エキストラバージンとピュアオリーブオイル、その差は圧倒的

0

     

    ジーサボンの主原料は、エキストラバージンオリーブオイル100%。

     

    一般的なオリーブオイル、
    いわゆる精製オイルや、二番絞りのオイルは一切使いません。


    なぜ、最上級のエキストラバージンオリーブオイルにこだわるのか?

     

    その理由は、
    加熱せず、化学溶剤も使わずに搾った唯一のオイルだからです。


    私たちの作るソープは、熱を加えずに作るコールドプロセスソープ、
    原料も同様に冷圧搾、コールドプレスで搾ったオイルを使用します。


    エキストラバージンオリーブオイルは、
    オリーブの栄養素が、加熱や精製によって破壊されていない状態です。
    その栄養素を、そっくりそのまま、石けんの中に封じ込めることによって、
    私たちの肌に絶大な美容効果をもたらします。


    コールドプレスのオイルを原料に、コールドプロセスで作ったソープ。
    オリーブオイルの高い栄養素が、
    そっくりそのまま内包されている、それが「ジーサボン」なのです。

     

    オリーブオイル

    エキストラバージンオリーブオイル以外は、
    一般的に「オリーブオイル」と一括りに呼ばれていますが、
    日本で販売されているオリーブオイルは、大きく分けて3種類あります。


    1. エキストラバージンオリーブオイル
    2. ピュアオリーブオイル
    3. ポマス(サンサ)オリーブオイル


    エキストラバージンオイルは、一番搾りの中でも最上級のオイル。
    IOOC(国際オリーブオイル協会)で定められた規格の基準を満たしたオイルです。

     

    ピュアオリーブオイルは、

    バージンオイルであっても、食用には適さない油を、
    加熱処理や化学溶剤を使って精製したもの。


    エキストラバージンとして通用しない規格外のオイルを、

    ヘキサンなどの溶剤で、脱色、脱臭したオイルです。

     

    「ピュア」という表現は、日本国内だけの呼称、
    聞こえはいいですが、
    味や香り、オリーブ特有の風味が少なく、栄養もほとんど失われています。

     

    ポマスやサンサと言われているオリーブオイルは、
    エキストラバージンオリーブオイルを搾ったカスをさらに化学溶剤を使って搾った、二番絞りのオイルです。

    このオイルも、搾油後に脱色、脱臭精製されています。

     

     

    エキストラバージンオリーブオイルの偽装も問題となっている昨今ですが、
    ピュアやポマスオイルにいたっては、格付けされているだけで、品質に明確な基準はありません。


    精製方法や搾油方法は、各社まちまちで、品質のバラツキは大きく、

    化学溶剤の使用にも不安を感じます。

     

     

    【 国際オリーブオイル協会の定めるオリーブ油(食用)の定義と規格 】

    分類

    品質

    酸度

    備考

    バージンオリーブオイル

    エキストラバージンオリーブオイル

    0.8%

    味、香り、完璧な食用オイル

     

    ファインバージンオリーブオイル

    2.0%

    風味は良いが、やや酸度が高いオイル

     

    オーディナリバージンオリーブオイル

    3.3%

    食用に適さないオイル

     

    ランパンテバージンオリーブオイル

    3.3%

    食用にならないオイル

    精製オリーブオイル

    リファインドオリーブオイル

    0.3%

    バージンオイルを精製して食用レベルにしたオイル

     

    リファインドオリーブポマースオイル

    0.3%

    バージンオイルを精製して食用レベルにしたオイル

    オリーブオイル

     

    オリーブ(ピュア)オイル

    1.0%

    バージンオイルのカスを化学溶剤で搾り精製したオイル

     

    オリーブポマス(サンサ)オイル

    1.0%

    バージンオイルのカスを化学溶剤で搾り精製したオイル

     


    オリーブオイルは、
    健康や美容に良いということで、日本でも輸入量、消費量はずっと増加を続けています。

     

    いまでは、家庭でも日常的に使うようになりましたが、
    産地やグレードなど、国内外での規格の表示方法も様々。

     

    みなさんは、どのように選んでいるのでしょうか?


    IOOCでは、上記のように8種に分けられていますが、
    日本におけるJAS(農林規格)の規定では、

    エキストラバージンとピュアの2種に分けられているだけ。
    大雑把ですごく曖昧。

     

    消費者は、オイルの搾油方法や現地の基準などを理解してから、信用できるオイルを探す必要がありますね。


    ソープも同様、
    オリーブオイルと表記されたもの、
    それはピュアやポマスなどの精製オイルでつくられたもの、

    少量を配合したものです。

     

    本場のマルセイユでも、
    エキストラバージンオリーブオイルは、ほとんど使われていません。

    そして、加熱石鹸がほとんどです。

     

    しかも、既定のオリーブオイル72%ではなく、

    パームやココナッツオイルをブレンドしたり、
    防腐剤の類まで添加されたものも多くなってしまいました。

     

    マルセイユソープは、世界的な人気の高まりもあって、
    伝統的なオリーブオイルだけでつくる製法や、

    コールドプロセスで手作りする生産者は少なくなり、
    大きな工場で大量生産し、世界中に輸出されています。

     

    オリーブソープ

    ジーサボンのオリーブソープ


    美容成分の宝庫でもあるエキストラバージンオリーブオイル。

     

    そのまま、お肌に与えたいという願いから、
    私たちは、時間をかけてひとつひとつ手作りしています。

     

    精製オイルとは異なり、製造過程でも数倍の時間を要します。
    栄養価が高いほど固まり難く、鹸化するのにも数日かかり、

    その後は、熟成するまで6週間を要します。

     

    エキストラバージンとピュア、
    同じオリーブオイルでありながら、その違いは圧倒的。

     

    エキストラバージンオリーブオイルのソープ、

    洗うと同時に、美容成分が素肌に直接アプローチ、

    ジーサボンの洗い上がりは、うっとりするほど素晴らしいものです。

     

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする