バリ島のお米は安全か? 日本のお米は安心できるのか?

0

     

      バリ島、世界遺産でつくられている「米」とは?

     

    バリは、美しい棚田の光景でも有名です。
    何度見ても、感動します。

     

    バトゥール湖から流れてくる聖なる川、
    パクリサン川から引いた水でつくる水田。

     

    私が初めてバリ旅行に来たのは、25年も前。
    島の至る所に水田が広がっていました。

     

    今では、
    近代化によって田んぼがどんどん減り、
    毎年5%も失われているというから、
    かなりヤバイ状況、消滅の危機です。

     

    この減少に歯止めをかけることができるのだろうか、
    観光客の増加がまた新たな問題を生んでいると知りつつも、
    2012年に世界文化遺産に登録されたひとつ、
    「ジャティルイの棚田」を訪れてみました。

     

    ジャティルイ棚田
    【ジャティルイ棚田】


    世界遺産の正式名称は、
    『バリ州の文化的景観:
    トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム』

     

    ・バトゥール湖、
    ・ウルン・ダヌ・バトゥール寺院、
    ・パクリサン川流域スバックの景観、
    ・ジャティルイの棚田、
    ・タマンアユン寺院、

     

    棚田と灌漑施設、
    スバックとよばれる伝統的水利組合、
    組合をとりまとめる役割の寺院群、
    密接に結びついている上記の5つから構成されています。

     

    バリ島 世界遺産

    【世界遺産登録証】


    バリ島では、灌漑技術は、
    すでに紀元前600年頃からあり、
    9世紀には「スバック」という組合が構成され、
    貴重な灌漑用水を管理して、公平に配分していたという。


    「スバック」とは、単なる水利組合ではありません。

     

    「トリ・ヒタ・カラナ」 サンスクリット語で、
    「神と人、人と人、人と自然」を意味する、

    この3つの調和を重視する、
    ヒンドゥー教の哲学の上に成り立っています。

     

    現在も「スバック」とよばれる組合は1200以上存在し、
    スバックごとに寺があるといいます。


    寺は、
    村や農民間での紛争や問題を解決しながら、
    スバックの強い結束力をつくるといった、
    大きな役割を担っています。


    イスラム教徒が90%のインドネシアで、
    ヒンドゥー教徒が90%と圧倒的に多いバリ島。

     

    ヒンドゥー教徒特有の世界観によって、
    農民たちはまとまり、

    伝統的な農業を続けてきたんですね。

     

    タマンユアン寺院

    【タマンアユン寺院】


    美しい景観はさることながら、
    島民の「トリ・ヒタ・カルナ」の精神を高く評価し、
    彼らが築いた水利システムと棚田と寺院の全てを含めて、
    「無形文化遺産」となっていることが、
    今回の旅でよくわかりました。

     


      バリ島の伝統的な農法と古代米

     

    インドネシアの米の多くは、
    二毛作、三毛作と、多収穫できる、
    ハイブリット稲を使っています。

     

    1960年頃に起こった「緑の革命」を推進、
    人口増による食糧確保のために、
    アジア各国で、
    発育の早いハイブリット米を導入して、
    収穫量をあげることをめざしました。

     

    ライステラス

     

    バリ州もまた、
    インドネシア政府の政策を強いられ、
    ハイブリット米を取り入れましたが、
    定着しなかったようです。

     

    ハイブリット米は、
    除草剤や農薬に強い耐性を持ち、
    手間がかからず、
    125日で育つように改良された稲です。

     

    遺伝子組み換えと同じように、
    害虫が食べると死ぬお米です。

     

    雑草も生えない、
    魚やザリガニもいない、
    蛙も鳴かない、
    トンボも、鳥さえも飛ばない、
    そんな田んぼで育った米です。

     

    この「緑の革命」以降、
    農民たちの発がん率も急激に高まりました。

     


    ジャティルイ村では、
    古代米と呼ばれる「赤米」や「黒米」が今も作られています。


    「古代米」とは、
    改良されていない「原種」です。

     

    除草剤や農薬、化学肥料に対しての耐性はなく、
    現代の化学薬剤を使用すると枯れてしまいます。

     

    昔ながらの米は、

    昔ながらの自然農法でつくられています。

     

    雑草を手で抜き、

    化学肥料は使わず、

    収穫までに長い月日がかかりますが、
    大地の栄養をたっぷりと蓄えた、
    とても栄養価の高い米になります。


    ヒンドゥー教の価値観によって、
    バリ島民たちは、

    今も「古代米」を自然農法で作り続けている、
    奇跡のような話です。

     

     

      ジャティルイで米を買ってみました

     

    ジャティルイは、
    生物多様性の保持と水田管理の良好さも評価されている村です。

     

    ライステラスをトレッキングすると、
    ところどころで、
    農家さんがお米を直売しています。

     

    もちろん、即買いです。

     

    重い米を持ってのトレッキングは、
    トレーニングになりました。

     

    バリの古代米

    【赤米、紫黒米、玄米】
    1kg、10,000〜30,000ルピア(約80〜240円)

     

    それぞれ農家さんによって値段が違います。


    この値段でも、観光客値段で高めのようですが、
    でも、とても値切る気分にはなれませんよね。
    お釣りすら受け取れませんでした。

     

     

    赤米
     

    アントシニアンたっぷり、超美容食です。
    本物の米、お赤飯のルーツです。

     

    白い米の品種は、よくわかりません。


    形は、ジャポニカ米に近く、丸い。
    味は、インディカ米のように、粘りが少ない。

     

    ジャワニカ米とも呼ばれる、
    インドネシア特有の米なのかもしれません。

     

     

      日本のお米は、安心ではなかった!

     

    フィリピンやインドネシアだけでなく、
    日本でも、

    とっくに遺伝子組み換え米の栽培は始まっていたんですね。

     

    悪名高きモンサント社だけじゃない、
    三井化学、三菱化学、住友化学、農水省まで、
    共同開発でいろんな銘柄がすでに流通している。


    「祭り晴」「とねのめぐみ」
    「みつひかり」「つくばSD」
    「キヌヒカリ」
    などといった銘柄。

     

    家畜用の餌ではなく、私たち人間用の米なんです。


    お酒や加工食品やせんべいなどのお菓子はもちろん、
    吉野屋は「みつひかり」
    セブンイレブンでは「つくばSD」を使用していると。

     

    気がつかないうちに、
    ずいぶん出回っていたんですね。

     


      日本の食卓、そして「米」が危ない!?

     

    日本のお米が心配になって、
    色々調べていたら、こんな本を見つけました。

     

    タネはどうなる?

     

    「タネはどうなる?」
    元農林水産大臣・弁護士 山田正彦 著

    https://ddnavi.com/review/493180/a/

     


    2018年4月、「種子法廃止」、
    国民には、この重大性を知らされれることもなく、
    何の議論もないまま、種子法が廃止になった。

     

    なんと、なんと、
    第二の「緑の革命」が始まったという。


    米を含む動植物の改良技術は驚くほど進み、

    ハイブリットや、
    遺伝子組み換え、
    ゲノム修正という新たな技術も進み、
    近い将来、どんどん実用化されていくようです。


    私たちにとって、
    自然で安全なものはどんどん遠い存在になっていくようです。

     


    「日本人全員が知るべき事実」という、
    アマゾンのレビューで即注文、
    私もさっそく読んでみようと思います。

     


      ジーサボン、自信の逸品「米ぬかソープ」

     

    ジーサボンの米糠石けんは、
    創業来15年間、ずっと人気ナンバー1。

     

    米糠は米の持つ栄養素の95%を含んでいると同時に、
     残留農薬や放射能などの汚染物質も、
    最も多く含んでいる部分。

     

    ですから糠は、

    農薬や化学肥料不使用であることがとても重要。

     

    ジーサボンの米ぬか石鹸は、
    安全で新鮮な米糠をたっぷり配合しています。

     

    米糠ソープ

    ジーサボンの米ぬかソープ


    米糠の優れた保湿と美白力を、
    安心して実感してください。

     

    質の高いお米には、
    驚くほどのパワーがあります。

     

    バリメシ
     

    JUGEMテーマ:食生活

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    毛穴の目立つ人、角栓に悩む人へ、クレイ洗顔のススメ

    0

       

      肌のキメが粗いのは、生まれつきだと思っていませんか?

       

      実は、その原因は、毛穴の汚れかもしれません。

       

      角栓に悩んでいる人だけではありません。
      肌に汚れが残っているため、キメが粗くなっている人って多い。


      汚れが残っていると、毛穴は開いたまま、
      肌のキメは、絶対に整いません。

       

      古い角質や、垢や粉塵、
      ファンデーションや日焼け止め、
      毛穴に詰まった汚れには、ぜひ、クレイ洗顔を。

       

      クレイの中でも、モンモリロナイトのソープが一番です。

       

      モンモリロナイトソープ

      【ジーサボンのモンモリロナイトソープ】


       

      まずは、古い汚れが残っていないかチェック。

      毛穴や汗腺などの奥に詰まっている汚れを、しっかり取り除いてください。

       

      一日の汚れは、その日のうちに。

      こびりつくと、どんどんガンコになりますから、
      毎日、汚れを残さない習慣が大切。

       

      そのためには、
      乾燥の心配のいらない、本物の天然せっけんで、

      毎日、丁寧な洗顔をすること。


      洗い過ぎが乾燥のモトと思い込み、
      朝は、水洗いだけとか、
      肌断食なんかしている人がいますが、
      そんなのは、もってのほか。


      一時的には、合成ソープをやめたことによって、肌の調子が良くなったと感じますが、
      汚れが残った肌は、徐々にくすぶっていきます。

       

      妙なブームに惑わされずに、
      何が正しいケアか、判断してくださいね。

       

      角栓毛穴の汚れ

      【こんな風になっては、ダメ】


      自分の老廃物、
      化粧や日焼け止め等の残骸、
      油性の汚れをしっかり取り除くには、絶対に水洗いだけでは無理なのです。

       

      乾燥を感じる冬こそ、洗顔を見直してください。

       

      冬は冷えと寒さで、代謝が落ち、汗もかかないことから、
      自分の老廃物も上手く排泄できず、たまりやすい状態ですから。

       

      汚れが残って毛穴が目立ってきたなー、と感じた時は、
      一度、モンモリロナイトソープで洗ってみて!

       

      モンモリロナイト

      【フランスのモンモリヨン地方で採れたクレイ】

       

      モンモリロナイトをおすすめする理由は、何と言っても、その吸着力!

       

      ジーサボンは、フランスのモンモリヨン地方で採れたクレイ、
      クレイの作用を最大化する為、マーブル模様に仕上げたソープです。

       

      モンモリロナイトは、数ある天然クレイの中でも、最も細かい粒子で、
      他のクレイとは比較にならないほどの、ダントツの吸着力。


      汚れを、洗い落すのではなく、吸着して落とします。

      洗い落とせなかった毛穴や皮脂腺に詰まっている頑固な汚れまで、吸着して落としてくれるのです。


      モンモリロナイトは、超微粒子、ナノサイズの粘土。
      毛穴の奥まで入り込み、酸化した皮脂や雑菌、ニキビ菌など、
      肌の状態を悪くしている汚れを吸着して取り除いてくれます。


      毛穴のサイズは、0.2mm、
      モンモリロナイトは、100nm(ナノ)、
      毛穴の1/800の小ささ!
      これは、風邪等のウイルス並みのサイズです。

       

      だから安心。
      擦り過ぎの心配も全くありません。
      泡を毛穴の奥に入るように押し込みながら擦り込んで。

       

      油性肌やニキビ肌の人にすすめられることが多いクレイウォッシュですが、
      実は、乾燥肌の人にも超グッド!

       

      汚れが乾燥の原因である場合も多いことから、
      代謝の悪い乾燥肌の人にも、試してほしいソープ。

       

       

      さらに、モンモリロナイトもまた、
      トルマリン同様に、イオン交換の性質を持ち、マイナスイオンを発します。

       

      以前のブログ、トルマリンソープも合わせて読んでくださいね。

      http://blog.g-savon.com/?eid=60

       

      接触した有機物質を、プラスとマイナスで瞬時に交換反応を繰り返し、
      プラスの性質を持った汚れを、どんどん吸い寄せて吸着していきます。

      汚れを吸着する反面、抱え込んでいる有用成分を放出します。

       

       

      こうしたモンモリロナイトの構造上の特性を活かしたジーサボンは、
      エキストラバージンオリーブオイル等の栄養分は、肌の上で発散されるとともに、
      ナノサイズのクレイと共に奥深くまで運び込まれます。

       


      そして、このモンモリロナイト特有の作用は、ph6以上の環境で活発に行われることがわかっています。
      そのため、アルカリ石鹸との相性は抜群!
      単独のクレイパックよりも、絶大な相乗効果が得られるのです。

       

       

      汚れは、残さずにキレイに落としきること、
      これは、スキンケアだけでなく、健康維持、疾病予防への大切な第一歩です。

       

      健康で綺麗な人は、それを維持、
      肌トラブルや悩みを持った人は、治癒に活かしてくださいね。

       

       

      ジーサボン・モンモリロナイトソープのサンプルをプレゼント

      2018.1月12日〜20日まで

       

      ジープロダクツ製品をお買い求めの際に、

      備考欄に、「モンモリサンプル希望」とお書きください。

       

       

      ブログランキングに参加中
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      保湿力、美肌力、美白力、やっぱり米糠はスゴイ!

      0

         

        今年も、青森から新米が届きました。
        石けんに配合するコメヌカのために、探しに探した農家さんからです。


        自然栽培米の玄米を、早速、精米機で白米にして糠をとります。

         

        米糠は米の持つ栄養素の95%を含んでいると同時に、
        残留農薬や放射能などの汚染物質も、最も多く含んでいる部分、
        ですから無農薬、無肥料の糠を使用します。

         

        糠は、精米後、数時間で酸化がはじまり、
        3日もすると腐敗臭を放つので、
        新鮮で安全な米ぬかは貴重です。

         


        ジーサボンの米糠石けんは、人気No1

         

        新鮮で安全な米糠をたっぷり配合しています。
        米糠の優れた保湿と美肌パワーを、安心して実感していただけます。

         

        自然栽培米

        【津軽の無農薬・無肥料・完全な自然農法米】


        米の持つ栄養、
        米糠に95%、
        ということは、
        白米にはたったの5%

         

        白米は、栄養の宝庫を捨ててカスを食べているようなもの、
        なんと勿体無いことか!


        米糠は、血液も腸も肌もキレイにしてくれる、

        まさに健康のスーパーフード、
        食べてよし、塗ってよしの、天然のサプリメントです。

         

        ビタミンB1 植物繊維、フィチン、 イノシトール、
        多くの栄養の中でも、米ぬか特有のポリフェノールフェルラ酸は、
        メラニンの抑制で美白効果をもたらします。

         

        r-オリザノールもまた、
        紫外線を吸収することで、ダブルに美白力を持つのが米糠です。

         

        その上、
        肌の調子を整える美肌成分もぎっしり詰まっているから、
        ホントに頼もしい美容の味方。

         

        玄米米糠

        【米糠は、栄養の宝庫】

         

        ところで、
        毎日、召し上がっているご飯はどんなお米ですか?

        玄米ですか?
        白米ですか?


        農薬や放射能などの汚染も糠の部分に含まれるのですから、
        一般に販売されているお米ならば、白米の方が安全といえます。


        ところが、白米には、もっと恐ろしいことが起こっています。

         

        最近は、安い米や、外食や弁当の米でも、

        すごく美味しいと思いませんか?


        本来の米が持つ美味しさよりも、より美味しく、
        品質まで変化させてしまう添加物が、米に使われています。

         

        吾妻博勝

        【コメほど汚い世界はない 吾妻博勝 著】

         

        調理済みのご飯だけでなく、
        コメにまで添加物が使われているのをご存知ですか?


        精米時に添加物が使われる事を、
        私が始めて知ったのは、もう何年も前になりますが、
        米の不祥事が世の中を騒がせた頃に読んだこの本。


        米に使われている添加物は、
        「精米改良剤」といわれるプロピレングリコールです。


        石油から作った液体プラスチックのような成分で、米をコーティング。


        酸化した古米や古古米も、つやつや、ピッカピカの新米のように変わり、

        とっても美味しくなります。
        防カビ、防湿剤にもなります。


        売り手にとっても買い手にとっても、便利で都合の良い添加物です。

         

        「精米改良剤」と称した食品添加物を使用した米の表示について
        http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syokuten/041206/
        厚生省HPより


        精米改良剤が使われている米が、どのくらい流通しているのかと、

        農水省や厚生省のHPを見てみましたが、

        チェック機能はないようで、

        加工業者や精米業者がきちんと表示しているかも、正直、疑問。

         

        汚染米や輸入米の転売やブレンドなどは、

        いまも日常的に行われているといいます。


        今年は、米が全国的に不作ということですから、
        米業者たちの小細工には警戒しないといけません。


        お米は、収穫後も、長い工程を経て私達の手元に届きます。

        米業界のカラクリは、私たちが知る由もありません。


        だからこそ、加工業者や精米業者を通さずに、
        栽培法をしっかり開示している生産者から直接購入するのが一番です。

         

        葉山の棚田 夏

        【葉山にある棚田の風景 初夏】

        葉山の棚田
        【収穫後 11月 】


        白米であれば、減農薬くらいでも大丈夫かもしれません。


        でも、無農薬、無肥料の米ならば、
        安心して丸ごと玄米を食べられます。

         

        さらに、ひと手間かけて発芽玄米作りをすれば、
        栄養価もアップします。

         

        米の中に眠っている酵素やギャバ(アミノ酸)など、

        次の生命を生む発芽のために一斉に活動を始め、

        全ての栄養価が米の中で倍増するのです。

         


        発芽のさせ方は、

        30℃位のぬるま湯に数日間漬けるだけ。
        その間に、数回、水を取り替えて、
        ふっくらとしてくればOK。

         

        完全に発芽させてしまうと、

        逆に栄養分は落ちてしまい、

        食感もバサバサになってしまいます。

         

        いよいよ発芽する手前、
        膨らんできたところで止めて、
        あとは普通に炊いていただきます。

         


        玄米よりも消化がよく、

        甘みが増し、プチプチとした食感で美味しい。

         

        発芽玄米

        【ふっくら発芽しかけた玄米】


        スーパーで販売している玄米は、ほとんどが発芽しないそうなので、
        発芽玄米を作る際は、気をつけて。

         

        貯蔵期間に虫が湧かないようにするため、
        高熱処理や燻蒸、薬剤処理などをしているので、

        すでに死んだ米、発芽はしません。


        虫が湧くこと、
        発芽することは、生きている証拠、
        品質を確認できる目安にもなりますね。

         

        生命力あふれる、ピチピチの発芽玄米、
        ぜひ、試してみてください。

         

        米糠ソープ

        ジーサボンの米糠ソープ

         

        直接肌につけるもの、主食のご飯と同じように大切です。
         

        ジープロダクツは、
        確かな品質の原材料を調達し、
        最高のスキンケア製品作りを目指しています。

         


        過去の関連ブログはこちら

        「ジーサボンのコメヌカソープは、自然栽培米の米糠です」
        http://blog.g-savon.com/?eid=32

        「また、偽装米のニュースがありました」
        http://blog.g-savon.com/?eid=31

         

         

         

        ブログランキングに参加中
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        麻素材〜リネンとヘンプの違いとは?

        0

           

          秋、

          衣替えのシーズンです。
          麻素材の衣類やシーツを片付けています。


          前回のブログでは、 http://blog.g-savon.com/?eid=50
          「医療用大麻」の薬効について書きましたので、
          今回は、布としての「麻」についても整理してみました。

           

           

          「アサ」と呼ばれる主な繊維

          名称

          英名

          種別

          主な用途

          大麻

          Hemp

          アサ科・一年草

          衣料・ロープ

          亜麻

          Flax、Linen

          アマ科・一年草

          衣料・寝具

          苧麻

          Ramie

          イラクサ科・多年草

          衣料・寝具

          黄麻

          Jute

          シナノキ科・一年草

          麻袋・敷物

          マニラ麻

          Abaca

          バショウ科・多年草

          ロープ・紐

          サイザル麻

          Sizal

          ヒガンバナ科・多年草

          ロープ・紐

          ケナフ

          Kenaf

          アオイ科・一年草

          紐・資材

           


          「麻」と呼ばれる素材は、約20種ぐらいあるようですが、
          私たちの衣料品として身近な麻は、だいたい3種。


          アサ科の大麻から採る繊維、ヘンプ
          アマ科の亜麻から採る繊維、リネン
          イラクサ科の苧麻から採る繊維、ラミー

           

          それぞれ違う種類なのですが、
          一般的に日本語では、全て「アサ」と呼んでいます。


          だから、ややこしい!


          「家庭用品質表示法」では、
          麻と表示できるのは、リネンとラミーだけ。

           

          アサ科の植物は、ヘンプだけなのに!?

           

          ヘンプは、指定外繊維(大麻)と表示されています。

           

          Linen

          【ほとんどの衣料品は、リネン】


          大麻は、日本では一万年も前、
          弥生時代から利用されてきたというから驚き。

           

          長い歴史の中で、東京の「麻布」や、
          「麻生」、「麻田」などの地名が残っているように、
          各地で麻栽培、麻織物が盛んだったことがわかります。


          第二次世界大戦後、GHQによって規制され、
          繊維としての利用にまで影響してしまいましたが、
          最近、再びアパレル業界でもヘンプは見直されています。

           


          昨年、三越伊勢丹は、エイベックスとの出資で、
          極上のヘンプを使った高級ブランド(majotae)を立上げています。

           

          ここ数年、各地で大麻生地の復興、まちおこしの動きが盛んになり、
          オーガニック系のショップなどを中心に、ヘンプをよく見かけるようなりました。


          日本伝統の繊維として、その価値は、世界的にも注目されています。

           

           

          大麻栽培
          【大麻草栽培農家 画像:厚生労働省】


          大麻から採るヘンプは、リネンやラミーと比べて、
          吸水・吸湿性、発散性、防臭性、防虫・防カビ性、耐久性、
          全てにおいて優れています。


          麻繊維の中で、最も丈夫な繊維です。

           

          それもそのはず、大麻は、強い抗菌力を持ち、
          栽培時に、農薬も肥料も全く必要としない強い植物。

           

          冷帯、亜熱帯、熱帯、どんな所でも、

          グングン成長、名前の通り3メーターにもなる大きな麻。


          環境にも人にも、とってもエコでオーガニックな素材なのです。


          繊維にした後も、その強い抗菌力は変わりなく、
          汗をかいても、雑菌の繁殖や臭いを防いでくれます。


          特に、皮膚の弱い人やアトピーで悩む方には、ヘンプは最適。

           


          もう一つ、特筆すべき特徴は、
          ヘンプは、紫外線を通しにくい性質があるということ。

           

          中には、SPF50もあるというヘンプ製品もありますから、
          織り方や厚さによっては、かなりのUVカットを期待できそう。
          日焼け止めによる肌への負担も、軽減できますね。

           

           

          Hemp

          【パタゴニアのヘンプ】

           

          私は麻が大好きですが、ほとんどリネンです。

           

          唯一持っているヘンプは、

          環境に配慮することで知られるアウトドアウエアのメーカー、

          パタゴニア社の製品。

           

          サラリとした着心地で、10年以上は着ているお気に入りですが、

          まったくヘタっていません。


          アサ特有のチクチク感もありません。
          ヨーロッパのリネン同様の繊維加工技術で、
          シャリ感がありながらも、しなやかで柔らかです。

           


          パタゴニアのヘンプについての記載
          『地球上で最も丈夫な天然繊維である「ヘンプ」が、
          再び自由に栽培できるようになることを願っています』
          http://www.patagonia.jp/hemp.html

           

           

          リネンやその他の麻は、農薬と化学肥料を必要とし、
          特に綿は、栽培時に大量の農薬が使われ、
          現地だけでなく、皮膚の弱い方にも問題を引き起こすことも。

           

          オーガニックコットンを謳う製品も増えてきましたが、
          直接皮膚に触れるシャツや肌着には、ヘンプはよさそう。

           


          夏も終わり、季節外れになりましたが、
          もしも、セールでヘンプを見つけたら絶対買い! ですね!

           

           

          スキンオイル
          ジーオイルは日本の四季に合わせて調合】

           

          季節にあった素材、自然にあわせたスキンケアを大切に、
          ジーオイルは、体のリズムをナチュラルに整えます。

           

          肌の弱い方や、季節の変わり目のトラブルに悩む方には、
          センシティブオイルをおすすめしています。

           

           

          ブログランキングに参加中
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          2930     
          << September 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM