保湿力、美肌力、美白力、やっぱり米糠はスゴイ!

0

     

    今年も、青森から新米が届きました。
    石けんに配合するコメヌカのために、探しに探した農家さんからです。


    自然栽培米の玄米を、早速、精米機で白米にして糠をとります。

     

    米糠は米の持つ栄養素の95%を含んでいると同時に、
    残留農薬や放射能などの汚染物質も、最も多く含んでいる部分、
    ですから無農薬、無肥料の糠を使用します。

     

    糠は、精米後、数時間で酸化がはじまり、
    3日もすると腐敗臭を放つので、
    新鮮で安全な米ぬかは貴重です。

     


    ジーサボンの米糠石けんは、人気No1

     

    新鮮で安全な米糠をたっぷり配合しています。
    米糠の優れた保湿と美肌パワーを、安心して実感していただけます。

     

    自然栽培米

    【津軽の無農薬・無肥料・完全な自然農法米】


    米の持つ栄養、
    米糠に95%、
    ということは、
    白米にはたったの5%

     

    白米は、栄養の宝庫を捨ててカスを食べているようなもの、
    なんと勿体無いことか!


    米糠は、血液も腸も肌もキレイにしてくれる、

    まさに健康のスーパーフード、
    食べてよし、塗ってよしの、天然のサプリメントです。

     

    ビタミンB1 植物繊維、フィチン、 イノシトール、
    多くの栄養の中でも、米ぬか特有のポリフェノールフェルラ酸は、
    メラニンの抑制で美白効果をもたらします。

     

    r-オリザノールもまた、
    紫外線を吸収することで、ダブルに美白力を持つのが米糠です。

     

    その上、
    肌の調子を整える美肌成分もぎっしり詰まっているから、
    ホントに頼もしい美容の味方。

     

    玄米米糠

    【米糠は、栄養の宝庫】

     

    ところで、
    毎日、召し上がっているご飯はどんなお米ですか?

    玄米ですか?
    白米ですか?


    農薬や放射能などの汚染も糠の部分に含まれるのですから、
    一般に販売されているお米ならば、白米の方が安全といえます。


    ところが、白米には、もっと恐ろしいことが起こっています。

     

    最近は、安い米や、外食や弁当の米でも、

    すごく美味しいと思いませんか?


    本来の米が持つ美味しさよりも、より美味しく、
    品質まで変化させてしまう添加物が、米に使われています。

     

    吾妻博勝

    【コメほど汚い世界はない 吾妻博勝 著】

     

    調理済みのご飯だけでなく、
    コメにまで添加物が使われているのをご存知ですか?


    精米時に添加物が使われる事を、
    私が始めて知ったのは、もう何年も前になりますが、
    米の不祥事が世の中を騒がせた頃に読んだこの本。


    米に使われている添加物は、
    「精米改良剤」といわれるプロピレングリコールです。


    石油から作った液体プラスチックのような成分で、米をコーティング。


    酸化した古米や古古米も、つやつや、ピッカピカの新米のように変わり、

    とっても美味しくなります。
    防カビ、防湿剤にもなります。


    売り手にとっても買い手にとっても、便利で都合の良い添加物です。

     

    「精米改良剤」と称した食品添加物を使用した米の表示について
    http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syokuten/041206/
    厚生省HPより


    厚生省のHPをみると、

    加工業者や精米業者がきちんと表示するかは、正直、疑問。

     

    汚染米や輸入米の転売やブレンドなどは、

    いまも日常的に行われているといいます。


    今年は、米が全国的に不作ということですから、
    米業者たちの悪細工には警戒しないといけません。


    お米は、収穫後からも、長い工程を経て私達の手元に届きます。

    米業界のカラクリは、私たちが知る由もありません。


    だからこそ、加工業者や精米業者を通さずに、
    栽培法をしっかり開示している生産者から直接購入するのが一番です。

     

    葉山の棚田
    【葉山にある棚田の風景】


    白米であれば、減農薬くらいでもいいかもしれません。


    でも、無農薬、無肥料の米ならば、
    安心して丸ごと玄米を食べられます。

     

    さらに、ひと手間かけて発芽玄米作りをすれば、
    栄養価がアップします。

     

    米の中に眠っている酵素やギャバ(アミノ酸)など、
    全ての栄養素が一斉に活動、発芽の準備に倍増します。


    発芽のさせ方は、

    30℃位のぬるま湯に数日間漬けるだけ。
    その間に、数回、水を取り替えて、
    ふっくらとしてくればOK。

     

    完全に発芽させてしまうと、バサバサになり、
    栄養価も再び落ちてしまいます。

     

    いよいよ発芽する手前、
    膨らんできたところで止めて、
    あとは普通に炊いていただきます。


    玄米よりも消化がよく、
    プチプチとした触感で美味しい。

     

    発芽玄米

    【ふっくら発芽しかけた玄米】


    スーパーで販売している玄米は、ほとんどが発芽しないそうなので、
    発芽玄米を作る際は、気をつけて。

     

    貯蔵期間に虫が湧かないように、
    高熱処理や燻蒸、薬剤処理などをしているため、

    すでに死んだ米、発芽はしません。


    虫が湧くこと、
    発芽することは、生きている証拠、
    品質を確認できる目安にもなりますね。

     

    生命力あふれる、ピチピチの発芽玄米、
    ぜひ、試してみてください。

     

    米糠ソープ

    ジーサボンの米糠ソープ

     

    直接肌につけるもの、主食のご飯と同じように大切です。
     

    ジープロダクツは、
    確かな品質の原材料を調達し、
    最高のスキンケア製品作りを目指しています。

     


    過去の関連ブログはこちら

    「ジーサボンのコメヌカソープは、自然栽培米の米糠です」
    http://blog.g-savon.com/?eid=32

    「また、偽装米のニュースがありました」
    http://blog.g-savon.com/?eid=31

     

     

     

    ブログランキングに参加中です。
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、人気のブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    食用油はどのように選ぶ?精製オイルの危険性について

    0

       

      家庭で使う食用油を、どのように選んでいますか?

       

      前回のブログに引き続き、
      http://blog.g-savon.com/?eid=55
      食用オイルのはなしになりますが、
      精製オイルの危険性について改めて考えてみました。

       

      オイルは、摂取量や要素が、私たちの健康に大きく影響する食材です。


      オイルの違いは、

      動物性か植物性か、

      オーガニックや非遺伝子組み換えか、

      菜種、大豆、紅花、ゴマ、オリーブ、グレープシードか、

      種類や原料の質だけではありません。

       

      そう、搾油方法、製造過程にこだわることも、すっごく大事。


      植物から油をとる方法は、3つ。

      1.圧搾法
      2.溶剤抽出法、
      3.圧搾と溶剤抽出の両方を用いた抽圧法


      結論から言うと、
      1.の圧搾オイルを選ぶのが一番。
      というか、それ以外を選んではダメ。


      でも、圧搾であれば大丈夫かというと、そう単純ではなく、
      圧搾時に、高熱を加えたオイルは絶対に避けたいオイルです。

       

      低温圧搾では、20〜30%
      高温圧搾では、70%
      溶剤抽出では、99%、
      原料に含まれる油を搾り採ることができます。


      高温抽出でなくても、圧搾する時には、80〜100℃程度の摩擦熱が生じます。
      その際に、熱に弱い成分は壊されてしまいますので、
      オイルに栄養価を求める場合は、

      「低温圧搾」とか「コールドプレス」と、ハッキリ明記されたものを選ぶほうが確かです。

       

      高温圧搾したオイルについては、これはもう、悪魔の油!
      200℃を超えると、トランス脂肪酸が多く発生します。

       

      数年前に販売中止となった特保認証の「健康エコナ」という合成油は、

      トランス脂肪酸を大量に含み、発癌性が問題となりました。
      以前のブログ、「特保のエビデンス」
      http://blog.g-savon.com/?eid=3

       

      トランス脂肪酸を含んでいる油は、
      マーガリンや、ショートニングはもちろん、
      サラダオイル、キャノーラオイルだけではありません。

      大豆油、米油、菜種油、ごま油、紅花油、オリーブ油でも、搾油方法によっては危険なオイルかもしれません。

       

      トランス脂肪酸は、心筋梗塞や認知症の原因ともいわれ、
      アメリカやEUでは、トランス脂肪酸を含む食品の販売を制限または禁止しています。

       

      いまや、癌より恐ろしい、認知症、
      65歳以上の6人に一人が発症(内閣府発表)していますし、
      早いうちから、予防に気を配っておきたい病気ですよね。

       

       

      エキストラバージンオイル

      【オーガニック認証のある油には、冷圧搾の物が多い】

       

      コールドプレスオイル

      【冷圧搾された油は、必ず明記されています】

       

      次に、溶剤を使って搾油された油について。

       

      溶剤抽出では、ヘキサンを使います。

       

      ヘキサンとは、ベンジンのこと、
      しみ抜きや、汚れを落とす際に使う、あのベンジンです。
      ガソリンに多く含まれている成分で、強烈な臭いがします。

       

      ヘキサンを使用した食用油は、その毒性と臭いを飛ばすために、
      何度も高熱処理を繰り返します。
      この過程でも、大量のトランス脂肪酸が生成されることになります。

       

      このような溶剤精製した食用油を取り扱う加工業者さんは、
      「製造過程で、ほとんどのヘキサンは蒸発するので安全」と言いますが、
      ヘキサンの危険性はあまりにも有名、
      安全と言われても、できれば体内には入れたくないもの。

      やっぱり避けた方が賢明です。


      高温や溶剤を使えば、時間がかからず素早く搾油できるので、たいへん効率的。
      低価格で販売している油は、危険です。

       

      油は、私たちの体の土台をつくり、

      細胞や脳に大きな影響を与える重要なもの。

       

      オイルのもつ独特な癖が嫌いな方、
      揚げ物などの加熱料理に使うオイルを使い分ける方、さまざまです。
      確かに、コールドプレスのオイルは、

      植物の特有の癖も強く、価格もグンと高いのですが、
      健康や美容を考えると、安全第一。


      体内の機能を高めてくれる、良質なオイルを選ぶことをおすすめします。

       

       

      ククイナッツソープ

      ジープロダクツは最高グレードの原料だけを採用】

       

      ジーサボンは、
      エキストラバージンオリーブオイルだけを主原料にしたソープ。

       

      ジーオイルは、
      低圧搾、未精製のホホバオイル等に、エッセンシャルオイルをブレンドしたスキンオイル。

       

      「体内に良くないものは、皮膚にも塗りたくない!」
      そう思う方たちのために、
      ジープロダクツは、
      最高品質の原料だけでつくったスキンケア製品をお届けしています。

       

       

       

      ブログランキングに参加中です。
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、人気のブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      エキストラバージンとピュアオリーブオイル、その差は圧倒的

      0

         

        ジーサボンの主原料は、エキストラバージンオリーブオイル100%。

         

        一般的なオリーブオイル、
        いわゆる精製オイルや、二番絞りのオイルは一切使いません。


        なぜ、最上級のエキストラバージンオリーブオイルにこだわるのか?

         

        その理由は、
        加熱せず、化学溶剤も使わずに搾った唯一のオイルだからです。


        私たちの作るソープは、熱を加えずに作るコールドプロセスソープ、
        原料も同様に冷圧搾、コールドプレスで搾ったオイルを使用します。


        エキストラバージンオリーブオイルは、
        オリーブの栄養素が、加熱や精製によって破壊されていない状態です。
        その栄養素を、そっくりそのまま、石けんの中に封じ込めることによって、
        私たちの肌に絶大な美容効果をもたらします。


        コールドプレスのオイルを原料に、コールドプロセスで作ったソープ。
        オリーブオイルの高い栄養素が、
        そっくりそのまま内包されている、それが「ジーサボン」なのです。

         

        オリーブオイル

        エキストラバージンオリーブオイル以外は、
        一般的に「オリーブオイル」と一括りに呼ばれていますが、
        日本で販売されているオリーブオイルは、大きく分けて3種類あります。


        1. エキストラバージンオリーブオイル
        2. ピュアオリーブオイル
        3. ポマス(サンサ)オリーブオイル


        エキストラバージンオイルは、一番搾りの中でも最上級のオイル。
        IOOC(国際オリーブオイル協会)で定められた規格の基準を満たしたオイルです。

         

        ピュアオリーブオイルは、

        バージンオイルであっても、食用には適さない油を、
        加熱処理や化学溶剤を使って精製したもの。


        エキストラバージンとして通用しない規格外のオイルを、

        ヘキサンなどの溶剤で、脱色、脱臭したオイルです。

         

        「ピュア」という表現は、日本国内だけの呼称、
        聞こえはいいですが、
        味や香り、オリーブ特有の風味が少なく、栄養もほとんど失われています。

         

        ポマスやサンサと言われているオリーブオイルは、
        エキストラバージンオリーブオイルを搾ったカスをさらに化学溶剤を使って搾った、二番絞りのオイルです。

        このオイルも、搾油後に脱色、脱臭精製されています。

         

         

        エキストラバージンオリーブオイルの偽装も問題となっている昨今ですが、
        ピュアやポマスオイルにいたっては、格付けされているだけで、品質に明確な基準はありません。


        精製方法や搾油方法は、各社まちまちで、品質のバラツキは大きく、

        化学溶剤の使用にも不安を感じます。

         

         

        【 国際オリーブオイル協会の定めるオリーブ油(食用)の定義と規格 】

        分類

        品質

        酸度

        備考

        バージンオリーブオイル

        エキストラバージンオリーブオイル

        0.8%

        味、香り、完璧な食用オイル

         

        ファインバージンオリーブオイル

        2.0%

        風味は良いが、やや酸度が高いオイル

         

        オーディナリバージンオリーブオイル

        3.3%

        食用に適さないオイル

         

        ランパンテバージンオリーブオイル

        3.3%

        食用にならないオイル

        精製オリーブオイル

        リファインドオリーブオイル

        0.3%

        バージンオイルを精製して食用レベルにしたオイル

         

        リファインドオリーブポマースオイル

        0.3%

        バージンオイルを精製して食用レベルにしたオイル

        オリーブオイル

         

        オリーブ(ピュア)オイル

        1.0%

        バージンオイルのカスを化学溶剤で搾り精製したオイル

         

        オリーブポマス(サンサ)オイル

        1.0%

        バージンオイルのカスを化学溶剤で搾り精製したオイル

         


        オリーブオイルは、
        健康や美容に良いということで、日本でも輸入量、消費量はずっと増加を続けています。

         

        いまでは、家庭でも日常的に使うようになりましたが、
        産地やグレードなど、国内外での規格の表示方法も様々。

         

        みなさんは、どのように選んでいるのでしょうか?


        IOOCでは、上記のように8種に分けられていますが、
        日本におけるJAS(農林規格)の規定では、

        エキストラバージンとピュアの2種に分けられているだけ。
        大雑把ですごく曖昧。

         

        消費者は、オイルの搾油方法や現地の基準などを理解してから、信用できるオイルを探す必要がありますね。


        ソープも同様、
        オリーブオイルと表記されたもの、
        それはピュアやポマスなどの精製オイルでつくられたもの、

        少量を配合したものです。

         

        本場のマルセイユでも、
        エキストラバージンオリーブオイルは、ほとんど使われていません。

        そして、加熱石鹸がほとんどです。

         

        しかも、既定のオリーブオイル72%ではなく、

        パームやココナッツオイルをブレンドしたり、
        防腐剤の類まで添加されたものも多くなってしまいました。

         

        マルセイユソープは、世界的な人気の高まりもあって、
        伝統的なオリーブオイルだけでつくる製法や、

        コールドプロセスで手作りする生産者は少なくなり、
        大きな工場で大量生産し、世界中に輸出されています。

         

        オリーブソープ

        ジーサボンのオリーブソープ


        美容成分の宝庫でもあるエキストラバージンオリーブオイル。

         

        そのまま、お肌に与えたいという願いから、
        私たちは、時間をかけてひとつひとつ手作りしています。

         

        精製オイルとは異なり、製造過程でも数倍の時間を要します。
        栄養価が高いほど固まり難く、鹸化するのにも数日かかり、

        その後は、熟成するまで6週間を要します。

         

        エキストラバージンとピュア、
        同じオリーブオイルでありながら、その違いは圧倒的。

         

        エキストラバージンオリーブオイルのソープ、

        洗うと同時に、美容成分が素肌に直接アプローチ、

        ジーサボンの洗い上がりは、うっとりするほど素晴らしいものです。

         

         

         

        ブログランキングに参加中です。
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、人気のブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        美人の湯・アルカリ温泉はアルカリ石鹸と同じ作用で、お肌すべすべ

        0

           

          温泉の季節が到来。

           

          ここ横浜からは、箱根が近く、
          ただいま繁忙期の真最中なのですが、

          疲れを溜めない様に、ちょっと日帰り温泉へ。

           

          箱根には、宮ノ下や湯元、強羅など、

          いくつもの温泉地があって泉質も色々選べます。

           

          やっぱり、
          美人の湯として人気の高い「アルカリ単純温泉」、
          源泉かけ流しの露天風呂が一番!

           

          温泉

           

          アルカリ温泉と炭酸水素塩泉は、
          クレンジングの湯と言われているように、お肌がすべすべになるのが特徴。

           

          アルカリ石鹸と同じ作用で、
          汚れや老廃物、古くなった角質を取り除き、サッパリ、

          肌が軟らかくなって、プリプリ

          ほんと気持ちイイ!

           


          日本で温泉は、スーパー銭湯などでも気軽に楽しめるほど一般的になりましたが、
          ヨーロッパ等では、歴とした医療行為、

          疾患のある時には、注意も必要。


          泉質の特徴を確認して、自分に合った温泉を探すことも大切ですね。

           

          アトピー性皮膚炎がある方には、
          黄色ブドウ球菌を殺菌する効果がある酸性の湯が良いということでなので、
          湯巡りでもして、異なる泉質を楽しみながら、より多くの効能を得るというのもいい方法ですね。


          泉質別適応症は、こんな感じ。

           

          泉質

          適応症

          単純温泉

          一般適応症

          塩化物泉

          一般適応症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱体質、

          慢性婦人病

          炭酸水素塩泉

          一般適応症、きりきず、やけど、慢性皮膚病

          硫酸塩泉

          一般適応症、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚炎

          二酸化炭素泉

          一般適応症、高血圧症、動脈硬化症、きりきず、やけど

          含鉄泉

          一般適応症、月経障害

          硫黄泉

          一般適応症、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、
          高血圧症(硫化水素型)、動脈硬化症(硫化水素型)

          酸性泉

          一般適応症、慢性皮膚病

          放射能泉

          一般適応症、痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎、

          胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病

          【引用:箱根ナビ】

           

          一般適応症とは、
          神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、捻挫、

          慢性消化器病、痔疾、冷え性、疲労回復、健康増進、等


          全ての泉質に共通して含まれる効果効能ですから、

          一般には、単純温泉でも十分。


          泉質と合わせてpH値もチェック、
          強いアルカリや酸性の温泉には注意が必要。

           

           

          温泉pH

           

           

          弱アルカリなら、刺激が少なく安心です。

          せっかくの温泉、ややぬるめのお湯にゆっくり浸かって、

          芯から温めポカポカにして、冷え対策も万全に。


          石けんで洗う必要はありませんが、

          あがり湯の後は、オイルでしっかり保湿。
          潤いを閉じ込めて、しっとりすべすべ肌を長持ちさせます。

           

          スキンオイル

          【ジーオイル:温泉にも必携で】

           

          これから冬に向かって、
          寒さと冷え、疲れも溜まっていきます。

           

          ちょっと疲れたな、なんて時こそ、
          温泉に行って肌と身体のケアをしておくこと、大事です。


          いつか、憧れの九州や東北の名湯巡りをした〜い、

          と思いを馳せながら、近場の温泉で体調管理。


          みなさんも、どうぞ元気に過ごされてくださいね。

           

          ブログランキングに参加中です。
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、人気のブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          キレイな肌と汚い肌の人、それは石鹸のちがいかも

          0

             

            弱酸性ソープとアルカリ石けん、どちらをお使いですか?

             

            キレイな肌と汚い肌の人、
            その差は、石けんと洗い方にあることが多いと感じています。


            子供のころは、みんなキレイな肌をしていたのに、
            年を重ねていくうちに、その差はどんどん開いていきます。


            それは、長年の洗顔の違いではないでしょうか?


            日々の汚れは、その日のうちに、きちんと洗い落とせていますか?

             

            汚れを落とすためには、アルカリ石けんが一番です。

            弱酸性ソープでは、肌の汚れは取れません。

             

             

            PH値表


            人の肌は、
            pH4.5〜6程度、弱酸性です。

             

            肌と同じpH値に調整し刺激を少なくすることで、
            弱酸性ソープが、「肌にやさしい」などと尤もらしく謳われた頃がありました。


            昔、大手企業が、大々的にテレビでコマーシャルし、
            「弱酸性」に調整された液体ソープに飛びついた人が急増。

             

            いまだに弱酸性が肌にやさしいと思いこんでしまっている人もいます。

             


            そもそも、
            弱酸性ソープは、合成界面活性剤なのですから、
            pHの数値以前に、肌に良いことなんてあるはずがありません。

             

            合成界面活性剤がもたらす肌荒れの原因を理解していない方は、

            すぐにCMに惑わされてしまいます。

             

            合成界面活性剤についてはこちら 

            http://blog.g-savon.com/?eid=45

             


            肌の汚れは、酸化した皮脂や汗、化粧品など。
            ほとんど酸性です。
            酸性の汚れはアルカリで落とすのが基本なのは周知のとおり。

             

             

            古来から、天然の固形石けんは、アルカリで汚れを落とすのに対し、
            弱酸性の合成ソープでは、肌の汚れは落ちません。

             

            しかも合成界面活性剤は、肌荒れや乾燥をもたらしますから、

            洗い過ぎに注意して、サッと洗う程度にしなくてはなりません。


            もう、こうなると、一体何をしているのかって感じ。

             

            汚れを落とすどころか、

            肌を傷めるだけの洗顔になってしまいます。

             

             

            汚れが残っている肌は、
            ニキビやかぶれ、角栓や黒ずみなど、トラブルや体臭を発生させ、
            やがて、キメの粗いくすんだ肌になっていきます。

             


            合成洗剤を弱酸性にする理由などどこにあるのでしょうか。
            洗った後は、いずれも中性の水で洗い流します。


            水道水は、

            pH5.8〜8.6と定められています。
            塩素剤などの添加によって、幅があるようですが、

            計ってみたところ、中性のpH7でした。

             

            水道水ph値

            【水道水のPh値は「7」】

             

            ジーサボンのPh値は 7〜8 】

             

            一般的な固形石鹸は、pH9〜11程度ですが、
            ジーサボンは、
            pH7〜8、弱アルカリ、ほとんど肌への刺激はありません。


            敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

             

             

            堅めの泡を立てて、

            泡パックをするように、ゆっくり丁寧に2度洗い、

            アルカリ性の泡が酸化した汚れに吸着し、
            毛穴や皮脂腺に詰まっている汚れも、しっかり取り除きます。

             

            洗い過ぎによる乾燥の心配などありません。

             


            アルカリで洗うことで、肌の働きは活性化され高まります。
            洗顔後10分から30分程度で、常在菌が活躍を始め、肌は弱酸性に戻ります。

             

            石けん


            朝と晩の洗顔は、毎日しっかりとするべき。

            朝は汚れていないから、水洗いだけなんてダメ。


            寝ている間も皮脂は分泌され、
            その脂は、5〜6時間程度で酸化します。


            酸化した汚れは、きちんと石けんで洗い落とすことが、

            肌機能を正常に保つカギ、美肌の基本です。
            ジーサボンは、最高の洗い上がりをお約束します。

             

             

            ブログランキングに参加中です。
            ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、人気のブログがご覧いただけます。

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
            にほんブログ村

            | 1/11PAGES | >>