老化肌を救う「ミルラ」、強力なアンチエイジングに驚き

0

     

      乾燥肌、しわ肌、老化肌は、ミルラでアンチエイジング

     

    メリークリスマス!

     

    乾燥肌、しわ肌、老化肌に悩む季節、
    クリスマスにふさわしい聖なる精油ミルラ、
    今日は、このミルラの強力な老化防止作用を紹介します。

     

    巷には、アンチエイジング化粧品がたくさんありますが、
    本当に効果のあるアンチエイジングを実践していますか?

     

    ミルラのアンチエイジング効果は、長い歴史の中で実用され、証明されています。

     

    この冬は、
    若さを取り戻す、魔法の精油「ミルラ」、その強力な働きを実感してみて。

     


      歴史が証明する「ミルラ」の絶大な効果効能

     

    聖母マリアは、
    12月8日に処女懐妊、25日に出産、
    1月6日に東方から三人の賢者がお祝いを持ってきたとされています。

     

    この三人の賢者が持参した三つの贈り物は、
    ミルラ、フランキンセンス、もう一つは黄金。

     

    キリスト誕生 三賢者


    黄金と並ぶほど高価で貴重な精油ミルラとフランキンセンスは、
    4000年前から、人類と深くかかわってきた最も歴史のある精油のひとつ、
    健康と美容にズバ抜けた効果効能のある精油です。

     

    イエスキリストの誕生シーンを模型にしたプレゼーベ。

    三人の賢者が、フランキンセンス、ミルラ、黄金、
    それぞれの貢物を持っています。

     

    プレゼーベ

     


      ミルラの抗酸化作用が、老化を予防

     

    ミルラは、アンチエイジングに最適の精油です。

    死後、遺体を腐らせずに、ミイラを作るための精油、
    ミイラの語源ともなっている「ミルラ」。

     

    このことからもミルラの抗酸化作用がハンパなく強いことがわかります。

     

    皺肌、乾燥肌、老化肌の原因、肌細胞の酸化を抑えます。

     

    酸化を促進する添加物を避けて、
    酸化を制御する天然成分を取り入れる、
    本気で肌老化を防ぐなら、
    抗酸化作用の高い成分の無添加スキンケアを選ぶことが重要。

     


      知れば知るほどすごい、神の薬「ミルラ」の薬効成分

     

    ミルラは、没薬とも呼ばれ、
    乳香と呼ばれるフランキンセンスと同じカンラン科の樹木からとった樹液です。

     

    この樹木は、苛酷な自然環境に生息しています。
    乾燥、強い陽射し、時には野獣などに荒らされ傷つきながら、
    自らの樹液で、自らの傷を修復しながら、内部に水分と栄養を保ち生きています。

     

    この樹液は人間にとっても有効で、
    かかとや手のあかぎれ、ひび割れ、傷の特効薬にもなります。

     

    強い殺菌作用があり、
    水虫や湿疹など、治りにくい皮膚の病気にも古くから医療に用いられてきました。

     

    ミルラは、多くの作用をもつ優れた精油、
    現代の私たちの日常生活でも、大いに役立ちます。

     


      ミルラの芳香、香りにも多くの効能

     

    教会などでは、クリスマスや儀式にフランキンセンスとミルラを焚く習わしが残っています。
    殺菌効果による浄化作用は、人間の持つ邪悪な精神を追い払う意味もあるといいます。

     

    また、シャネル、イブサンローラン、ゲランなど、
    高級ブランドの香水にも使われてます。

     

    ミルラの神秘的でオリエンタルな香りは、
    不安や恐怖を取り除き、精神を安定させる、癒し効果が非常に強い香りとされています。

     

    スピリチュアルなミルラ、
    ぜひ、クリスマスシーズンには、
    お香、香水、芳香浴などで、ミルラの香りも楽しんでみてください。

     

    スキンオイル

     

    入浴時には、ジーオイルでの全身マッサージをおすすめしていますが、
    その際には、深〜い呼吸で、ミルラの香りを脳の奥に送り込んでみてください。
    湯気とともに、風邪や気管支の不調にも最適です。

     

    ジーオイル冬用は、「ミルラ」を配合、
    ローズマリー、ラベンダー、フェンネル、ジンジャー、ベルガモットのブレンド。
    乾燥や冷えから肌を守り、細胞を活性、老化を防ぎます。

     

    無農薬、化学肥料不使用、薬剤溶解、あらゆる添加物を、
    一切使っていない原材料を使用、安心して全身にお使いください。

     

    ミルラ

     

    直接、樹脂を火で焚くと、部屋の空気を浄化し、とても強い香りが楽しめます。


    我が家では、暮れから新年には、ミルラとフランキンセンスを焚いて家中を清めます。

    粘性が強くベタベタになるので、貝殻などを利用すると後始末の面倒も不要。

     

    ペットやクローゼット、靴箱など、
    大掃除の仕上げに、気になる臭いも一掃できます。

     

    精油をそのまま使う場合は、
    ミルラ数滴をエタノールに入れて部屋に吹いたり、
    クリスマスツリーの雪綿にふくませたり、

    ぜひ聖なる香りとともに、クリスマスを楽しんでみてください。

     

    2018年もありがとうございました。

     

    ささやかですが、12月は、お買い上げの方全員に、
    無農薬自然栽培米の米ぬかソープ(ミニ)を差し上げております。

     

    ジーサボン人気No.1の石鹸、この機会にぜひお試しになってみてください。

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    乾燥肌、加齢肌に、一番人気の『米ぬか石鹸』 配布中

    0

       

        乾燥肌、加齢肌に、米ぬか石鹸が効く理由

       

      ジーサボンの米ぬか石鹸は、創業時からずっと人気No.1

      米ぬかの持つ美肌パワーは数多く、まさに美肌成分の宝庫です。

       

      ビタミンB1、植物繊維、フィチン、 イノシトール、
       多くの栄養を含み、中でも、米ぬかのビタミンEは強力です。

       

      洗顔に使うことで、直接お肌に吸収できるとされ、
      老化防止、アンチエイジングに働きます。

       

      米ぬか特有のポリフェノール、フェルラ酸は、
      メラニンの抑制で美白効果をもたらすことでも知られています。

       

      加齢によるシミ、くすみ肌にも最適。
      米ぬかの持つ酵素により、汚れによる黒ずみも洗い落とします。

       

      継続使用で、ワントーン明るい肌色を実感できるはず。

       

      r-オリザノールもまた、
       紫外線を吸収することで、ダブルに美白力を持つのが米糠です。

       

      米糠ソープ

       

      米ぬか石鹸

      ジーサボン 米ぬか石鹸

      一個85gに、約大匙1、たっぷりと配合されている石鹸です。

       


        米ぬか美容は、無農薬の自然栽培米の米ぬかを選ぶ

       

      最近は、米ぬかの成分を配合した化粧品も数多く、
      直接お顔に、米ぬかパックをする方や、

      入浴剤にする方もいるほど、大人気の米ぬか美容法。

       

      でも、米ぬかは、散布された農薬を最も多く含んでしまう部分です。
      だから、玄米食はもちろん、

      お肌に使う米ぬかも、無農薬の米ぬかを選びたいもの。

       

      ジーサボンは、

      農薬、除草剤、化学肥料、完全不使用の自然農法米の米ぬかを使用。


      安心の米ぬかを、

      エキストラバージンオリーブオイルに配合した贅沢な石鹸です。

       

      合成石鹸とは異なり、お肌の皮脂をとりすぎる心配もありません。

       

      じっくりとお肌をマッサージ、

      パックするように時間をかけて洗ってください。


      洗うほどに、しっとり、柔らかな肌に変わっていきます。

       

      無農薬米ぬか


      秋に、いつもの青森の農家さんから米ぬかが届きました。

      そして、今年の新米の米ぬかで作った石鹸、できあがりました。

       

      デキたてホヤホヤの「米ぬか石鹸」です。
      ジーサボンならではの、自信の逸品、美肌作りにお役立ていただければ幸いです。

       


        『米ぬか石鹸』ぜひ、お試しください


      2018年、今年もありがとう

      感謝をこめて、12月中は、

      お買い上げの方全員に「米ぬか石鹸・ミニ」を配布しております。

       

      ※稲科アレルギーのある方は、ご利用をお控えください。

       

       

      過去の関連ブログはこちら

      『ジーサボンのコメヌカソープは、自然栽培米の米糠です』
      http://blog.g-savon.com/?eid=32

      『また、偽装米のニュースがありました』
      http://blog.g-savon.com/?eid=31

      『保湿力、美肌力、美白力、やっぱり米糠はスゴイ!』
      http://blog.g-savon.com/?eid=57

       

       

      ブログランキングに参加中
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      コラーゲンの減少、たるんだ肌にはシルクソープを使ってみて!

      0


          コラーゲンは、加齢とともに、急激に減少

         

        加齢とともに失われていくコラーゲン、
        衰えていく自分の肌と、どう向き合いますか?

         

        前回は、糖化による、コラーゲンの変質について書きましたが、
        今回は、誰でも起る自然老化による、コラーゲンの減少との付き合い方を考えてみました。

         

        コラーゲンは、
        20代になると急激に減少を始め、
        30代で半分、50代で20%にまで減少してしまうのだから、大変!
        放ってはおけません。

         

        コラーゲンの減少

        【年齢とともに減少するコラーゲン】


        コラーゲンたっぷりのプリプリ素肌、
        若き日の弾ける素肌はもう、二度と取り戻すことはできないことはわかっています。
        それでも、できるだけ老化速度を抑えなくては!

         

        コラーゲンは、肌だけでなく、血管や骨の弾力を保つ、重要なもの。
        見た目だけでなく、健康でいるためにも、
        不足していくコラーゲンをどのように補ったらよいのか?

         

        もう一度、きちんとコラーゲンの性質を理解しておこうと思います。

         

         

          コラーゲン配合の化粧品やサプリメント、効果はないってホント?


        コラーゲンは、塗っても食べても補給できません。

         

        コラーゲン化粧品やサプリメントには、効果が無い。
        このことは既に、かなり多くの人に知られてきた事実です。

         

        それでも、今なお、コラーゲン入りの化粧品や、サプリメントはたくさん販売されています。

         

        コラーゲンの分子は大きすぎて、肌に入りません。
        食品やサプリメントなど、口から入ったコラーゲンも同様です。

         

        コラーゲンは、腸内で小さい分子に分解されてからでなければ、吸収することはできません。
        たとえ高価なサプリメントや美容ドリンクなどであっても、コラーゲンが、そのまま体内に吸収されることも、まして直接お肌に届くことなどないのです。

         

        コラーゲンが、肌から浸透しないことが、一般にも知らてきた最近では、
        化学処理により、低分子化したコラーゲンを配合したという妙なものや、
        ペプチド、エラスチン、そしてアミノ酸などを配合したという製品も増えています。

        手を変え品を変えては、美容や健康に関心のある消費者を狙ってきます。


        今は、有名人や美容家に始まり、ブロガーや愛用者と称する一般人まで、
        体験談や口コミ、ランキングなどを利用したコマーシャルも盛ん。
        セールス方法が、どんどん巧みになっています。
        こうなると、何が本当か判らなくなってしまっていませんか?

         

        これからは、今まで以上に、自分で知識をしっかり持つことが重要になっています。

         

        美容、健康産業は激戦区ながらも、ドル箱産業といわれて急拡大を続けています。
        無責任なデタラメ話には、踊らされないようにしないといけません。

         

        コラーゲン ゼリー

        【ゼラチンは、コラーゲンより小さい分子構造】

         

        鶏や豚にも豊富なコラーゲン、

        鍋などの後に残った、ゼリー状の煮凝りを、コラーゲンと言う人もいますが、ゼラチンは、コラーゲンが分解された状態。

         

        ゼラチンは、コラーゲンよりも低分子で、ペプチドよりも高分子です。

         

         

          コラーゲンの基礎知識


        まず、コラーゲンとは何か?

         

        コラーゲンは、
        タンパク質の一種で、アミノ酸が結合したものです。

         

        人の体の20%は、タンパク質でできていて、
        そのタンパク質のうちの、30%が、コラーゲン。

         

        体にあるコラーゲンのうち、40%が、皮膚に存在していて、
        皮膚の約70%を占めています。

         

        肌の大部分がコラーゲンということになりますから、
        効果的なスキンケアをするためには、
        コラーゲンのことは、しっかり理解しておく必要がありますよね。

         


          コラーゲンの元は、アミノ酸


        ・コラーゲンの構造は、アミノ酸が組み合わさったもの。

         

        3000個のアミノ酸がつながったものが、3本合わさった長い鎖状。
        それらが、エラスチンで繋ぎ留められた形状が、コラーゲン繊維で、10万もの分子が結合してできた大きい分子です。

        組合せや量が異なったコラーゲンは、儀燭らXVIII型(28)まであります。


        ・ペプチドの分子構造は、アミノ酸が、2つから10個程度つながったもの。


        食事から摂ったタンパク質コラーゲンは、腸内でペプチドやアミノ酸に分解され、吸収されていきます。


        ・アミノ酸は、最小単位となります。アミノ酸の分子は、コラーゲンの1/3000


        自然界に天然アミノ酸は、500種類も存在していますが、人間の体内にあるのは、わずか20種類です。


        タンパク質は、全て、アミノ酸が結合したもの。
        コラーゲンやペプチドをはじめ、様々な組合せや型があり、タンパク質の種類は10万種類におよびます。

         

         

        コラーゲン、アミノ酸
        【コラーゲンの分子構造】


        コラーゲン繊維を、束ね繋げているのがエラスチン。
        エラスチンもまた、アミノ酸でできたタンパク質のひとつです。

         

        エラスチンで結ばれたコラーゲン繊維は、
        びっしりと隙間なく配列されるほど、弾力と強度があがり、非常に強い力を発揮します。

         


          コラーゲンの生成を早める、良質な天然アミノ酸

         

        コラーゲンは、アミノ酸が結合して体内で生成されるもの。
        ですから、アミノ酸を取ることが一番の近道です。

         

        アミノ酸は、最小単位の小さい分子なので、肌からも吸収されやすいもの。

        体内で不足しているコラーゲンへと、用途に合わせて生成されます。


        コラーゲンを生成する能力もまた、年齢とともに減速してしまいますが、
        親和性に優れた良質な天然アミノ酸をたっぷりと摂って、十分な睡眠をとることが生成を高めます。


        ジーサボンでは、天然アミノ酸たっぷりのシルクソープをおすすめしています。
        シルクパウダーには、人の持つアミノ酸20種のうち、18種類を含んでいます。

         

        『人の体に必要なアミノ酸の成分、20種類』

        必須アミノ酸

        (体内で作れないアミノ酸)

        非必須アミノ酸

        (体内で作れるアミノ酸)

        Val  バリン* Arg  アルギニン*
        Ile  イソロイシン* Gly  グリシン*
        Leu  ロイシン* Ala  アラニン*
        Met  メチオニン* Cys  セリン*
        Trp  トリブトファン* Tyr  チロシン*
        Lys  リジン* Cys  シスチン*
        Phe  フェルアラニン* Asn  アスパラギン
        Thr  スレオニン* Gin  グルタミン
        His  ヒスチジン* Pro  プロリン*
        Asp  アスパラギン酸*
        Glu  グルタミン酸*

        *赤字は、シルクパウダーに含まれている18種類)

         

        アミノ酸は、体内でつくれるものと、作れないものがあります。

        特に、体内でつくることのできない「必須アミノ酸」をしっかり摂ることが大切です。

         

        コラーゲンを生成する時には、ビタミンCも、別途必要になります。
        アミノ酸と一緒に摂取するように心がけたい成分です。

         

         

        シルクソープ

        【ジープロダクツ・シルクソープ&各種ビタミンを含むスキンオイル】

         


        食事はもちろん、良質なアミノ酸の豊富なタンパク源を摂ることは大切ですが、
        口から入ったアミノ酸は、優先的に、肌よりももっと大切な部分、血管、骨、関節や腱などに先に使われます。
        必然的に、肌は最後、後回しになってしまいますから、お肌には肌から!

         

        ハリが無くなってきたと感じた時は、ぜひ、シルクソープ、使ってみてください。


        ジーサボン、シルクソープは、純国産、丹後の食用シルクパウダーを使用しています。
        強い殺菌、化学処理をしている、豚や魚由来のアミノ酸よりも、ずっと安心安全です。

         

        各種アミノ酸の偏りも少ないシルクパウダーは、やさしく滑らかな使い心地、洗った直後からシルクの肌触りを得られます。

         

        分子の最も小さいアミノ酸、
        石けんなど洗浄成分は、肌から浸透していく力が非常に高く、
        良くも悪くも、肌や体に与える影響や危険性は、私たちが思うよりもずっとあります。

         

         

         

        ブログランキングに参加中
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        老け顔の原因2 老化を早める「糖化」は、怖い!

        0

           

            「糖化」は、肌の老化にも関係してる!

           

          体の細胞が「酸化」と「糖化」する、

          これが、老化の2大原因だと言われるようになりました。


          前回の、肌の老化を早める原因のひとつ、「酸化」に引続き、
          今回は、もう一つの老化の原因、怖ろしい「糖化」について。

           

          糖化がもたらす老化症状と、簡単にできる効果的な予防策を改めてまとめてみました。

           

          糖化


          糖質を摂りすぎることは、メタボや高血糖、糖尿病など、健康面で良くないことは、みんな知っていますが、実は肌にもかなりの悪影響を及ぼしていることが、研究でわかってきました。

           

          血液を汚し、血管を硬くするだけでなく、骨粗しょう症、アルツハイマーなども引き起こす、骨や脳にまで影響することが分っている「糖化」は、当然、肌にも大きく関係していたのです!

           

          骨の糖化

          【骨の糖化:画像 養命酒HPより】


          しかも、

          「糖化」による老化は、二度と回復することはないという、

          怖ろしい!

           

          糖化が原因で引き起こされた肌の老化は、美白やエイジング化粧品などで改善されるものではありません。

           

          お手入れしているのに、
          消えない肌のシミやくすみ、
          改善されない乾燥、ゴワゴワ肌、皺。

           

          たるみ、ほうれい線、フェイスラインの崩れ、
          実年齢よりも老け顔だと感じてきた方は、もしかすると糖化が原因かもしれません。


          要注意です。
          きちんと知って正しい対処をしなければ、「糖化」による老化は止まりません。

           

           

            「糖化」が引き起こす肌老化、なぜ起こるの?

           

          「糖化」とは何かというと、
          体の中で余った糖質が、タンパク質と結びついて有害物質になってしまうことです。

           

          私たちにとって、「糖」は、大事なエネルギー源のひとつ、

          でも、現代人は、とかく「糖」の摂取量は多く、運動量は少ないため、体内で余ってしまいがちです。

           

          そう、糖質の多い食べ物に、美味しい物が多いのが、一番の原因!

           

          菓子パン

          【命を縮めるとまで言われる 菓子パン】


          エネルギーとして消費しきれず体内に残った「糖」は、
          タンパク質のなかのコラーゲンとエラスチンに結合、
          終末糖化産物、「AGE」と呼ばれる、老化を早める有害な物質に変化してしまいます。

           

          これが、恐ろしい「糖化」という現象。


          コラーゲンは、血管の弾力を保つ重要なもの、
          もちろん、肌にとっても、めちゃくちゃ大切。

           

          糖と結合してAGEに変化してしまったコラーゲンは、繊維構造が破壊され、完全に弾力を失います。
          死んだも同然、その細胞は、再び元に戻ることはありません。
          こうなると、外側から美肌化粧品でせっせとケアしても、改善することはありません。


          コラーゲンは、一度「糖化」してしまうと、二度と元に戻らないだけでなく、なかなか排泄もできないようです。

          体内にずーっと居座り、黄色や茶色へと変色して、血管や肌を硬化させてしまいます。

           

          これが糖化が引き起こす老化現象、肌の乾燥、ゴワゴワ、くすみの原因。

          進行すると、脳梗塞、心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす元凶。

           

           

          糖化
           

          「糖化」はよく、ホットケーキに例えられます。

           

          小麦粉(糖質)に、牛乳、卵(タンパク質)を合わせ、熱を加えて焼くと、表面がこんがり硬くなり、きつね色になります。
          そう、きつね色にカリッと硬くなった部分が、AGEが発生した部分。

           

          「酸化」は、体の錆びといわれ、
          「糖化」は、体の焦げといわれる所以です。

           

           

            化粧品では、糖化による老化は治らないの?

           

          アンチエイジングを謳い、コラーゲン配合などの化粧品も多く、
          最近では、抗糖化化粧品などもチラホラ出現してきましたが、
          糖化による老化を防ぐのは、内側からが基本です。

           

          コラーゲンやエラスチンの分子は大きく、肌に入りません。
          また、口から入ったコラーゲンも同じで、肌に届くことはありません。

           

          コラーゲンに関しては、色々な研究が進んでいますが、
          結論としては、コラーゲンのサプリや食品を取っても、お肌がプリプリになるなんてことはない、というのが残念ながら真実のようです。

           

          コラーゲンの分子は、一旦、腸内で分解されてから、吸収されます。
          吸収された後、再び体内生成されるというもの。
          この分解、吸収、体内生成という工程が、なかなか上手くいかない。

          そのため、コラーゲンは、20代をピークに、年とともにどんどん減少していきます。

          これは、自然の老化です。

           

          ふかひれや鰻を食べても、コラーゲンは分解されてしまうんですね。。。

           

          コラーゲンを、体内生成するためには時間がかかるのはもちろん、ビタミンCとアミノ酸が必須。

          ですから、スキンケアでは、ビタミンCとアミノ酸をしっかり与える方が得策です。


          ナチュラルケアとバランスのとれた食事をしながら、コラーゲンの生成を促します。

           

          天然コスメ

          ジープロダクツは、100%天然成分、完全無添加】

           

          天然のビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富なスキンケアは、食事と同じ、
          健康な肌を育てます。

           

           

            「糖化」させない、スグにできる予防方法

           

          糖化を防ぐ方法は、食事が基本。

           

          糖質を摂り過ぎないことと、
          血糖値をあげないような食事方法が基本になります。

           

          単に糖質を制限するのではなく、血糖値があがらないような食材や食べ方をする。


          無理な糖質制限、炭水化物抜きなどは、長続きしません。
          偏った糖質制限は、かえって健康にも美容にも良くありませんから、バランス第一で、ずーっと継続できるような習慣を。

           

          少ないガマンで、大きな効果を得るための、
          おすすめ抗糖化テクニックは、コレです。

           

          食べるタイミング
          ・朝食は、昼や夜よりも血糖値の上昇が緩やかなので、しっかりめに食べる。

           

          食べる順序
          ・GI値が低い野菜や海草から食べ始めて、GI値が高いご飯などを後まわし。

           

          食べ方
          ・30回咀嚼を実践。ゆっくり食べて、腹八分目で。

           

          調理方法
          ・なるべく茹でる、煮る、蒸す。
          ※高温加熱によって、AGEは増加。
          炒めると5倍、揚げると10倍、電子レンジの温め直しなどは要注意。

           

          食後のお茶
          ・緑茶、ルイボスティー、カモミールティーなど、抗糖化作用が豊富。


          食後の運動
          ・AGEができやすい食後1時間以内の有酸素運動。ウォーキングや水泳など15分程度でもOK。

           

          「食品GI値」の画像検索結果

          【引用:パナソニックHP】

           

           

             低GI食品を選んで、食後の血糖値をコントロール!

           

          糖化を防ぐには、食後の血糖値を急激にあげないようにすることが、キーポイント!

           

          そのためには、カロリーや糖質だけではなく、GI値(グリセミック指数)を意識する事が必要です。

           

          GI値は、体内で炭水化物が分解され糖に変わるまでの時間を数値化したもの。

          でも、まだ標準となるガイドラインは設定されていないようなので、目安にしかなりませんが、以下の表を参考までに。

           

          各食品のGI値

          低GI(55以下) 中GI(56〜69) 高GI(70以上)
           炭水化物

          全粒粉、そば、春雨、玄米、

          オールブランシリアル

          うどん、パスタ、中華麺、オートミール

          白米、白パン、

          コーンフレーク

           イモ・豆類 豆腐、納豆、枝豆、豆乳 長いも、里芋、さつまいも じゃがいも、
           菓子・乳製品 ナッツ、ヨーグルト、牛乳、チーズ、バター、寒天 プリン、ゼリー、アイスクリーム、 ポテトチップ、クッキー、チョコレート、せんべい
           調味料 みりん、醤油、塩、酢 上白糖、黒砂糖、はちみつ、メープルシロップ
           野菜 きのこ、トマト、玉ねぎ、キャベツ、レタス、ホウレン草、ブロッコリー、ごぼう カボチャ 人参、とうもろこし
           果物

          パイナップル、バナナ、スイカ

          ぶどう、リンゴ、キウイ、みかん

          ※ GI値の数値はシドニー大学による定義

           

           

          糖化を防ぐのは、好きなものをガマンする、チョットだけ忍耐も必要だけど、
          でも、努力と工夫次第で制御することもできますから、
          いつまでも若々しくいきたいですね!

           

           

          ブログランキングに参加中
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          老け顔! 肌の老化を早める、化粧品の添加物

          0

             

              自分の老化の原因は何かを知る


            老化って、どうして起こるの?

             

            体の細胞が「酸化」と「糖化」すること、

            近年、これが、老化の2大原因と言われるようになりました。

             

            では、私たちの体を、「酸化」、「糖化」させる原因って何だろうか?

             

            ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、紫外線、様々な原因がありますが、
            先ずは、生活習慣を見直して、自分の老化の原因を知る必要があります。

             

            老化の原因を知らないで、エイジングケアをしていても、結果につながらないばかりか、逆に、自分で老化を早めているかもしれません。

             

            肌老化

             


              体を酸化させる添加物が、老け顔をつくる

             

            体を酸化させるモノは、
            添加物、農薬、排気ガス、大気汚染、紫外線、激しい運動、過度な飲酒、喫煙、医薬品などなど。

             

            こうした有害な物質が体内に侵入した時に、私たちの体を守るために発生する活性酸素によって「酸化」は起ります。


            活性酸素は、
            体内に入った有害物質を攻撃するために自然発生。
            白血球とともに、体内に侵入した有害物質を攻撃し、体外へ排出するように働きます。


            活性酸素は、本来、私たちの体の持つ大事な機能のひとつですが、有害物質をやっつけるための毒性を持っています。

            ですから、有害物質を攻撃する際に、私たち自身の細胞をも酸化させてしまうというワケ。

            まさに、「毒をもって、毒を制す」という感じ。


            私たちが、老化を防ぐためには、活性酸素を大量発生さないようにすること。

            そのために、心がけたいことは、なるべく有害な物質を避けること、
            農薬や添加物の多い食品や、化粧品を使わないことです。

             

            老化を防ぐつもりで、
            添加物テンコ盛りのスキンケアを続けていると、活性酸素が増え、だんだん老け顔になってしまいます。

             

            アンチエイジングとは、
            無添加で良質なものを選ぶことにつきます。

             

             

              食品も化粧品も、添加物がいっぱい


            スーパーやデパートに行くと、

            デリカテッセンやスイーツで、ワンフロアが埋め尽くされています。
            これでもかッ! という程、
            ありとあらゆる物が、美味しそうにズラーッと並んでいて、
            誘惑に負けないように、素通りするのが大変。


            試食すると、アミノ酸などの化学調味料で整った味。

            時間をかけて自分で作るより、美味しくてお手軽。

             

            デリカテッセン

             

            デリカテッセン


            化粧品売り場も同様。


            超キレイなモデル、スタイリッシュなパッケージ、巧みな販売トーク。
            見事なブランド戦略で、本当に、うっとりしてしまいます。


            化粧品の合成原料は安く、ほとんどがCM代と分かっていながらも、
            ついついトレンドに飛びつき、
            あれこれと手を出すコスメジプシーが続出してしまうのも頷けます。


            女性の心を弄ぶような、スキンケアやコスメが氾濫し、誘惑します。

            試供品を試せば、合成ポリマーがもたらす素晴らしいテクスチャー。


            世界中の物が、季節にも関係なく、品質を損なわず、簡単に手に入る。
            大量生産、遠距離輸送、大量在庫、
            どれだけの、保存料が使われているのだろうかって考えると、怖いですよね。


            毎日、朝晩、直接素肌に使うもの、
            チリも積もれば、山となり、ウソかホントか、
            一人が一生の間に、体内に入る添加物は、ドラム缶1本だって?!


            悪い物が体に入れば入るほど、体内で活性酸素は大量発生。
            やがて、活性酸素でも、有害物質を退治できなくなると、癌や深刻な病気になります。

             

            コスメフロア

             

             

              活性酸素を増やさず健康にいるために、添加物には注意を

             

            添加物が、体や肌に害があることは、ほとんどの人が知っています。

            それなのに、シミやたるみなど、老化に効くといった、有効成分にばかり気を取られがち。

             

            確かに紫外線も、人の体に有害な物質をたくさん含んでいますが、
            添加物ごっそりの日焼け止めを、こってり厚塗りする習慣は、肌にも健康にも良いはずがありません。


            例え、植物由来とか、安全な添加物といわれる化合物でも、
            私たちの体は、科学合成された人工的な異物が嫌いです。

             

            スポーツドリンクや、サプリメントも、
            一見、健康的に見えても、活性酸素を誘発しています。

             

            私たちの体は、

            本物の天然の成分ではないものは、異物=有害物として反応してしまうようにできています。

             

            だから、添加物はもちろん、化学的に有効な成分であっても、
            人工的な化合物は、活性酸素を増やし、体や肌を老化させてゆきます。

             

             

              完全無添加のスキンケアで、本気のアンチエイジングを

             

            今では、無添加の食品や化粧品を手に入れることは、
            最も困難で、いちばん贅沢な事になってしまいました。

             

            自然なものを、自然に取りいれることこそが、美への近道。
            健康こそが美肌をつくる、本物のアンチエイジングです。

             

            天然コスメ


            ジープロダクツは、

            単なる無添加ではなく、「完全無添加」です。

             

            最高品質の原料を厳選し、

            原材料の段階から、無農薬、無添加にこだわり、徹底的に化学物質を排除。

             

            できる限り自然で新鮮な状態で、提供しています。

            ぜひ、本物の天然の力を、肌で感じてみてください。

            健康的で若々しい肌が甦ってきます。

             

             

             

            ブログランキングに参加中
            ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
            にほんブログ村

            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM