糖質制限「炭水化物抜き」は、やっぱり危険だった

0

     

      いまだに続く糖質制限ブーム

     

    香川県で食べた「うどん」
    小豆島で食べた「そうめん」
    すごく美味しかった。

     

    真っ白艶々の麺だけじゃない、
    醤油がいいからなのか、つゆも旨い。

     

    長らく続く糖質制限ブームで、
    何となく遠ざかっていた、
    うどんやそうめん。

     

    こんなにも美味しいものだったとは!
    改めて感激してしまって、
    横浜に帰ってからも、
    すっかりハマってしまっています。

     

    そうめん

     

    スーパーに買いに行くと、
    夏の売れ残りのそうめんが安くなっていて、

    しかも嬉しい五穀素麺、珍しいので大量買い。
    長崎、五島列島の素麺です。

     

    全粒粉、玄米、ライ麦、そば粉、

    もう長いこと
    白くないものを選ぶ習慣になっています。

     

    全粒粉

     

    とくに糖質制限はしていませんが、
    主食の炭水化物、
    美味しければ美味しいほど、
    やっぱり糖質過多は気になる。

     

    でも、
    「炭水化物抜き」って、体にいいのだろうか?


    数年前から盛んに言われだした、
    糖質制限の危険性が気になります。

     


      炭水化物抜きの罠

     

    これまでどんなダイエットも一過性で、
    すぐに流行は終わるのに、
    糖質制限ブームだけは、
    ほんと長期に渡って続いています。

     

    スーパーでも、

    「糖質オフ」「糖質カット」の食品をたくさん見かけます。

     

    糖質制限

     

    メタボのおじさんから、
    スタイル抜群の若い女子まで、
    糖質を気にしてる人は多いようですね。

     

    今では単なるブームを超えて、
    糖質を控えることは当然、
    もはや常識になりつつある。

     

    誰でもすぐに実行できて、
    即効性もあることから、
    この一大ブームは、定着してしまい、
    しかも、
    のめり込んでしまう人も多いと聞きます。

     


    「糖質さえ制限すれば、何を食べてもいい」
    「炭水化物は一切食べるな」


    そんな極端なことまでいう人まで現れて、
    いくらなんでもエスカレートしすぎ!!

     

    揚げ物やお肉食べ放題で減量成功しても、
    どう考えたって体に悪そう・・・。

     

    これまでブーム中で何度か、
    糖質制限を実行する第一人者や有名人の
    突然死や心筋梗塞も話題になりましたね。

     

    実行者の中には、
    糖尿病や予備軍の人も多いようですが、
    自己流で闇雲に制限するのは危険。

     

    痩せればいいってわけではないんですよね。

     

    とくに完璧主義の人、
    ストイックに実行する人は十分気をつけて。

     


      糖質制限「炭水化物抜き」の危険性とは?

     

    これまで「糖質制限」は賛否両論で、
    肯定派と否定派が真っ二つに対立していましたが、
    ここ最近は、

    否定的な専門家や医師の話をよく聞きます。

     

    極端な炭水化物抜きを、
    数か月から年単位で続けることは、
    非常に危険だと警告しています。


    主食を食べないと、

    脂質や塩分を摂り過ぎる傾向になります。

     

    味の付いたオカズばかりを食べるなんて、

    たとえ野菜中心でも、体によくない。

     

    そんな食生活を続けていると、
    高脂血症、高血圧、動脈硬化など、
    突然死の原因を抱え込むことに。

     

    体重は落ちても、
    内蔵には脂肪がつき脂肪肝に発展、
    知らないうちに、
    かなり危険な問題が体内で起ってきます。

     

    極端なことは禁物ですが、
    ちょっとした糖質制限のつもりでも、

    糖質不足が、
    脳や心臓に与える影響は大きい。

     

    特に脳は、

    糖が100%エネルギー源だから、
    ボーっとしたり、ふらつく、

    集中力や注意力が無くなって、
    いつも疲れているような状態になるといいます。

     

    心当たりある人、

    軽いダイエット気分でも要注意です。

     

    厚生省が推奨する炭水化物の摂取量50〜65%を目安に、
    1〜2割減ぐらいの制限に止めておくのが無難かな。

     

    玄米や全粒粉などにすることで、
    糖質10〜20%程度は減らせます。

     

    血糖値の上昇を抑える方法、
    食べる順序、野菜や豆から食べ始めることも有効。

    いくつかの健康法を組み合わせて、
    無茶なことはしないほうがいい。


    炭水化物は、
    たんぱく質、脂質と並ぶ3大栄養素の一つ。
    体に絶対必要な栄養素ですから、
    炭水化物をまったく摂取しないなんていう食事は、
    かえって健康を害することになります。

     

    炭水化物


    ある栄養素を制限したり、
    一つの食品のみをひたすら食べるといった偏った食事は、
    やっぱり超危険な行為なのです。

     

    ダイエットや健康法であるはずが、
    心筋梗塞や突然死を引き起こしては元も子もありません。


    糖質制限が危険というよりも、
    バランスを失うことが一番危険。

    何事もほどほどが一番いいんです。

     

    食欲の秋です、

    糖質だけでなく、
    まずは、どんなものでも食べ過ぎに気をつけないと、ね。

     


      食事もスキンケアもバランス重視で!

     

    ジープロダクツでは、
    15種類の石鹸と、
    日本の四季に合わせたスキンオイルを提供しています。

     

    各シーズンオイルは、
    4種のキャリアオイルに、
    6〜7種のエッセンシャルオイルを配合。

     

    季節や年齢によって、
    失いがちな栄養素を補います。

     

    体も肌の細胞も、
    色々な要素から成り立っています。


    体にはたくさんの野菜、
    肌にはたくさんの植物を摂り入れて!

     

    正しいスキンケア習慣が、
    健康で美しい肌を育てます。

     

    ソープ&オイル

    ジープロダクツ製品ラインナップ

     

    JUGEMテーマ:食生活

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM