春到来!花粉症、痒み肌荒れ、春トラブル予防はお早めに!

0

     

      正月の終わりの「どんと焼き」

     

    今日は、1月15日小正月、
    近くの「どんと焼き」へ、
    松飾りを燃やしに行きました。

     

    お焚き上げの煙に乗って、
    歳神様が天へお帰りになる、
    あっという間に、
    正月も終わりましたね。

     

    どんと焼き
     

    「どんと焼き」の行事は、
    年々、お焚き上げも小さくなって、
    しょぼっていく。


    正月飾りをしないお宅も増えていますもんね。
    あるいは、
    普通ゴミに出しちゃうんでしょうね。

     

    クリスマスやハロウィーンは盛大になっていくのに、
    「どんと焼き」は、衰退の一途です。

     

    神様のお見送り、
    ちょっと淋しすぎ、
    あんまりですね。

     

     

      花粉症の季節がすぐそこ

     

    近くの「どんと焼き」に行く道は、
    山際に沿って、
    ヒマラヤ杉が何十本もあります。

     

    その大木を見上げてみると、
    15儖幣紊呂△襯咼奪サイズの杉ぼっくり、
    暮れには何十個も木に生っていたけど、
    今はもう、ほとんど姿がない。

     

    花粉症

     

    杉ボックリ

     

    秋に実った雄の球果「杉ぼっくり」は、
    緑色から茶色に変わって、
    鱗が開いてパラパラと地面に落ちている。

     

    春に向けて、子孫を残すため、
    着々と花粉の飛散の準備をしいているのですね。

     

    杉ぼっくりの鱗片が全て散って、
    最後にポロッと落ちる、
    先っぽの部分を拾ってきました。

     

    実のほとんど、
    3分の一以上は開いて散ってしまうけど、
    先端の部分だけはそのままの形で残る、
    これが「シダーローズ」なんですね。

     

    クリスマスリースを手作りする人には大人気、
    12月に盛んに拾っていました。

     

    聞いたところ、
    「杉ぼっくり」ではなく、
    「ヒマラヤ杉の松ぼっくり」と呼び、
    その先っぽは、
    杉の薔薇「シダーローズ」というんだって。

     

    シダーローズ

     

    シダーローズ


    花粉症の人にとっては、
    憎き杉の木だけど、
    シダーローズ、かわいいですね。

     

     

      花粉症、痒みや肌荒れ、春トラブルには早めの備えを

     

    山の植物の様子を観察すると、
    花粉の季節が、
    すぐそこまで来ていることがわかります。

     

    植物たちが一斉に花粉をまき散らす季節がやってくる!


    早いもので1〜2月から始まって、
    5、6月まで続く。

     

    花粉症カレンダーはこちらを参考に
    https://www.kyowakirin.co.jp/kahun/about/calendar.html

     


    年が明けると、
    ご注文が増えてくる

    ジーサボンの「ネトルリーフソープ

     

    花粉症や、痒みや肌荒れ症状が出る方は、
    春に向けて、お使いの石鹸を
    「ネトルリーフソープ」に
    変えてみてはいかがでしょうか。

     

    ヒスタミンの分泌を抑える作用があるため、
    春トラブルの予防としておすすめ、
    ぜひお試しになってみてください。

     

    ハーブの中でもマイルドな使い心地ですので、
    お顔や全身に、薬効を擦り込むようにお使いください。

     

    詳しいネトルリーフの効能は、こちらのブログも

    『花粉症にネトルリーフソープ』

     

     

    JUGEMテーマ:花粉症

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    2020年・新年のご挨拶

    0

       

      明けましておめでとうございます。

       

      あっという間の2019年、
      昨年もまた変化の多い年でした。

       

      特にテクノロジーの進化、

      スマホにSNS、
      仮想通貨や電子マネー、
      AI搭載の家電などなど。

       

      昨年は、

      8年ぶりに新車を買ったのですが、

      車種は同じなのに、
      自動安全支援システムが装備されていて、
      電子制御された機能のひとつひとつを
      理解したりセットしたり、

      けっこう面倒で厄介、
      あたふた、イライラすることも。

       

      仕事でも生活でも、
      どんどん環境が変わっていく。

       

      便利になったとはいえ、
      使いこなすのに一苦労。

       

      こんな目まぐるしい変化の中にいると、
      ふっと、
      大切なものを見失ってしまいそうになります。

       

       

      鶴岡八幡宮
      鎌倉八幡宮に健康を祈願

       

      人にとって大切なのは、
      今も昔も変わらない「健康」
      「健康第一」です。


      世の中がどんなに変化しても、
      私たちの体や肌が欲しているものは変わりません。

       

      太陽やきれいな空気であったり、
      自然の中で育った動植物がもつ新鮮な成分です。

       

      私たちの「健康」を作ってくれる栄養分は、
      全て自然の中に在ります。


      農薬、化学肥料と飼料、添加物まみれの食品、
      石油系の原料に保存料たっぷりのケミカルコスメ。

       

      便利な食生活、腐らないコスメ、
      不自然な生活が、当たり前になってしまい、
      少しづつ健康を蝕んでいく。

       

      病気にならない方が不思議と言われるほど、
      おかしな世の中になってしまいました。

       

       

      いつも、
      ジーサボンをご愛用くださっている、
      健康志向の方はもちろん、

       

      「スキンケアなんて何だって一緒でしょ」
      なんて思っている人や、

       

      肌や体調を崩してしまった人たちにも、
      健康を取り戻してもらえるように、

       

      これからも、ブログを通して、

      私たちの健康に大切なことを、
      色々と発信し続けていきたいと思います。

       

      そして、この仕事を通して、
      色んな人の気持ちや状況がわかる人間になりたい、
      と思っています。

       

       

      子年

      ジープロダクツ

       

      2020年もまた、
      変化のスピードは勢いを増して
      好む好まざるに関わらず、
      私たちを巻き込んでいくのでしょう。

       

      ジーサボンは、今年も変わらず、
      完全無添加、最高品質のスキンケアを目指します。

       

      広告や包装などの経費を節約して、
      高品質の原材料にかけていきます。

       

      今年も、みなさまと共に、
      健康な美しい肌、
      元気に輝く肌で過ごせますように。


      引続き、
      ジーサボンをよろしくお願いいたします。


       

      JUGEMテーマ:スキンケア

       

      ブログランキングに参加中
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      お塩のいろいろ、「精製塩」「再生加工塩」「自然塩」「天然塩」 

      0

         

        2019年も、残すところ僅かになりました。
        今年も、一年ありがとうございました。

         

        年末の大掃除は、

        お肌も古い角質を取り除いて、

        キレイな肌で新年を迎えてくださいね。

         

        ということで、
        今日は、スクラブのおすすめと、

        「お塩」のはなし。

         

        オーストラリア、
        デボラ湖の塩の素晴らしさを紹介します。

         

        デボラ湖塩
         


          希少の「天然塩」、オーストラリア、デボラ湖の塩とは

         

        西オーストラリアの奥地、
        500億年前にできたとされるデボラ湖は、
        海水が山脈の窪地に溜まって形成された塩湖です。

         

        乾季の夏は、40度以上、
        湖の水は50度にもなる過酷な気象で、
        湖は干し上がり、

        底に塩が結晶化するという。

         

        まさに自然の力だけでつくられる塩です。

         

        雨季になると、
        大量の雨で、また湖が形成される、
        そうしたサイクルをくり返し、
        一年に一度だけ、
        乾季にしか収穫できない希少の「天然塩」です。

         

        乾季に現れる湖底の塩は、
        海洋汚染とは無縁の時代の海水が濃縮された塩です。

         

        デボラ湖はいまだ人里離れた秘境の地にあり、
        人間社会から隔絶された環境で、
        環境ホルモンなど汚染問題のない、

        安心・安全な塩といえます。

         

         

        デボラ湖

         

        デボラ湖

         

         

          日本では取れない「天然塩」、日本の食塩事情

         

        スーパーマーケットに行くと、
        いろんな種類の塩があります。

         

        塩の種類は大きく分けると4種。

         

        1. ミネラル分を全く含まない「精製塩」

        2. 海水を、釜で煮て溶解し、
           にがり等を使って結晶化させた「再生加工塩」

        3. 海水を塩田に引いて天日だけで乾燥させた「自然塩」

        4. 岩塩や湖塩などの「天然塩」


        日本には、
        岩塩も塩湖もなく、天然塩は採れません。

         

        しかも、
        伝統的な塩田による塩作りには、
        汚染されていない海水、
        日照時間と乾燥した風、
        広大な土地が必要。

         

        日本は、
        いい塩を作るのは難しい気候だから、
        どうしても、

        人工的につくるしかないんですね。


        精製塩


        「精製塩」は、避けるとしても、
        再生加工塩もいろいろ、選ぶのが難しい。

         

        最近は、値段のお高い、
        逆浸透膜という方法で濃縮した高濃度の塩もあるし、
        ミネラル成分を加えた塩もあるし、
        いろいろなタイプの「人工塩」があって、
        かなりややこしい。

         

        何を選ぶか、けっこう難しいですよね。

         

         

        自然塩

         

         

        人工塩は、にがりの味が残っていたり、
        塩味が足りなかったり、
        味も使い勝手もイマイチで、
        せっかくの料理が台無しになることも。

         

        やっぱり、人工塩よりも天然塩、
        料理の味が、ピシッとキマリます。

         


        デボラ湖塩は、
        全ての工程が自然によってつくられた、
        完全な天然の塩です。

         

        湖から収穫された塩は、
        山火事の燃えカスや、ユーカリ等の葉屑を、洗い流すだけで、
        にがりも不使用、固結防止剤などの添加物も加えていません。


        ほぼ自然のまま製品化、
        ミネラルたっぷりの、
        『Biological Farmeas of Australia』
        オーガニック認証のソルトです。

         

         

          デボラ湖塩の味とミネラルバランス

         

        デボラ湖塩は、
        旨味となるアミノ酸を引き出す力が強く、
        そのため、オーストラリアはもちろん、
        世界の有名レストランでも使われています。

         

        海水塩よりもマイルド、
        岩塩よりもシャープな味わい、
        ミネラルの構成バランスの良さが特徴。

         

        仕上げから下味まで、
        どんなお料理にも相性のよいお塩です。

         

        天然塩は、収穫の場所や時期によって、
        ミネラル含有量が違いますが、
        各種ミネラルの含有量はこちら。

        エネルギー 0kcaL、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 0g、
        ナトリウム 38g、カルシウム 170mg、マグネシウム 75mg、
        カリウム 25mg、塩化ナトリウム 98.75g

         

         

          ミネラルは、美肌、美髪にも欠かせない栄養素

         

        ミネラルは、
        美肌、美髪には、欠かせない成分です。

         

        肌荒れや、抜け毛が気になる方、
        もしかするとミネラル不足かもしれません。

         

        ミネラルの一日の必要摂取量は微量です。

         

        それなのに、
        体内でつくれない成分でもあるため、
        日本人に圧倒的に不足しているといいます。

         

        意識して積極的に摂るようにしないといけませんね。

         

        過剰摂取は害になる場合もあるので、
        日々、微量を摂るように。

         

        ソルトスクラブ

         

        ジープロダクツのソルトスクラブは、
        デボラ湖塩のプレミアムタイプを使用しています。

         

        なにかと忙しい年末、
        ミネラルを含む温泉にでも、

        ゆっくり浸かりたい・・・、
        でも、なかなか時間がなくて行けない、
        そんな時は、家風呂で簡単タラソテラピー。

         

        ソルトスクラブは、
        古い角質を取り除いて、肌を滑らかに整えます。

        洗い流さず、そのままお風呂に入ってバスソルトに。

         

        ソルトバスで温まって、冷えや肩こりを改善。

         

        肌も身体も溜まった汚れや疲れを残さずに、
        年末、年始を快調に過ごされてください。

         

         

        JUGEMテーマ:食生活

         

         

         

         

        ブログランキングに参加中
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        温泉と紅葉の季節、箱根のいまは・・・。

        0

           

            温泉と紅葉の季節、箱根の現状

           

          寒くなって来ました。
          温泉のシーズン到来です。

           

          今シーズン初温泉もまた、
          やっぱり馴染みの箱根からと、
          先週、行ってみたのですが・・・。

           

          台風19号の被害は、
          思っていたよりもひどかった。

           

          完全復旧までは、かなり時間がかかりそう。

           

          登山鉄道は壊滅的な被害で、長期運休、
          国道138号も一部区間がいまだ通行止め状態。

           

          箱根登山鉄道 強羅

           

          そんなこんなで渋滞にハマって、
          今回予定だったお目当ての温泉はあきらめ、
          湯本の温泉に変更。

           

          温泉が出なくなってしまった所もあるようで、
          正直、この冬の箱根は、
          ちょっと残念な状況です。

           


            一夜城、ヨロイヅカファームに寄り道

           

          今回は、まず湘南バイパスを小田原、早川で降り、
          オープンしたばかりの漁港の駅「TOTOCO」をチェック。

           

          小田原漁港の駅

          【2019.11.22 OPENの漁港の駅 TOTOCO】
          https://totoco-odawara.com/


          「ぎょぎょぎょ〜ッ」のさかなクンのトークショー等、
          イベントや試食販売も盛大で、
          店内は大変な混雑ではありましたが、
          まだ、ここまではヨカッタ。

           

          漁港の駅を後に、

          箱根に向かう138号に入るといなや、
          もう車がぎっしりで、ぜんぜん動ない。

           

          しかたがないので、

          渋滞を回避するため迂回、
          「一夜城」へ続く山道へ、
          ミカン畑が続くクネクネと登ってみました。

           

          豊臣秀吉が小田原の北条氏を制圧するために築いた、
          「大垣山一夜城」の跡地、
          ここは、
          前々から行ってみようと思っていた所だから、
          まあ調度よかった。

           

          時間を潰していれば渋滞もおさまるかなーと、
          ボランティアガイドさんの歴史と説明を聞きながら
          小一時間の散歩。

           

          一夜城

          【一夜城本丸跡地から】

           

          一夜城

           

           

          一夜城歴史公園に隣接して、

          有名パティシエ鎧塚さんの
          「一夜城 YOROIZUKA FARM」があります。

           

          花やフルーツを育てているファームに、
          レストラン、パティスリー、マルシェを併設。

           

          小田原の町と相模湾が一望、
          一夜城からの眺めは最高です。

           

          一夜城 鎧塚

           

          川島なお美

          ファームの中には、
          川島なおみさんの慰霊碑がありました。

           

          折れそうなくらい痩せて、
          52歳という若さでの死、
          同世代だけに、とても衝撃的でした。

           

          ワイン好きの川島直美さん、
          胆管癌の原因はワインとも囁かれました。

           

          ワインを常飲すると、
          癌の発生リスクが上がるという研究発表もある。

           

          前回のブログで書いたように、

          ぶどうの農薬、ワインの添加物は気になる
          やっぱり、ほどほどにしておかないとね。

           


            人気の「箱根湯寮」へ行ってみた

           

          この日は、渋滞のため急きょ予定変更、
          湯本にある人気の立ち寄り湯、
          「箱根湯錙廚惺圓ことに。

           

          箱根湯寮

           

          箱根湯寮
          https://www.hakoneyuryo.jp/
          【箱根湯錙

           

          小田急が経営する大規模日帰り温泉、
          里山情緒たっぷり、

          とってもオシャレな温泉です。

           

          綺麗で、ムード満点なのではありますが、
          混雑が問題です。

           

          湯元駅から無料送迎バスもでているため、

          バスに乗って次から次へと、大勢やってきます。

          外国人も多い。

           

           温泉・施設名  箱根湯寮
           所在地

           〒250-0315

           神奈川県足柄下郡箱根町塔ノ沢4

           TEL:0460-85-8411

           営業日・利用時間

           年中無休・10:00〜21:00 平日

                                   22:00 休日

           料金

           ¥1500  (小学生 ¥750)

           泉質 酸性硫酸塩泉、重炭酸塩硫酸塩泉、塩化物泉
           効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え症、疲労回復

           

           

          源泉、加水なし、加熱あり、
          循環ろ過、塩素系消毒あり。

           

          正直、混雑しているところは、どうしても消毒が多め。

          レジオネラ菌、怖いですもんね。

           

          温泉は、混んでいない所を選びたい。
          そして、やっぱり源泉かけ流しが一番ですね。

           

          というわけで、この冬は、
          箱根をあきらめて、

          湯河原あたりを開拓してみようかな〜と思いました。

           


            温泉さながら、家風呂でもリラックス

           

          何かと忙しい12月、
          温泉に行けないときも、
          家のお風呂でリラックスです。

           

          体を温め血流を促進、
          バスタイムのオイルマッサージは、
          保湿と同時に、湯冷めも防ぎます。

           

          12月販売開始のジーオイル冬用は、
          細胞活性、免疫増強をサポート、
          冬のトラブルから体と肌を護ります。

           

          どうぞ、この冬も、ジーオイルで、
          乾燥知らず、冷え知らず、
          潤い美肌でお過ごしください。

           

          スキンオイル
           

          今年もありがとうございました。

           

          感謝をこめて、
          一万円以上お買い上げの方に
          オーストラリアの天然ソルト、プレゼント中です。

           

          スキンオイル数滴に混ぜ、スクラブやバスソルトに、
          冬のバスタイムを有意義にお過ごしください。

           

          もちろんお料理にも使える、
          オーストラリアオーガニック認証のソルトです。

           

          オーストラリア天然塩

           

          JUGEMテーマ:温泉に行こう

           

          ブログランキングに参加中
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          ボジョレーヌーボー解禁、ワインはどう選ぶ?

          0

             

              けっこう楽しい! 勝沼のワイナリー巡り

             

            今年も、ボジョレーヌーボーの季節が来ました。

             

            先週、日本のワイン発祥の地、
            勝沼のワイナリー巡りに行ってきました。

             

            甲州勝沼

             

            10月のぶどう祭りも終わった収穫後、
            畑も観光客もひっそりしていましたが、
            できたてホヤホヤ、
            山梨ヌーボーの試飲を楽しむことができました。


            横浜から勝沼までのドライブ、
            圏央道と中央道を走って、たった2時間。

             

            日帰りでも十分なのですが、
            試飲をするので、
            ワイナリー街道にあるB&Bに一泊。

             

            昼過ぎに着いて車をおいて、さあ出発。
            ワインタクシーやバスもあるようですが、
            私は、徒歩です。

             

            勝沼ワイナリー

             

            ワイナリー街道

             

            南アルプス

            【明治時代の古民家を改造したB&B】

             

            かつて旅した、
            フランスのボルドーやブルゴーニュ、
            イタリアのトスカーナ、
            カリフォルニアのナパやソノマとは比較になりませんが、
            日本のワイナリーも、
            すごく頑張っているのがよくわかる、
            ちょっと感激です。

             

            私は、とくにワイン好きでもなく、
            ワインの知識もありませんが、
            色んなワインを試飲しながら、
            説明を聞いたり、工場見学をしたりと、
            思ったよりも楽しめました。

             

            ワイナリーレストランで、

            南アルプスの山々を眺めながら、
            ブドウ畑に囲まれて、
            ランチやカフェも気持ちいい。


            約40軒あるうち、8軒ほど訪問、
            目標10軒でしたが、
            帰りは、ふわふわと、
            ちょっと酔っ払い。


            約5時間、18000歩でした。

             

            山梨

             

             

              気になる、ぶどうの農薬

             

            ワインの原料「ぶどう」は、
            洗浄することなく皮ごと使われます。

             

            そこで気になるのは、やっぱり農薬。

             

            数々のぶどう畑を見ると、
            葉っぱには、農薬散布の痕がベッタリ。

            ・・・・・。

             

            農薬


            有機肥料を使っている畑も多く見かけましたが、
            無農薬で栽培するところは極少ないようです。

             

            有機栽培

             

            「ぶどう」の無農薬栽培は大変らしい。

             

            こだわりのある有機栽培の農家さんでも、農薬は使用、
            「ぶどうの房には農薬がかからない有袋栽培」が自慢のようです。

             

            ぶどうを包む理由は、農薬除けだったんですね。

             

            ぶどう

             

             


              気になる、ワインの酸化防止剤「亜硫酸塩」

             

            ワインで、もう一つ気になるのが、酸化防止剤。

             

            最近は、酸化防止剤不使用のワインが増えてきました。
            気にしている消費者が多いということですね。

             

            50度に加熱したり、独自の技術で、
            酸化防止剤を使わない無添加ワインが続々登場、

            まずくない、

            おいしい酸化防止剤無添加ワインもでてきましたよ。

             

            甲州ワイン

             

            ワインの酸化防止剤として使われている殆どが、
            最も毒性が高いとされいる「亜硫酸塩」です。

             

            年代物のビンテージワインでなくても、
            旬を楽しむボジョレーヌーボーにも、
            酸化防止剤は使われています。


            世界中で亜硫酸塩の使用量は規制されていて、
            使用量をおさえる傾向、

            微量なので大丈夫という生産者も多い。

             

            でも、やっぱり、できれば、
            酸化防止剤不使用のもの、
            ぶどうも有機や無農薬のワインのほうが安心。

             

            BIO、ナチュラルワイン、オーガニックワインなど、
            豊富に取り揃えた店も増えているから、
            とりあえず、その中から選ぶのもいいですね。

             

             

              スキンケアも無添加、ナチュラルスキンケアを

             

            ワインや食品添加物、
            すべてを避けることはできません。

             

            だからといって注意を払わず、
            好きなものだけ食べていると、
            添加物摂取オーバーになってしまいます。

             

            スキンケアも同じ、
            テクスチャーや香り、
            流行やブランドだけで選んでいると、
            有害な添加物の多量使用で、
            肌の乾燥や老化、トラブルを引き起こすことも。


            健康な美肌をつくるためには、
            無添加にこだわってください。

             

            オーガニックソープ

            ジープロダクツは、
            原材料も無添加、
            完全無添加の製品を提供しています。

             

             

            JUGEMテーマ:無添加スキンケア

            JUGEMテーマ:国内小旅行

             

             

             

             

            ブログランキングに参加中
            ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
            にほんブログ村

            | 1/27PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM