クリーム、効果を最大限に引き出す使い方

0

     

      クリームは使い方で、効果は大きくちがう

     

    クリームというアイテムは、スキンケア製品の中でもダントツに高価です。

    栄養成分が配合されている美容クリームは、ことにお高いですよね。


    さて、そんなクリーム、効果的な使い方ができてますか?


    冬は、
    普段、クリームを使わない方でも、
    乾燥対策としてお使いになる方が増えますが、
    正しい使い方をしている方は、少ないといわれています。


    乾燥が一向に改善されない方、
    クリームの効果をイマイチ感じないという方、
    使用方法を、もう一度、見直してみてください。

     

    カッサカサに乾いた肌にベッタリ塗るなんて、ダメ。
    薬指や指先だけで擦りこむなんて、ダメ。
    顔や手が冷たく、冷えた状態で使うのも、ダメですよ。


    もしかすると、そんなダメな使い方で、

    本来のクリームの効果が半減しているかもしれません。

     

    オーガニッククリーム


      クリームの栄養分と保湿力を最大限に活かす使用方法

     

    クリームの効果を最大限に引き出すための使い方をマスターして頂くために、
    簡単なおさらい。


    1. まずは、洗顔。毛穴に詰まった汚れもしっかり落とす。
    古い角質が肌に残っている場合は、スクラブケアをおすすめ。

     

    スキンケアに限らず、モノゴトは、「準備8割」。
    土台作りで、ほとんど仕上がりが決ってしまうといっても言い過ぎではありません。

    手抜きせずに、しっかり洗顔して、肌の吸収力を上げてください。


    2. 下準備が整ったら、顔と手が温かい状態でクリームを適量とります。

    左右の掌を合わせ体温で温める。
    透明にトロッとしたら、顔全体を覆いながら、手圧をかけて押し込む。

     

    乾燥がひどい時は、一度にたくさん使うのではなく、

    少量づつ数回に分けてたっぷり与えるのがコツ。


    3. 顎下から上に向けて、中央から外に向けて、全体に伸ばしながら、20〜30秒押さえ込みます。
    クリームが全て肌の内部に馴染み入り、表皮に残っていないことを確認できれば完了!

     

    塗るのではなく、押し込むように。
    洗顔後または入浴後の温かい肌に、手圧を加えるだけ、

    簡単な動作なのですが、

    肌が吸収するのを待ちながら、丁寧にゆっくり行ってくださいね。

     

    乾燥がひどい時や、荒れている部分には、

    肌がクリームを消化するのを確認しながら、

    同じ動作を何度か繰り返し、たっぷりと与えてあげてください。


    クリームでのケア後は、しっとり、もっちりした肌状態が理想。
    肌の吸収力が低下していると、ベトツキや、ギラツキが残ってしまいます。
    そんな場合は、1を見直してください。
    吸収力の無い肌に、一生懸命クリームを与えても無駄になってしまうから、

    クリームを使う前は、洗顔で肌を整え、暖かい状態で。

     

    吸収力が衰えて、
    どうしても、油分が肌の表面に残ってしまう時は、

    必ずティッシュオフをして取り除くこと、忘れずに。


    いままで、効果を実感できなかった人も、
    正しくお使いいただくことで、
    きっとクリームの底力を、実感していただけるはず。

     

     

      クリームの内容成分をチェック!

     

    使用方法の見直しと同時に、

    お使いのクリームの成分もチェックする必要があります。

     

    肌に与えるべき栄養素が含まれていないクリーム、

    少しばかり保湿成分が添加されているだけのクリーム、

    単なるカバー効果だけのワセリンやニベアのようなクリームは、

    丁寧に手入れをしても意味はありません。

     

    肌に与えるべき優れた栄養成分もないクリームでケアして、
    すでに乾燥している肌をカバーして、内部水分の蒸発を防いだところで効果などありません。

     

    大切なのは、保湿成分だけでなく、肌の回復に必要な栄養素が入っているかどうか。

     

    乾燥で破壊されてしまった成分、

    加齢で不足している成分をたっぷり補給、

    しっかりと手圧を加えて、肌の奥に届けることで、

    肌はグングン元気になっていきます。

     

    クリーム内容成分

    【ジークリームは100%有効成分、その底力はスゴイ】

     

    ジークリームは、
    オーガニックや野生の植物だけを原料としています。

     

    質の良い原料は、栄養素の含有量がちがいます。
    あらゆるビタミンやミネラル、多くの栄養、保湿成分が驚くほどたっぷり。

     

    さらに、天然鉱物トルマリンを、導入作用として加えることで、
    植物の有効成分を肌の奥まで運び込みます。

     

    トルマリンは、ブラジル産の最上級ナノレベルのパウダー、
    遠赤外線効果で、肌の血行を促進させ、代謝を向上、
    継続的に使うことで、顔のコリや、肌の疲れの解消する働きをします。


    エッセンシャルオイルには、
    高価なネロリを加えることで、上品で贅沢な香りが芯から疲れを解放させます。
    鼻の奥から、脳に深く送り込んでください。

    ホルモンを正常化し、更年期障害や、不快な生理痛やストレスを緩和します。

     

     

    天然スキンケア
    ジープロダクツは、合成界面活性剤不使用】

     

    慢性的な乾燥肌の方は、合成界面活性剤の使用をやめることも重要です。
    合成界面活性剤は、クレンジングやソープだけではありません。
    あらゆるスキンケア製品に使用されています。

    市販のクリームのほとんどが、合成界面活性剤が基材となっています。

     

    乾燥対策のつもりが、乾燥を悪化させていないか、

    まずは、お使いのクリームの成分を確認してくださいね。

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする