自分でできる花粉症対策、かなり軽症になりました

0

     

      花粉症を予防しながら完治を目指す

     

    今年の花粉症の飛散量は多めとの予報でしたので、不安でしたが、
    ピークとなった今も、時々クシャミをするくらい。

    今年も何とか無事に春を乗り越えられそう。

     

    花粉症の症状は、ここ5、6年くらい前から、年々軽くなってきて、

    完治まであと一歩という感じ。

     

    私が、突然、花粉症になったのは、10年ほど前。
    発症後、2、3年は、本当に酷くて、
    昼間は鼻水が流れ出て、夜は鼻が詰まって眠れず、目は痒く涙目に、
    顔の肌はカサカサ、鼻の周りは皮がむけてボロボロ。
    泣きたいくらい辛い日もありました。

     

    皇居の桜

    【九段の桜は見事、でも、花粉症患者には辛い花見】

     

    ここ数年、私の花粉症が軽くなった理由は、
    おそらく、ひとつではなく、
    これまで続けてきた複数の予防対策が、

    いくつも重なって、だんだん軽くなってきたのだと感じています。


    食生活と運動、これは健康の基本、

    花粉症に効くというヨーグルトや、甜茶とかもいいかもしれません。
    でも、花粉症に限って言えば、アレルゲンの付着を避けることが一番!

     

    私は、もともとアレルギー体質で、
    子供の頃は、アトピーもありましたから、
    肌荒れで泣いた経験はかなり豊富。

     

    長年の経験の中で、

    アトピーもすっかり完治し、
    花粉症とも、上手く付き合えるようになりました。

     

      効果を感じる、花粉症の予防方法


    私の予防習慣は、
    ムズ痒くなったら、外出先でも、面倒ですが、できれば洗顔。
    帰宅したら、すぐに洗顔、できれば入浴。

    体や髪に着いた花粉症は、できるかぎり早く落とします。

     

    そして、ジーオイルとクリームでガード、
    その時、必ず、鼻の孔の中にも、オイルをしっかりと塗り込みます。
    コレは、本当に効き目を実感しています。

     

    完全無添加ですから、粘膜からの体内吸収にも心配ありません。
    ジーサボンは、天然石鹸、洗い過ぎの心配もありません。

     

     

    春用スキンオイル

     

    ジーオイル春用ジーサボン 完全無添加で粘膜にも安心

     

    春用ジーオイルの配合エッセンシャルには、

    免疫バランスを整える作用があり、自分の治癒力を高めます。

    ユーカリオイルは、鼻水、鼻づまりの解消にもつながります。


    自分の体質は、すぐには変わりませんが、
    体に良いものを摂り、体に良いことを実践。
    すぐに効き目を感じなくても長期戦で心棒強く続ける。

     

    「健康」とは、良い習慣を身に付けることに尽きます。

    始めのうちは面倒でも、

    習慣になると、だんだん当然の行為になってきて、

    そのうち、やらないと気持ち悪くなります。

     

    悪い物は、皮膚に直接付着しない様に、

    付着した時は、なるべく早めに落とす。

     

    悪い物とは、

    花粉などのアレルゲンやPM2.5などの汚染物質だけではありません。

    合成界面活性剤や添加物てんこもりのスキンケア製品も同じく有害。

     

    口から入るものも同じ、

    添加物の多い食品は避け、なるべく体内に入れないように、
    そして入ってしまった悪い物や体の毒素は、早めに排泄するように心がけます。

     

    目には見えませんが、

    悪い物は、少しずつ体に溜まって、ある日、突然、問題を引き起こします。

    毎日の小さな習慣が、将来を大きく変えることも・・・。


    予防は200%、
    不調を感じた時は、早めの処置を集中的に。

    花粉症だけでなく、体の不調は初期段階が肝心、
    重症化させないコツを心得ておくことが大事ですよね。

     


      花粉症の薬、長期服用は避けたい

     

    一度、発症してしまうと、なかなか手強い花粉症、
    体質を改善するには、時間がかかります。

     

    体質がだんだんと変わっていく、それまでの間は、
    重症化させないように、症状が出た初期の段階や、
    逆に、重症になってしまって、どうしても自力で治せない時には、
    薬を使って症状を抑えることは必要です。

     

    でも、薬には頼りたくない。


    花粉症の薬も、毎年、新しい薬が出て、進化しているようですが、
    それなのに、花粉症人口は増加の一途。
    一向に花粉症の患者数は、減りません。

     

    そう、結局、薬では治せないんです。


    毎年、繰り返される花粉症。

    薬は、一時的に、症状を緩和するだけ。

    薬の乱用や長期服用は、絶対避けないといけません。

    効力が落ちたり、副作用に見舞われたり、

    身体に良からぬことが起こってきます。

     

    たいてい花粉症の人の多くは、病院に行って薬を処方されますが、
    錠剤を内服するのには、抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

     

    眠気を誘う副作用を持つ薬が多くて、運転や仕事中の眠気は、ほんと困りますよね。
    ディレグラなどは、逆に不眠や動機の副作用があるようで、それはもっと怖いこと。
    ステロイド剤を含む、セレスタミン錠も、長期の服用は危険。


    強い薬でも、平気で出す医者も多いので、自分で調べないといけませんね。

     

    花粉症 鼻炎

    【比較的安全な抗アレルギーのインタール点鼻薬、でも効果も軽め】

     

    点鼻薬は、患部に使うので、飲み薬よりは、副作用も少ないのですが、
    点鼻薬にもステロイド薬、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、血管収縮薬など、種類も様々。

    薬の性質を、理解してから使用しないと、思わぬ問題を引き起こすことも。

     

    薬は複雑ですが、それだけに安全なものではありません。

     

    長い人だと2〜3ヶ月間に渡る花粉症、長期の服用は要注意です。

     

    薬の使い時、止め時の判断には、ちょとしたコツが要りますが、

    とにかく、薬は上手く利用して、早く止めたいもの。
    私は、鼻にオイルを塗ることで、ほとんど点鼻薬も不要になりました。

     

    一向に改善に向かわない花粉症の方に、
    私の予防対策がお役にたちますように、お見舞い申し上げます。
    どうぞ、お大事に。

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    春、肌荒れシーズンにも、美しい肌でいるための秘訣

    0

       

        春、体調不良と肌荒れの予防を


      春は、不安定な気候、

      体調不良や肌荒れを起こさないための予防と対策を。


      寒暖差による体温調整も難しく、

      気温の変化が激しいだけでも、肌はストレスで過敏になっています。


      暖かさで緩んでいると、

      急激な寒の戻りによる身体の冷えで、免疫力が低下。
      ホコリっぽく汚れた外気や、しだいに強まる紫外線、
      様々な原因が次々と襲ってきます。

       

      春の不調は、複雑ですが、
      肌荒れの季節と言われる大きな理由は、肌の汚れ=不潔です。

       

      冬から引きずっている乾燥した肌に、
      気温の上昇で皮脂や汗の分泌が増し、そこに汚れが付着します。
      春の外気は、花粉や黄砂、PM2.5などの汚染物質も多く、肌にとってとても過酷です。

       

      乾燥、肌荒れ、時にアレルギーまで引き起こします。

      ガサガサ肌は、さらに汚れも着きやすい状態、悪循環に陥ることも。
      付着した汚れを長時間放置しないで、なるべく早く、洗い流すことがポイント。

       

       

      ソープ

      【花粉症には、早めのネトルリーフソープで対策】

       

      肌の調子が悪いと感じる時は、

      外から戻ったら手洗いするのと同じように洗顔してみてください。

      ジーサボンは、洗い過ぎの心配はいりませんから。

       

      季節、原因を問わずスキンケアの基本は正しい洗顔です。
      慌ただしい朝も、疲れている夜も手抜きをしないで、
      しっかりと泡立て、二度洗いの習慣を!

       

       

       

        アルガンオイルは美容成分の宝庫

       

      ジーオイル春用は、一番搾りのアルガンオイル 配合です。

       

      アルガンオイルは、
       肌に水分を抱えこみ、潤いとハリをあたえる美容成分が豊富。

      今では、その効果を誰もが知るようにり、超人気のオイルのひとつ。

       

      天然のオレイン酸、リノール酸、ステロールが、肌を柔らかくしてキメを整えます。
      天然のビタミンEの抗酸化作用が、肌の上を清潔に保ち、クスミやシミの予防、アンチエイジングの働きをします。

       

      アルガンオイル

      ジーオイル春用は、ホホバ、スイートアーモンド、アボガド、アルガンオイルがベース】


      乾燥や花粉症対策には、
      オイルケアに加えて、クリームで保護することも大切。
      一層バリア機能を高め、肌に直接、アレルギー物質や汚れが付着するのを避けます。


      炎症作用もあるので、既に荒れてしまった肌もコンデションが安定してきます。

      ステロイドなどに頼る前に、まずはジークリームで対処をしてみてください。

       


        エッセンシャルオイルは、脳に強く作用


      また季節の移り変わりは、自律神経も乱れがち、
      頭痛や倦怠感など体調不良を起こす場合も。

       

      エッセンシャルオイルには、
      皮脂の分泌バランス、自律神経を調整、免疫力を向上させる、

      ラベンダーを主役にブレンド。

       

      ラベンダー

      【ジーオイルは、最高品質のラベンダースピカを配合】

       

       

      抗炎症、殺菌効果のある、
      ユーカリ、ニアウリ、ベチパー、ペパーミントを配合。

       

      爽やかな香りが、モヤモヤとした気分をスッキリとさせます。

       

      鼻から脳に直撃する「香り」は、
      思いのほか、自覚作用をもたらします。
      ぜひ、天然の香りを楽しみながら、肌と身体の調子を整えてください。

       

      手軽に、極上の気分転換にもなります。

       

      関連ブログはこちら
       「ボーっとしてしまう春、ユーカリでシャキッと!」
      「春の肌荒れ、3つの原因と対策」
      「花粉症に、ネトルリーフのソープ」

       

       

      ブログランキングに参加中
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      乾癬にも、アトピーにも、健康美肌をつくる天然スキンケア

      0

         

        道端アンジェリカさんが、
        「スーパーフードを食べているのに、肌が汚い」と言われたことから、
        乾癬という皮膚疾患の持病があることを告白し、すっぴん写真を公表しました。

         

         


        【出典:モデルプレス】


        乾癬患者は増加傾向で、1000人に1人もいるという、

        軽症の方も含まれているのでしょうが、驚きの多さですね。


        「乾癬」は、アトピーと似ていながら違う症状の病気ですが、

        いずれも免疫異常ということは同じ。


        また、どちらも慢性の疾患であるため、
        良くなったり悪くなったりを繰り返し、
        薬剤の治療で治そうとすると数十年に及ぶことも少なくありません。

         

         

         

        治療と言っても、自然治癒方を取り入れているクリニック以外、
        たいていは、ステロイドとワセリンを処方するだけ。

         

         

        ステロイド剤
        【ステロイド剤も色々、処方された薬の性質を理解して上手に使う】

         


        このステロイド治療を長期続けて、
        治すどころか、膿みなどを伴うほど症状を悪化させてしまう人もいます。


        そうなると、完全に落ち込んでしまいますよね。


        「病は気から」ですから、
        肌への外的ストレスや刺激を取り除いたところで、
        精神的なストレスで、なかなか改善方向へは向かいません。

         

         

        道端さんはじめ、

        「乾癬やアトピーは一生治らない」と言い切る人もいるほど、

        こうした悪循環に陥ってしまう人は少なくありません。

         


        でも、正しい知識を持って対処し、
        症状が出たときに悪化させないようにコントロールしていくうちに、

        徐々に健康な肌を取り戻していくのも事実です。

         


        人は、良くも悪くも、食事や生活習慣、外部環境の影響を大きく受けています。
        気長に取り組む心構えは必要ですが、

        治療をするよりも、悪い習慣をやめるだけで、驚くほど変わることだってあります。

         

        それなのに、疾患者のなかには、何が悪いのか気がつかない人も・・・。

         

        本気で治したいのであれば、まずは、

        クリニックの治療内容や、自分の使っているスキンケアや生活習慣を盲信せず、

        きちんと理解する事からはじめる必要があります。

         

        スーパーフードもいいけれど、

        基本は、毎日のバランスのとれた良質な食生活。

         

        スーパーフード

         


        改善された人、
        悪化していく人、

        私たちは、長年、さまざまな皮膚疾患を持つ人を見てきました。

         

        私自身も20代の頃まで、アトピーがありました。
        その上、
        エステや、サプリメント、最新美容、流行の化粧品・・・、
        間違えた美容法を次々試して、肌を傷めてしまった経験もあります。

         

         

        でも、

        合成の洗浄剤や、保存料たっぷりの化粧品の類を一切やめてから、

        どんどん健康な肌になっていきました。

        今、思えば、なんてバカなことをしていたのか、

        肌や体に良いことは、とても単純なことだったのですね。


        いまでも時々トラブルはあるものの、いつの間にか〜完治!

         

        アレルギー体質がすっかり改善されていたことは、前にブログにも書きましたが、
        http://blog.g-savon.com/?eid=15

        年を重ねた今の方が、ずっと素肌が綺麗になりました!

         


        美容の世界では、色んな情報、しかも真逆の情報が錯綜しています。

        販売者の理屈に惑わされることなく、
        自分自身で、「人間の健康に良い物は何か」を考えながら、

        内容成分をひとつひとつチェックすると、
        肌や体が喜ぶもの、嫌がるものの区別がつく様になります。

         

        そして、自然と肌や体の声も聞こえるようになります。

         


        トラブル症状を改善させる為には、
        ・皮膚バリアを整える、
        ・体内免疫を正常化させる、
        この2点に尽きます。

         

        ですから、対処方法は、
        ・皮膚バリアを整えるスキンケアと、
        ・体内免疫を正常化させる食生活、
        この2点を心がけること。

         

         

        肌疾患を持っている方も、ケア方法は健康な人と基本は同じです。

        そして、
        なるべく早くステロイド治療と決別することです。

         

        場合によっては、
        食べ物とスキンケア製品だけでなく、
        衣料品、住まいなども見直す必要があるかも知れません。

        合成繊維や染料、合成建築資材に問題がある場合もあります。


        乾癬や、アトピーの症状が悪化するときには、何らかの原因がありますから、
        自分自身の日常生活をシンプルにしていくと、その原因を見つけだせることもあります。

         

         

        乾癬だけではありません。

        誰にでもある、チョッとした肌や体の不調を、その都度、軽いうちに適切に対処することが、

        健康でいるための重要なコツ。


        悪化させないように、上手にコントロールすることです。

        自分の免疫力を取り戻し、治癒力をアップさせると、肌もどんどん健康になります。

         

         

        道端アンジェリカさんもきっと改善するはず!

        このブログを読んでくださっている方、
        肌の悩みを持つ方、
        是非、ジープロダクツをお試し、そして続けてみてください。

         

        きっと本物の天然の力に驚き、健康な美肌が甦るはずです。

         

        センシティブオイル
        【ジーオイル:センシティブオイル】

         

        ジーオイル敏感肌用は、低刺激の5つのオイルを処方。

        シンプルだけど、最高品質の超贅沢な濃密なオイルです。

         

        *ゴールデンホホバオイル・・・・保湿に優れ、天然のワックスエステルが皮脂バランスを調整。

        *アルガンオイル・・・・・・・・活性酸素を除去する抗酸化作用とビタミンE。

        *スイートアーモンドオイル・・・エモリエント効果で肌を柔らかくし、メラニンの働きを制御。

        *アボガドオイル・・・・・・・・多くのビタミン、特にビタミンEの宝庫。

        *カモミール浸出オイル・・・・・アズレンの抗炎症作用、皮膚を刺激から守る。

         

         

        ブログランキングに参加中
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        ボーっとしてしまう春、ユーカリでシャキッと!

        0

           

          春のモヤモヤ、
          なんだか、ボーっとして集中力が低下してしまう・・・、
          そんな時は、ユーカリのアロマでシャッキとします!


          花粉症の方は、
          マスクに一滴のユーカリを!
          鬱々とした気分が、スッキリ。

           

          香り付のマスクなんかも、いろいろと販売されていますが、

          鼻から吸うものは、脳を直撃するから、合成香料は避けて、天然アロマを。

           

          ユーカリマスク

           

           

          リフレッシュ系アロマには、
          ペパーミントや、ティーツリーなど、色々とありますが、それぞれに得意分野があります。

           


          まず、ペパーミントは、
          ペパーミントティー、モヒートなど、私たちの生活にもっとも馴染があります。
          内服することで、消化促進、特に胃に効くハーブです。
          爽快な香りは、細胞まで活性してくれます。

           

          ペパーミント


          次に、ティーツリーは、
          刺激は弱いのですが、内服は出来ません。
          そのため、主に皮膚の除菌に用いられています。

           

          水虫や、ヘルペスなどの細菌に効力を発揮。

          水虫、ヘルペスの症状のある時は、ティーツリーを試されることをおすすめ。

           

          抗生物質を使わなくても、治ってしまうこともありますから、
          肌に良い常在菌を全滅させることなく、水虫などの
          迷惑菌を除去できます。

           


          ユーカリもまた、
          ティーツリーと同じくオーストラリア原産。


          オーストラリア製のスキンケア製品には、よく配合されていますよね。

          除菌、解毒に優れていることから、肌を清潔に保てます。

           

          この2つのアロマは似たような作用がありますが、
          ユーカリ特有の作用は、「粘液溶解作用」です。

           

          つまり、鼻づまりや痰など、スッキリ除去してくれるといことが大きな特徴。

          呼吸器系の不調、荒れた喉や鼻を殺菌、ウィルスの侵入を阻止します。


          そして、鼻通りも良くなって、アロマが脳に到達し集中力を取り戻します。

           

          清涼感のある香りは、単に気分転換するだけではなく、脳を刺激。

          気分を落ち着かせ精神を集中させる働きがあることで知られています。

           

           

          スキンオイル

          ジーオイル春用 】

          キャリアは、ホホバ、スイートアーモンド、アボガド、アルガンオイル

          アロマは、ラベンダー、ユーカリ、ニアウリ、ベチパー、ペパーミント


          ジーオイル春用は、ユーカリの中で、最も刺激の少ないグロブルス種を配合。

           

          大切な日や、仕事が忙しい時などは、
          ジーオイル春用を、深く吸い込んでみてください。

           

          鼻の穴の中にも、しっかりと塗るのが、私の朝晩の習慣。

          コレ、けっこう効き目ありますから、花粉症の方、ぜひ試してみて。


          ユーカリは、他にも、
          肩こりや筋肉の痛みを緩和する作用などもあります。

          仕事やスポーツの後のマッサージにも利用して欲しいオイル。
          アロマの効果も倍増するバスタイムに、

          足裏、ふくらはぎ、首筋など、気になる部分に、

          気持ちいいですから。

           

           

          3月、4月は、なにかと忙しい季節でもあります。

          ちょっとしたケアを取り入れて、体調を崩さないように。

          素晴らしい季節「春」を満喫してください。

           

          シャキッとして、ね。

           

          ユーカリとコアラ
          出典 planetsave.com

           

           

           

          ブログランキングに参加中
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          春の肌荒れ、3つの原因と対策

          0

            まだ、寒いのに、もう植物たちは春の活動を開始。

            花粉予報では、早くも飛散が始まり、しかも例年より多いという発表がありました。

             

            春は、不安定な気候とあいまって、体調不良、肌荒れが激増。

            花粉症でない方でも、肌がカサつき優れないことを感じているのではないでしょうか。

             

             

            その原因は3つ。

             

            1.冬は代謝が落ち、体内の機能が低下している。

            2.肌は乾燥してバリア機能が低下、外部環境の影響を受けやすい。

            3.そんな状態のところに、花粉が飛び始める。

             

            私たち人間も、冬の間に停滞していた機能を目覚めさせるための、「春季療法」が、とても有効な予防になります。

             

            身体を、冬から春モードへ、リセット。

             


             

            私たちの工房は、鎌倉に続くハイキングコースの入り口にあります。

            ここに大きなヒマラヤ杉が、何本もあったのですが、先週、切り倒され処分されました。

             

             

            伐採の理由が、花粉なのかはわからないのですが、

            この、スギ花粉に含まれるCryJ1(クリジェイワン)という物質に、

            とても強い抗原タンパク質が含まれていることが明らかになりました。

             

             

            昨年、皮膚科学雑誌の学術論文に、

            クリジェイワンが、アレルギー症状を引き起こすだけではなく、皮膚細胞にも大きなダメージを与えるメカニズムが掲載されました。

             

            肌の健康な人であっても、「クリジェイワン」が、肌に付着すると、肌のバリア機能を低下させ、水分と油分を奪うというのです。

             

            肌に付着した「クリジェイワン」は、徐々に肌に侵入して炎症し、さらに痒みを起こします。

             

            炎症が悪化して慢性化、負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくありません。

             

            花粉症

             

            薬局に行くと、たくさんの薬が販売されていますが、

            まづは、花粉を肌につけないようにすること、

            ついた花粉はなるべく早く洗い流すことが大切です。
             

             

            3つの対策として、

             

            1.Gサボンでこまめな洗顔。 

              Gサボンは洗い過ぎの心配はありません。

             

            2.Gオイルで保湿。 

              アロマが免疫バランスにも作用します。

             

            3.Gクリームで保護。 

              飛散する抗原が直接肌に付着しないようにガード。

              荒れた肌の修復もします。

             

             

            オーガニックソープ

            【Gプロダクツ:ネトルリーフソープGオイルGクリーム

             

            冬の厳しい乾燥が過ぎても油断せず、引き続きしっかりとケアしてくださいね。

             

            ぜひ、ネトルリーフソープを使った「春季療法」も取り入れてみてください。

            症状が出ないように、自然療法で身体を整えることが一番ですから。

             

            ブログランキングに参加中
            ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
            にほんブログ村

            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM