでなく糖尿病の治療にも役立ちます。

       

      フェンネルの香りには、
      無駄な食欲を抑える働きもあると言う、
      なにかと嬉しい作用がいっぱい。

       

      そして、もうひとつ、
      精油の「フェンネルスウィート」に含まれる
      アネトールという成分には、
      女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きがあるので、
      肌や髪にハリとツヤを生み出します。

       

      フェンネルは、
      ラベンダー、シダーウッドとの相性がとても良く、
      相乗効果を発揮、
      多くの恩恵をもたらしてくれます。

       


        ジメジメの梅雨と夏、フェンネル配合のスキンケアで快適に

       

      ジーオイル夏用の精油は、
      フェンネル・スイートを、ラベンダー、シダーウッドと合わせて配合。


      スキンオイル

       

      ベタベタ、ジメジメと不快なこの時期、
      皮脂の酸化や臭い、雑菌の繁殖を抑えます。


      湿度の高い季節も、
      ジーオイルでスキンケア、
      健康で美しい肌を保ち、快適にお過ごしください。

       

      フェンネル

       

      フェンネルスウィートは、
      フェンネルの中でも、最もマイルドで刺激の少ないタイプですが、
      肌が弱っている時、トラブルがある時は、
      敏感肌用オイルで割って濃度を調整してお使いください。

       

       

      JUGEMテーマ:家庭菜園

       

       

      ブログランキングに参加中
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      梅雨の肌カビ注意 「シダーウッド」の抗菌作用で清潔に

      0

         

          シダーウッドの抗菌、防虫、防カビ作用

         

        エッセンシャルオイルの多くは、
        感染症予防や防腐剤として、

        紀元前からずーっと利用されてきました。

         

        食品の青カビ、
        浴槽の黒カビ、
        水虫の白癬菌、
        ニキビのアクネ菌、
        化膿のブドウ球菌、
        風邪のウィルス、などなど、
        身の周りに潜む、害虫や菌、ウィルスから、

        私たちを守ってくれる優れもの。

         

        ユーカリ、ティーツリー、フェンネル、
        カモミールローズマリー、ラベンダーなどなど、
        特に強い抗菌作用が認められている精油は、本当に数多い。

         

        シダーウッドもそのひとつ、
        日本特有のヒノキ風呂なんかも、

        その特性を利用したものなんですね。
        リラックス効果がある香りに加えて、カビも防いで衛生的。

         

        ジメジメとした梅雨の時期は、
        このシダーウッドの活用、とってもおすすめです。

         

        檜風呂

         


          シダーウッドの原料による香りの違い

         

        シダーウッドは、
        針葉樹からとったエッセンシャルオイル。

         

        マツが原料の「シダーウッドアトラス」、
        ヒノキが原料の「シダーウッドバージニア」が主流ですが、
        スギを原料にしたものもあります。


        「シダーウッド」という名前は同じでも原料はさまざま。

        それぞれに独特な香りがあります。


        マツ科の原料は、甘く乾いた香り、
        ヒノキ科の原料は、スパイシーな香り、
        スギ科の原料は、清涼感のある香り。

         

        シダーウッドの香りには、
        精神への鎮静作用があります。

         

        緊張や不安を和らげ、
        心を落ち着かせてくれる、
        ストレス解消に最適。

         

        精神を安定させ、
        同時に集中力を高めます。

         

        シダーウッドアトラスは、
        日本でも、寺院のお香に使われている、
        古い歴史をもつ香り。

         

        リラックス効果と強壮効果の二面性を持つので、
        就寝前にも、勉強や仕事の前にも、
        どちらにもいいアロマなのです。

         


          シダーウッドの原料による効能の違い

         

        シダーウッドバージニアには、
        シックハウスの原因となるホルムアルデヒトを分解する作用まで認められています。


        気になる方は、芳香剤にお使いになるといいかも知れませんね。

         

        家の中でも森林浴をしているような香りで癒され、一石二鳥。

         

        芳香剤
         

        シダーウッドは、入浴剤としてもよく活用されてますし、

        防虫剤としてもお使いの方多いと思います。
         

        クローゼットの中に入れておくと、

        ナフタリンのような嫌なニオイが無くて便利ですよね。

         

        ひのき
         

        なかでも、スギ科のシダーウッドは、
        防虫作用が一番強いと言われています。


        クローゼットや靴箱に、

        アロマスプレイなどを使う場合は、
        清涼感のある香りのスギ科のシダーウッドが、
        最も向いていそうですね。

         


          梅雨や夏は、シダーウッドが役立つ

         

        ジーオイル夏用は、
        マツ科の「シダーウッドアトラス」を配合。

        シダーウッドの中でも一番マイルドなタイプ。

         

        シダーウッド アトラス
        【天然成分100% ジーオイル夏用】

         

        この時期の悩み、
        肌カビの原因、皮脂分泌の調整に役立ちます。

         

        天然の防虫、抗菌作用は、
        肌の常在菌のバランスを壊さずに健やかに保ちます。

         

        合成界面活性剤は、肌バリアを破壊、
        保存料は、常在菌を死滅させます。


        入浴時にマッサージに使うと更に効果的。
        森林浴気分でリラックスでき、
        気管支の不調や鼻つまりなども和らげます。

         

        シダーウッドの力で、
        夏の肌を清潔に保ち、快適に過ごされてください。

         

        まだまだ続く梅雨、
        食中毒には、気を使いますが、
        お肌のカビにも気をつけてくださいね。

         

        梅雨

         

        エッセンシャルオイルは、

        効果ある反面、刺激があるので注意してください。
        刺激を感じた場合は、

        敏感肌用オイル等で薄めてお使いになることもできます。

         

        ご自分の肌や体調に合わせてお楽しみください。

         

         

        ブログランキングに参加中
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        インナードライ対策、梅雨時の超簡単スキンケア法

        0


            梅雨から夏のスキンケアは、手抜きしないで

           

          いよいよ梅雨入り、
          スキンケアが難しい季節です。

           

          でも、簡単なお手入れだけで、
          俄然、差がつく季節でもあります。


          スキンケアというと、人ぞれぞれ、
          そのやり方は本当に様々、
          特に、梅雨から夏には、
          格差がグーンと広がるとき。

           

          冬は、みんな保湿に一生懸命なのに、
          梅雨になると途端に安心してしまうのか、
          手を抜く人が増えてしまいます。

           

          そして、まさかのインナードライ状態。

           

          冬のように、ツッパリやカサカサがなくても、
          肌の内部は、カラッカラ。

          「老化肌は、夏に作られる」、
          そんなインナードライを見逃さないで。

           

          実は、冬よりも、
          夏の方が、肌は疲れて紫外線で傷んでる、
          これからの季節は、保湿がすごく大事なんです。

           

          梅雨入り

           

           

            美肌つくりに必須、簡単インナードライ対策


          湿度が高くなり、汗ばむ季節は、
          保湿のためのオイルが表皮に残りがち。

           

          特に、
          乾燥肌の人ほど、肌の吸収力が弱まっていて、
          表皮にベタツキが残ってしまいます。

           

          だからといって、
          不快なベタツキを避けるために、
          オイルの量を減らしたり、
          クリームをやめたり、
          それはいけません。

           

          その結果、
          まずますインナードライ状態が進んでしまいますから。


          でも、
          ベタベタを放置すると、
          シミや肌荒れの原因につながるので、

          そこはやっぱり注意も必要。

           

          保湿ケアを怠ると、老化に・・・、
          ベタツキを残すと、シミに・・・、
          では、どうしたらいいのか?


          要は、ベタつかないスキンケアがポイント。

           

          その方法は、いたって簡単。

          スキンオイルの量を減らすのではなく、
          数回に分けて、たっぷりと与えます。

           

          「集中スキンケア」

          〜スキンオイル小分け3段法式〜

           

          いつもの洗顔、
          または入浴後のオイルケアを、
          何度か繰り返すだけです。


          オイルを塗る時は、必ず、
          水またはぬるま湯で、
          お顔全体をジャブッと濡らして。

           

          コツは、

          手と顔を、しっかりと濡らすこと。

           

          ビショ濡れ状態にした手に、
          オイルを乗せ、

          両手の掌で、
          顔全体を包み込み、グーッと押さえ込む。

           

          軽いマッサージをするとさらにイイ。


          15〜30分程度、適当な間隔を置きます。
          前回のオイルが馴染んできたところで、
          同じことをもう一度繰り返します。


          3〜5回程度、

          数回繰り返すうちに、
          オイルは、水と一緒に、
          肌の内部にグングン馴染んでいきます。

           

          疲れた肌でも、しっかりオイルを蓄えることができます。

           

          最後は、肌の上にオイルを残さないように。

          水と一緒に拭うか、またはティッシュオフしておわり。

           

          簡単でしょ?

          オイル一本で十分な保湿ができます。

           

          余分な保湿剤など買い足す必要はありません。
          蒸タオルやパックシートもいりません。


          一度に欲張らず、小分けして与える。

           

          これが、
          ホントに驚くほど入るんです。

           

          繰返せば繰り返すほど、
          グイグイと吸い込まれていくオイルの量に、
          「こんなにも肌の内部は乾いていたのかー」と、
          きっとビックリしますよー。

           


          乾燥して疲れた肌が、
          ふっくら、もっちり、
          肌が潤いを取り戻したことを、

          はっきりと実感できます。

           

          インナードライが改善されると、
          化粧のりはもちろん、
          化粧もちも格段によくなる。

           

          夏は、化粧崩れしている残念な女性が多いけど、
          インナードライが改善されると、
          メイクもバッチリ。

           

          肌状態が良くなると、
          何から何まで改善されて好循環になる、
          いくつもの悩みが同時に解決することも。


          万年乾燥肌に悩んでいる方、
          肌の衰えを感じている方、
          そんな方は、絶対試してみてくださいね。

           

           

          オーガニックオレンジ

           

           

            スキンケア製品の選び方

           

          スキンケアの方法は、人それぞれ色々ありますが、
          スキンケア製品の基本の選び方は、実はひとつ、
          誰にとっても、肌にいい物は同じなんです。

           

          1.石油系、合成界面活性剤、防腐剤など、肌に悪い物を極力避ける。
          2.良質で新鮮な植物性油、無添加のものを選ぶ。


          超高級コスメブランドも、
          最新科学とか独自研究開発とか言っても、
          結局のところ植物由来のものを配合したり、

          天然成分をウリにしている。

           

          やっぱり、肌には天然のもの、
          本物のオーガニック植物からつくられた、

          無添加で新鮮なものがいいんです。


          オレンジジュースと同じ。
          農薬、化学肥料、ワックスなど不使用の、
          オーガニックのオレンジを、
          手搾りした果汁100%、
          水や砂糖、保存料などの添加物を加えず、
          加熱しない、作り置きしない、搾りたて、
          これが一番。

           

          スキンケア製品も、

          オレンジジュースと同じような基準で、
          100%フレッシュの無添加を選んでくださいね。

           

          新鮮で良質なものを使うと、肌はとっても喜びます。

           


            スキンオイル、ジープロダクツの基準

           

          ・原料は、すべて天然成分。
          野生のもの、それ以外は現地のオーガニック認証のあるものを使用。

           

          ・原材料の段階から、添加物や化学薬品の使用のないものを厳選。
          化学溶剤を使っての抽出、精製、加熱した原料を使用しない。

           

          ・製造過程、製造後においても、化学成分を不使用、完全無添加。
           合成界面活性剤、保存料、潤滑剤など一切添加しない。

           
          毎日使うスキンケア、
          安心安全な成分だけで作られた完全無添加の製品を、

          新鮮な状態でお届けしています。

           

          スキンオイル

          ジープロダクツ


          鬱陶しい梅雨、

          その後に襲ってくる猛暑、
          チョットだけ入念な保湿ケアで、乗り切ってください。

           

           

           

           

          ブログランキングに参加中
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          食べてよし、肌によし、髪によし、スイートアーモンドオイルの力

          0


              アンチエイジングに、アーモンドのおやつ

             

            最近、アーモンドを食べている女性が、
            めちゃくちゃ増えましたね。

             

            「アーモンド」というと、
            一昔前は、お酒のつまみのイメージだったけど、

            今では、すっかりおやつの定番。


            ビタミンEが豊富で、
            アンチエイジングにいいと知られてからは、
            とくに女性の間で大人気。

             

            便利な子袋タイプや、
            500g〜1kgの大袋まで、

            スーパーや酒屋など、色んな店で売っていて、
            身近な健康食品のひとつとなりました。


            サプリ代わりに、数粒ポリポリ、
            小腹がすいた時に、数粒ポリポリ、
            手軽で美味しくて、超ありがたいけど、

            食べすぎ注意ですね。

             

            アーモンド栄養
             

             

            コレステロールゼロ、
            植物繊維が豊富で、
            カルシウムやカリウム、鉄分と亜鉛まである。

             

            老化防止だけでなく、
            骨や腸、血液、血管にまでいい栄養がたっぷり。


            いいこと尽くめのアーモンドは、
            オイルもまた実に重宝なオイルです。

             

             

              スイートアーモンドオイルは、超便利な万能オイル

             

            普段食べているアーモンド、
            そのアーモンドの仁から抽出した
            「スィートアーモンドオイル」、
            これもまた、
            食べてよし、塗ってよし、髪によし、
            三拍子そろった便利なオイルです。

             

            古くは、
            鎮痛薬、癌治療薬、気管支炎、腎炎など
            薬用にも幅広く使用されていた歴史のあるオイルです。


            今では、お菓子作りなど食用としてももちろん、
            美容オイルとしても大活躍しています。

             

            アーモンド


            美容オイルとしては、
            アルガンやホホバオイルと比べると、
            粘性が少なく軽やかなのが特徴。
            価格も比較的リーズナブルで、
            とっても使いやすいオイルです。

             

            フェイスオイル、ボディーオイル、
            マッサージオイル、ヘアオイルにも最適。


            刺激が少なく、ベビーオイルにもいい、
            乾燥肌からニキビ肌まで、
            まさにマルチなオイルといえます。

             

             

              スイートアーモンド、肌への効能

             

            スイートアーモンドオイルの特性は、
            何と言っても軟化作用。

             

            乾燥などで角化し硬くなった肌を、柔らかくしてくれます。

            この優れたエモリエント効果で、
            オイルの栄養素が皮膚の内部まで滲みこみやすくなります。

             

            そのため、単体で使うよりも、
            ブースターとして、
            他のオイルと併せて使うと効果絶大。

             

            ホホバオイルやアルガンオイルなどの貴重な有効成分を、
            肌の内部まで一緒に運び込んでくれるのです。


            オイルが無駄なく肌の奥へ運ばれると、

            表皮にもベタベタ感も残りません。

            軽やかな使用感も得られます。


            もちろん、

            スイートアーモンドオイルだけでも、
            保湿効果、紫外線予防効果、美白効果、
            ニキビケアまで、多くの作用があります。

             

            紫外線をカットしてくれる働きと、
            メラニンを制御してくれる働き、
            両面から美白をサポートします。

             

            保湿効果を持ちながらも
            アクネ菌をやっつける、
            ニキビ肌にもいいオイルです。

             


            でも、スイートアーモンドオイルは、
            やっぱり他のオイルとの併用した方が断然いい。
            相乗効果を何倍にもしてくれる、
            働き者のオイルですから。

             

             

              髪と頭皮にも、スイートアーモンドオイル

             

            スイートアーモンドオイルは、
            シャンプーやコンディショナーにも配合されることの多いオイルです。

             

            タンパク質が豊富なこともその理由のひとつ。
            各種ビタミン、ミネラルを含み、
            髪を健康な状態に導きます。

             

            ベタツキの無い軽やかな使い心地で、
            パサつく毛先を保湿、
            スタイリングにも最適です。

             

            髪に艶が無く、
            パサパサでまとまらない、
            そんな時は、
            シャンプー後のコンディショナーとして、
            ダメージや乾燥がひどい時には、
            シャンプー前の乾いた髪に直接つけて浸透させるのもおすすめ。

             

            入浴時に、
            蒸しタオルとシャワーキャップ、

            頭全体を覆って時間をおくだけ。

             

            髪と一緒に頭皮のケアも忘れずに。
            繰返すヘアダイや合成シャンプーで、
            傷んだ頭皮をマッサージ。


            髪と頭皮のケアから、スタイリングまで、
            スイートアーモンドオイルの働きで、
            ツヤツヤの髪に甦ります。

             

             

              無添加スキンオイルでいつも艶肌と艶髪を

             

            ジーオイルの、
            各シーズンオイル、センシティブオイルに、
            全てスイートアーモンドオイルをブレンドしています。

             

            有機栽培でつくられたアメリカ、カリフォルニア産、
            冷圧搾で抽出された新鮮なスイートアーモンドオイルを使用。


            日本の四季に合わせて、
            数種のキャリーオイルを組合せ、
            エッセンシャルオイルを処方、
            体の内外から働きかけます。


            独自の調合によって生まれるハーモニー、
            ハイグレードで新鮮なオイルだけに含まれる有用成分が、

            様々な相乗効果をもたらします。

             

             

            スキンオイル

            ジーオイル


            ※スイートアーモンドオイルは、
            低刺激で、赤ちゃんにもお使いになれるオイルですが、
            ナッツアレルギーがある方はお使いになれません。

             

            JUGEMテーマ:スキンケア

             

            ブログランキングに参加中
            ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
            にほんブログ村

            | 1/23PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM