インフルエンザ予防から美肌まで 「セージ」の幅広い利用法

0

     

      セージの特徴と活用法

     

    ソーセージでも知られる「セージ」は、
    肉の臭みを消し、腐敗を抑えます。

     

    ずば抜けた抗酸化作用で、
    天然の防腐剤として料理や保存食に、
    古くから用いられてきた便利な香辛料。

     

    ソーセージ

     

    地中海地方原産、シソ科の植物、
    学名は「薬用サルビア」と呼ばれる薬草です。

     

    夏になると、青や紫色の
    細長い花を穂状につけます。

     

    「サルビア」は、ラテン語で「治療」を意味するそう。
     

    その名の通り、薬効成分がいっぱい。

    料理にも重宝だし、
    体や肌にも優れた作用がたくさんあるんです。

     

    鑑賞用としても綺麗なハーブなので、

    お庭やベランダ、身近に置いて、
    キッチンハーブとしても大活躍まちがいなしです。

     

    園芸屋さんやホームセンターで、
    簡単に手に入るハーブ、
    たくさん種類もあるし安いので、ぜひ一鉢。

     

    サプリメントより身近なハーブ、おすすめです。

     

    セージ

     

    料理の香辛料やお茶などに、

    食用以外にも、お風呂に入れたりして。

     

    香りの強いホワイトセージは、
    乾燥させてお香としても使われています。
    お香やアロマオイルを焚けば、
    殺菌効果によって空気を洗浄できます。

     

    クローゼットやペットの臭いもシャット、
    室内空間が清潔になるので爽快。

    大掃除の仕上げに最適。

     


      セージの効果効能

     

    ・風邪、感染症予防

     

    抗菌、抗ウィルス作用から、
    風邪やインフルエンザ予防になります。
    喉やへんとうせんの炎症、歯肉炎、口内炎、
    水虫などのケアにも使えます。

     

    ・アンチエイジング


    抗酸化作用による老化防止。

    肉の腐敗を抑えるのと同様に、

    人の体にも有効、酸化を抑え老化の加速をセーブ。

     

    ・お肌を引き締める収れん効果


    血液循環を促す作用で、肌にハリが戻ります。
    同時に、疲労回復、強壮効果も得られます。

     


      セージの栄養素

     

    セージは、

    カリウム、カルシウム、
    マグネシウム、鉄分、葉酸など、
    ミネラルを豊富に含むハーブです。

     

    女性が積極的に摂取したい栄養素、
    貧血などが気になる人や、
    骨粗鬆症予防にもなりますね。

     

    フラボノイド、サポニン、
    その他にも、エストロゲンがあり、
    ホルモンバランスを整えます。

     

    古代ローマ時代には、
    不妊症治療に使われてきたほど。

     

    生理不順や生理中のイライラ
    更年期障害も緩和します。

     

    マッサージオイルとして使えば、

    気分もリラックスできます。

     


      スキンケアにも、セージでアンチエイジング

     

    健康にするための効果効能がたくさんあるセージは、
    スキンケアにも役立ちます。

     

    セージの精油を使う時は、
    刺激がすごく強いので、極々控え目に!

     

    一本買うよりも、
    ブレンドされたものをお使いになる方が便利、

    コスパ的にもいいです。

     

    ジーオイルの秋用は、
    フランス産クラリセージを配合。

    水蒸気上療法のハイグレードの精油です。

     

    ハンドメイドソープ

     

    ジーオイルは、
    見た目の若さだけでなく、
    内側から本当の若さをサポートします。

     

    血液循環を促進、
    肌がハリを取り戻します。

     

    風邪やインフルエンザ、
    さまざまな病気の予防に役立てながら、
    強壮作用によって体も心も元気になる。

     

    見た目をつくろうアンチエイジングではなく、
    内面から本物の老化防止を!


    セージ

     

    早くも、インフルエンザが流行っているようです。

     

    セージの葉っぱをちぎってお茶に、

    冷ましたお茶でうがいも、

    唇や鼻の中にも、

    ジーオイルを塗って予防してくださいね。

     

    JUGEMテーマ:無添加スキンケア

     

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    洗濯物から虫除けまで、大活躍のアロマスプレー

    0

       

        洗濯物に、シューッとひと吹き

       

      ようやく梅雨明け、
      次は台風と猛暑か、
      湿度も不快指数も高い毎日が続きます。

       

      洗濯物の部屋干し、
      生乾き、嫌な臭い、
      ホント困りますね。

       

      除湿機と扇風機、
      そして、アロマのリネンスプレーが大活躍。

       

      洗濯物に、シュッ!
      お部屋や玄関に、シュッ!!
      クローゼットに、シュッ!!!

       

      ベットと枕にも、シュッ、
      あらゆるところに、シュッ、シュッ〜!

       

      天然エッセンシャルのアロマスプレー、
      どこでも安心してたっぷり使えておすすめです。

       

      アロマスプレー

      【手作りアロマスプレー】

       


        おすすめ! 簡単アロマスプレーの作り方

       

      【リネンスプレー】

      クエン酸 大匙1
      精製水または軟水ミネラルウォーター 500ml
      エッセンシャルオイル20〜30滴

       

      【虫除けスプレー】

      無水エタノール 5ml
      精製水または軟水ミネラルウォーター 45ml
      エッセンシャルオイル 10滴

       

      ※ 虫刺され後の殺菌にも使えます。


      虫除けスプレーは、

      安いオイルは効き目が薄いことも。
      品質が高いオイルは、効果抜群。

       

      リネンスプレーは、
      ルームスプレーにも、お掃除用にも、
      とくに水回りには最適。

       


        防菌、防カビ、防虫に、おすすめアロマオイル8種

       

      ラベンダー、
      ペパーミント、
      フェンネル
      シダーウッド
      ベルガモット、
      ゼラニウム、
      ユーカリ、
      ティーツリー

       

      好きな香りを組み合わせて、
      ボトルに入れてシャッフルするだけ。

       

      エッセンシャルオイルは、
      本来とても高価なものですが、

      なぜかお安いものもずいぶん出回っています。

       

      高ければいいとは限りませんが、

      安ものは、避けた方がいい。

       

      直接肌につけないものでも、

      合成香料を混ぜてあるものは、気をつけて。

       

      エッセンシャルオイル

       

      部屋使いするエッセンシャルオイルは、

      最高品質でなくて、そこそこのものを選んでいます。

       

      天然100%の、
      リーズナブルなオイルを選んで、
      たっぷり大量使いを。

       

      上等のものでなくてもいいけど、
      でも100円ショップや、
      人工成分を混ぜてあるアロマオイルはダメ。

       

       

        人工香料は危険

       

      2000年代から、
      香りの強い柔軟剤や洗濯洗剤が人気になって、
      国民生活センターには、
      柔軟剤による被害相談も増加しています。


      こうがい(香害)と呼ばれて、
      頭痛、めまい、吐き気、
      喘息やアレルギーを引き起こしたり、
      中には化学物質過敏症などを発症して、
      日常生活に支障が出るほどの被害を受けている人もいるんですね。


      特に、アレルギーや化学成分過敏症は、
      ある日、突然、
      重篤な症状になってしまうケースも多いというから怖い。

       

      前兆も自覚もなく、いきなり発症するらしい。

       

      「自分は大丈夫」なんて、思わないで。
      長期に渡る使いすぎは、絶対に避けた方がいい。

       

      私の周囲にも、
      化粧品や香水売場に立つ販売員さんが、
      体調を悪くして仕事をやめたという話は、少なくありません。

       

       

      洗濯物部屋干し


      不快な臭いが消えて、
      「いいニオイ〜」なんて感じても、
      人工香料は、有害成分を含んでいます。

       

      湿度の高い季節は、
      イヤな臭いが気になるけれど、
      残香性の強い、柔軟剤や洗剤は、
      危険だということは忘れてはいけません。

       


      天然100%のアロマは、
      人工のものに比べれば、
      香りの持続性は劣りますが、
      私たちの健康を守りながら、衛生的に過ごせます。

       

       

        最高品質のエッセンシャルオイル配合「ジーオイル」

       

      食品はもちろん、
      化粧品の人工香料もできれば避けたいもの。

       

      「香料」としか書いていないものは、
      たいていは合成香料、
      「天然由来」と書かれているものも、
      化学処理された香り、
      安全性は疑問です。

       

       

      「香りの質」、すごく大切です。

       

      鼻から入った香りは、脳を直撃、
      神経にも影響を及ぼしますから。

       

      質のいい香りを脳に送り込むことは、
      心を穏やかにしたり、
      やる気がでたり、
      とても大切な脳のケアです。

       

       

      スキンオイル
       

      ジープロダクツは、
      肌と健康に悪影響をもたらす人工香料はもちろん、
      保存料など全ての添加物を、原料の段階から使っていません。

       

      原材料の段階から、
      無農薬、遺伝子組み換えでない植物にこだわり、
      保存料、添加物、化学薬品の使用のないものを厳選しています。

       


      毎日使うスキンケア製品は、
      安心安全な成分だけで作られた、
      完全無添加の製品を、
      ぜひお使いになってください。

       

       

      JUGEMテーマ:無添加スキンケア

       

       

      ブログランキングに参加中
      ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
      にほんブログ村

      ダイエット&アンチエイジングに効く、「フェンネル」の精油

      0


          「フェンネル」は、日本でも昔から使われている薬草だった

         

        地中海沿岸が原産のフェンネルは、
        ヨーロッパから、中東、インド、中国へと渡り、
        世界中で料理や薬に、広く使われているハーブ。

         

        果実は、生薬や香味野菜として、
        茎や葉は、野菜として食べられています。

         

        フェンネル

         

        フェンネルは、
        花、種、葉、茎、根、全部食べられる、
        捨てるところのない、優秀な野菜。

         

        西洋料理では魚料理によく使われ、
        インドカレーには必ずといていいほど使われている。


        それなのに、
        日本では、その名前を知らない人も多くて、
        ちょっと地味めなハーブですね。

         

        ところが、日本でも沖縄では、
        胃腸に良いことから、
        イーチョーバ(胃腸葉)と呼ばれ、
        親しまれていると聞きます。

         

        生のままサラダにしたり、
        茎や葉を天ぷらにしたり、
        スープやお茶にしたり、
        泡盛にも漬けたりもするらしい。


        そういえば、沖縄の人は、健康で長生き、
        肌のきれいな人、スタイルがいい人も多い、
        もしかすると、

        フェンネルを食べる食生活が影響しているのかも。

         

        関東では、
        スーパーや八百屋さんでほとんど見かけませんが、

        このフェンネル、
        実は、日本でも平安時代には中国から伝わっており、
        医療現場では生薬として使われてきたようです。

         

        今も、太田胃散、仁丹、のど飴などに配合されていて、
        意外にも、身近なハーブのひとつなんです。

         


          「フェンネル」の抗酸化作用が、美肌をつくる

         

        スーパーでは手に入り難いフェンネルなのですが、
        家庭菜園家のあいだではけっこう知られていたりします。

         

        こぼれ種で増え、

        水やりだけでスクスク育つ。

        初心者にもとても簡単。

         

        草丈は2mと大型で丈夫な植物、

        フサフサとした細いひげのような草葉、
        茎の下部がタマネギのように膨らむ。

         

        花、種、葉、茎、根、全部分に、
        ビタミンやミネラルなど、

        様々な有効成分をたくさん含んでいます。

         

        フェンネルシード


        中でも実の部分、
        細い米粒のような形のフェンネルシードは、
        銅、鉄、カルシュウム、カリュウム、

        マンガン、セリュウム、セレン、

        亜鉛、ミネラルといった栄養の塊。

         

        特にマンガンの抗菌、抗酸化作用は、
        料理の腐敗を抑えるように、
        美肌をつくるためにも、めちゃめちゃ役立つ成分。

         

        抗菌性は、ニキビのアクネ菌や水虫菌などの繁殖を制御し、
        抗酸化性は、シミ、しわ、老化肌の予防になります。


        インドでは、このフェンネルシードを、
        毎食後、口に含み噛むことが日常習慣のようです。

         

        そういえば、インド料理のレストランには、

        よくフェンネルシードが置いてあります。

         

        口内細菌を取り除き、口臭を消す、
        口の中を衛生的に保つためにも利用できる。

         

        熱い国、インドや沖縄の人たちの知恵ってスゴイ。

         

        今では、ゴーヤは、
        関東でも、知られるようになりました。
        今年は、このフェンネルを大いに食べてみようと思う。

         

        フェンネル
         

        タマネギや、セロリとも似た、

        独特な香りがクセになる。

         

        暑さで弱った胃腸も、
        きっと元気になってくれるはず。

         

         

          「フェンネル」は、ダイエット、全身マッサージにも最適

         

        フェンネルは、「ダイエットハーブ」とも言われています。

         

        その理由は、
        食道、胃、腸まで、
        消化器官の働きを正常化する作用から。

         

        豊富に含まれる植物繊維が、
        溜まったガスや排便を促進。

        体内の老廃物・毒素を排出、
        デトックスをサポート、
        便秘を解消し、腸内環境を整えます。


        また利尿作用と発汗作用もあることから、
        むくみ、セルライトの予防と解消にも役立ち、
        痩身用のマッサージオイルに使われることも多いオイルです。

         

         

        むくみ

         

        全身をマッサージすることで、
        新陳代謝を上げて効率よく体脂肪を燃焼、
        ダイエットだけでなく糖尿病の治療にも役立ちます。

         

        また、フェンネルの香りには、
        無駄な食欲を抑える働きもあると言う、
        なにかと嬉しい作用がいっぱいあります。

         

        さらに、もうひとつ、
        精油の「フェンネルスウィート」に含まれる
        アネトールという成分には、
        女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きもあるので、
        肌や髪にハリとツヤを生み出します。

         

        フェンネルは、
        ラベンダー、シダーウッドとの相性がとても良く、
        相乗効果を発揮、
        多くの恩恵をもたらしてくれます。

         


          ジメジメの梅雨と夏、フェンネル配合のスキンケアで快適に

         

        ジーオイル夏用の精油は、
        フェンネル・スイートを、ラベンダー、シダーウッドと合わせて配合。


        スキンオイル

         

        ベタベタ、ジメジメと不快なこの時期、
        皮脂の酸化や臭い、雑菌の繁殖を抑えます。


        湿度の高い季節も、
        ジーオイルでスキンケア、
        健康で美しい肌を保ち、快適にお過ごしください。

         

        フェンネル

         

        フェンネルスウィートは、
        フェンネルの中でも、最もマイルドで刺激の少ないタイプですが、
        肌が弱っている時、トラブルがある時は、
        敏感肌用オイルで割って濃度を調整してお使いください。

         

         

        JUGEMテーマ:家庭菜園

         

         

        ブログランキングに参加中
        ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

        にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
        にほんブログ村

        梅雨の肌カビ注意 「シダーウッド」の抗菌作用で清潔に

        0

           

            シダーウッドの抗菌、防虫、防カビ作用

           

          エッセンシャルオイルの多くは、
          感染症予防や防腐剤として、

          紀元前からずーっと利用されてきました。

           

          食品の青カビ、
          浴槽の黒カビ、
          水虫の白癬菌、
          ニキビのアクネ菌、
          化膿のブドウ球菌、
          風邪のウィルス、などなど、
          身の周りに潜む、害虫や菌、ウィルスから、

          私たちを守ってくれる優れもの。

           

          ユーカリ、ティーツリー、フェンネル、
          カモミールローズマリー、ラベンダーなどなど、
          特に強い抗菌作用が認められている精油は、本当に数多い。

           

          シダーウッドもそのひとつ、
          日本特有のヒノキ風呂なんかも、

          その特性を利用したものなんですね。
          リラックス効果がある香りに加えて、カビも防いで衛生的。

           

          ジメジメとした梅雨の時期は、
          このシダーウッドの活用、とってもおすすめです。

           

          檜風呂

           


            シダーウッドの原料による香りの違い

           

          シダーウッドは、
          針葉樹からとったエッセンシャルオイル。

           

          マツが原料の「シダーウッドアトラス」、
          ヒノキが原料の「シダーウッドバージニア」が主流ですが、
          スギを原料にしたものもあります。


          「シダーウッド」という名前は同じでも原料はさまざま。

          それぞれに独特な香りがあります。


          マツ科の原料は、甘く乾いた香り、
          ヒノキ科の原料は、スパイシーな香り、
          スギ科の原料は、清涼感のある香り。

           

          シダーウッドの香りには、
          精神への鎮静作用があります。

           

          緊張や不安を和らげ、
          心を落ち着かせてくれる、
          ストレス解消に最適。

           

          精神を安定させ、
          同時に集中力を高めます。

           

          シダーウッドアトラスは、
          日本でも、寺院のお香に使われている、
          古い歴史をもつ香り。

           

          リラックス効果と強壮効果の二面性を持つので、
          就寝前にも、勉強や仕事の前にも、
          どちらにもいいアロマなのです。

           


            シダーウッドの原料による効能の違い

           

          シダーウッドバージニアには、
          シックハウスの原因となるホルムアルデヒトを分解する作用まで認められています。


          気になる方は、芳香剤にお使いになるといいかも知れませんね。

           

          家の中でも森林浴をしているような香りで癒され、一石二鳥。

           

          芳香剤
           

          シダーウッドは、入浴剤としてもよく活用されてますし、

          防虫剤としてもお使いの方多いと思います。
           

          クローゼットの中に入れておくと、

          ナフタリンのような嫌なニオイが無くて便利ですよね。

           

          ひのき
           

          なかでも、スギ科のシダーウッドは、
          防虫作用が一番強いと言われています。


          クローゼットや靴箱に、

          アロマスプレイなどを使う場合は、
          清涼感のある香りのスギ科のシダーウッドが、
          最も向いていそうですね。

           


            梅雨や夏は、シダーウッドが役立つ

           

          ジーオイル夏用は、
          マツ科の「シダーウッドアトラス」を配合。

          シダーウッドの中でも一番マイルドなタイプ。

           

          シダーウッド アトラス
          【天然成分100% ジーオイル夏用】

           

          この時期の悩み、
          肌カビの原因、皮脂分泌の調整に役立ちます。

           

          天然の防虫、抗菌作用は、
          肌の常在菌のバランスを壊さずに健やかに保ちます。

           

          合成界面活性剤は、肌バリアを破壊、
          保存料は、常在菌を死滅させます。


          入浴時にマッサージに使うと更に効果的。
          森林浴気分でリラックスでき、
          気管支の不調や鼻つまりなども和らげます。

           

          シダーウッドの力で、
          夏の肌を清潔に保ち、快適に過ごされてください。

           

          まだまだ続く梅雨、
          食中毒には、気を使いますが、
          お肌のカビにも気をつけてくださいね。

           

          梅雨

           

          エッセンシャルオイルは、

          効果ある反面、刺激があるので注意してください。
          刺激を感じた場合は、

          敏感肌用オイル等で薄めてお使いになることもできます。

           

          ご自分の肌や体調に合わせてお楽しみください。

           

           

          ブログランキングに参加中
          ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
          にほんブログ村

          肌荒れや老化肌に〜身近に咲くカモミールが役立つ

          0

             

              身近に咲くカモミール、美容と健康に活かす


            カモミールが咲き始めました。

             

            早速、花を摘むと、
            青リンゴのような、爽やかな香り。

             

            まずは、摘みたての花でティータイム、
            残りは乾燥しておけば、一年中楽しめます。

             


            栽培は簡単で、
            日当たりと水はけがよければ、オッケー。
            寒さにも強く、初心者でも簡単に育てられます。


            ローマンカモミールは多年草、
            ジャーマンカモミールは一年草ですが、
            一度植えると、こぼれた種で、
            毎年、可愛い花を咲かせてくれます。

             

            小さい可憐な花なのに、
            踏みつけられれば踏みつけられるほど元気になる、
            力強いハーブでもあります。

             

            しかも、
            カモミールを、弱った植物の傍に植えると、
            その植物が元気を取り戻す、
            秘めた力を持っています。

             

            さらに、

            アブラムシを寄せつけない性質まであって、
            園芸家には何かと重宝な植物でもあります。


            そんなカモミールは、
            ハーブティーとして広く知られていますが、
            健康と美容に、

            優れた薬効成分がたくさんあります。

             

            カモミール
            【ジャーマンカモミール】

             

            ジャーマンは、春先から初夏、
            ローマンはそれより少し遅い初夏から夏に開花します。

             

            ジャーマンカモミールは、
            真ん中の黄色い部分が、ポコッと出っ張っているのが特徴的。

             

             

              「ジャーマン」と「ローマン」、2種類のカモミール

             

            カモミールは、最も歴史の深い民間薬のひとつ、
            4000年以上前から、

            ヨーロッパでは薬草として用いられてきました。
             
            メディカルハーブとして使われるのは、
            「ジャーマンカモミール」と

            「ローマンカモミール」の2種です。

             

            この2種類の効果効能はほとんど同じですが、
            大きな違いは「味」にあるようです。

             

            お茶として楽しむには、ジャーマンカモミール。

            スッキリとした味わい。
            ローマンカモミールは、苦くて不味いらしい。

             

            カフェインが無いことからも、
            就寝前に飲まれることが多く、

            鎮静作用、安眠効果が得られます。


            また、消化促進効果に加えて、

            糖質制御の働きもあると言うから、
            甘いものと一緒のティータイム、
            食後のデザート時にもいいですね。

             

             

            カモミールティー
            【カモミールティー】


            2015年、テキサス大学の研究では、
            カモミールティーを飲む習慣のある人は飲まない人より
            寿命が長いことが発表されました。

             

            カモミールの成分が
            がん細胞のサイクルを断ち切ることから、
            抗がん作用も研究されているようです。


            カモミールには、
            まだまだ解明されていない効果が、いっぱいありそうです。

             

             

              肌荒れや老化肌に! カモミールの美容効果

             

            カモミールは、

            カマズレン、アピゲニン、ルテオリンなど、

            抗炎症、抗菌作用に働く成分が多く含まれています。

             

            胃や喉、荒れた肌にとてもいい。

             

            アレルギー肌、ニキビ肌から、
            乾燥によるカサカサ肌まで、

            肌荒れや痒みを抑えてくれます。

             

            その上、年齢肌にも役に立つ。

             

            カモミールに含まれる
            「アズレン誘導体」に加えて「アビケニン」、
            「カマメロサイド」というポリフェノール、

            多くの薬効成分の相乗効果で、

            肌や体内の糖化、酸化を抑えるので、

            アンチエイジングにもバッチリなのです。

             


            ほのかな甘い香りは、
            アンゲリカ酸エステルという成分、
            鎮静作用をもち、自律神経に作用します。
            疲労もストレスも和らげてくれるという優れもの。

             

            お茶や入浴時には、

            アロマを楽しみながら

            疲れを癒して、心のケアを。

             

             

              カモミール、そのほかの使い道と効能

             

            カモミールは、体の内外から作用し働きます。


            発汗効果が高いので、
            入浴剤や湿布にすれば、身体が温まり、

            女性特有の冷え対策にもつながります。

             

            ガーゼに浸して、患部に当てるのもいい。

            冷たい湿布は、痒みを伴う炎症などに、
            温かい湿布は、血行を良くしたい部分に、
            目の疲れにもおすすめです。

             

            うがい薬としても便利で安全。


            自然療法大国であるドイツでは、
            濃いめに淹れたカモミールティーを
            マウスウォッシュとして使います。

             

            歯肉炎や口内炎の治療、
            口臭予防にもなります。

             

            カモミールソープ

            カモミールソープ敏感肌用スキンオイル

             

             

              カモミールソープ&カモミールスキンオイルでのケア


            ジーサボンが使用しているカモミールは、
            クロアチアの丘に咲く、

            野生のジャーマンカモミールです。

             

            春の肌荒れ、乾燥による痒み、
            そんな悩みがある時には、
            カモミールソープと併せて、
            敏感肌用スキンオイルでのケアが症状を和らげます。

             

            ジーオイル敏感肌用には、
            カモミールを3ヶ月浸け込んだホホバオイルをベースに、
            カモミールのエッセンシャルオイルもブレンド。


            肌のバランスを整えて、

            穏やかに作用していきます。

             

            カモミール畑


            カモミールは、

            素晴らしい効果効能を持つハーブなのですが、注意も必要。
            キク科アレルギーを持つ方、妊婦さんは控えてくださいね。

             

             

            JUGEMテーマ:家庭菜園

             

             

            ブログランキングに参加中
            ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
            にほんブログ村

            | 1/3PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM