「飲む日焼け止め」の仕組み、ニュートロックスサンとは?

0


      塗る日焼け止めと、飲む日焼け止めの違い

     

    ここ数年、飲む日焼け止め、
    日焼け止めサプリが、ジワジワと関心を集めています。

     

    モデルや美容家の間では、すでに試されたり取り入れている方も多く、
    アウトドア派の方々も魅力的に感じているようです。
    でも一般的には、まだまだ、怪しげに見ている人たちがほとんど。

     

    なぜ、飲んで日焼け止めができるの?

     

    私もすごく興味アリ、
    気になるので、日焼け止めサプリについて、そのメカニズムや内容成分を調べてみました。

     

    UVカットウエア

    【いままでは日焼け止めやUVカットのウエアで防御】


    飲む日焼け止めと、従来の塗る日焼け止めは、

    基本的なメカニズムが異なります。

     

    塗る日焼け止めは

    肌の上で、紫外線を吸収したり、または屈折させて散乱させ、紫外線が肌から侵入するのを阻止します。

     

    そのため、従来の肌に塗る日焼け止めの、肌への負担は少なくありません。
    紫外線よりも、日焼け止めで肌を傷めてしまうこともあります。
    そこで開発されたのが、飲む日焼け止めです。

     

    飲む日焼け止めは

    浴びてしまった紫外線によって発生した活性酸素を分解することで、メラニンの生成を抑えます。

     

    人間は、紫外線を浴びると、活性酸素の害を抑えるために、メラニンが生成されます。
    本来、メラニンは、紫外線を防御してくれる役割をしています。

     

    サングラスが黒いのと同じように、メラニンは、肌を黒色にすることで紫外線から守ってくれるという、人に備わった大切な機能、
    でも、それを理解していても、美肌、美白を求める女性にとっては、やっぱり大敵!

     

    大量に紫外線を浴びてしまうと、メラニンも大量発生、
    色素沈着してシミが残ってしまったり、
    そんなの、誰だってイヤですよね。

     

    ビーチ


    紫外線を浴びて発生した活性酸素がもたらす害とは、

    それは、「細胞の酸化」です。

     

    それならば、紫外線を浴びても活性酸素を増やさないようにすればいい。
    活性酸素による体内細胞の酸化を防ぐために、抗酸化作用の強い成分を体内に入れて、メラニンの生成を抑えよう。


    こうした考え方から生まれたのが、日焼け止めサプリメントというワケです。


    紫外線を浴びると通常の数倍も発生してしまう活性酸素、
    その活性酸素の害である「身体の酸化」を、抑えます。

     

    紫外線を予防するというよりも、
    浴びてしまった紫外線に対しての効果が、あるということなんですね。


    細胞を酸化させない!?
    ということは、日焼けに限らず、老化も防ぎます。

     

    しかも、錆びない体をつくることは、病気予防にもつながる、
    そのサプリの正体、実に興味深いと思いませんか?

     


      飲む日焼け止めの成分、ニュートロックスサンって一体なに?


    では、活性酸素を除去してくれる、強い抗酸化作用がある成分は、何かというと、
    そのひとつが、ニュートロックスサン。


    次に、ニュートロックスサンは、何かというと、
    ポリフェノールのひとつ。

     

    原料は、シトラス果実、ローズマリー葉エキスから抽出した抗酸化成分。


    もうひとつは、フェーンブロックという成分、
    こちらも同じ働きのある抗酸化成分ですが、シダから採ったものです。

     

    現在、販売中の日焼け止めサプリは、
    ニュートロックスサン系とフェーンブロック系の2つ。

     

    どちらも同じ抗酸化の働きをしますが、ニュートロックスサンの方が、細胞をまもる働きがフェーンブロックの2倍。
    フェーンブロックは、花粉症を悪化させたり、肌荒れやアレルギーが起こる症例もあることから、
    ニュートロックスサンの方が軍配があがっている模様。


    現在の売れ筋商品の成分を調べると以下の通り。
    お値段もちょっと高め。

     

    ニュートロックスサン系

    商品名 成分
    ホワイトヴェール 

     

    シトラス果汁、ローズマリー葉エキス、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子、植物プラセンタ(メロン胎座抽出物、デキストリン)、バラ花びら抽出物、ザクロエキスパウダー、トマトパウダー、マリーゴールド抽出物、クチナシ、アーティーチョーク葉エキス、結晶セルロース、二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、セラック、ビタミンD

     

    インナーパラソル 

     

    シトラス果汁、ローズマリー葉エキス末、還元麦芽糖水飴末、きのこ乾燥末、パイナップル果汁エキス末、ビタミンP、ビタミンC,結晶セルロース、シクロデキストリン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

     

     

    フェーンブロック系

    商品名 成分
    ヘリオケア

     

    フェーンブロック、リコピン、ルティン、ビタミンC、ビタミンB3

     

     


      日焼け止めサプリ、気になる効果や副作用

     

    サプリですから、摂り初めてすぐに効果があるわけではなく、
    塗る日焼け止めとの併用が一般的な使用方法。

     

    約3ヶ月程度の服用で、60%ほど紫外線によるダメージをカットすと言う研究結果もありました。

     

    塗り忘れ、塗り直し、塗りムラを補う役目くらいに考えた方がいいようです。
    となると、結局、日焼け止めの負担から解放されるわけでもありません。
    内服する安全性への信用リスクが増えるだけ?

     

    今のところ、ニュートロックスサンは、副作用の報告はなく、危険性や害は見つかっていません。

    もちろん、使用した人の中には、肌にブツブツができたり、合わない人はいるようですが、従来の塗る日焼け止めとは異なり、肌への直接負担がないという理由から、この日焼け止めサプリを推奨して販売する皮膚科医もいるようです。


    植物由来の成分であっても、抽出や加工処理で危険はつきまといます。

    その他、保存料なども含まれています。
    高濃度成分のサプリメントは、体内吸収される量も多いかも知れませんが、
    毎日の食事や天然スキンケアから、自然に摂取する方が良いと考える人たちも多いはず。

     


    シミのある人、ない人、
    老けている人、若々しい人、

    病気になる人、ならない人、

     

    そうした個人差は、おそらく健康習慣、
    日々の生活習慣は、やがて大きな差となります。


    自然に抗酸化作用のある食事を多く取っている人たちは、紫外線を浴びてもシミになりにくい体質をつくっているのです。

     

     

      ニュートロックスサンを含む食べ物をチェック

     

    やっぱり自然が一番、
    ということで、紫外線が強い季節には、抗酸化作用の強い食べ物を積極的に取っておこう。

     

    今回もまた、またまたローズマリーを見直しました!
    ローズマリーは、特殊な抗酸化作用をもつ、本当に偉大な植物。

     

    ローズマリー


     

    長い日照時間に耐え、強い日差しから自分の身を守りながら、可憐な花を咲かせる。


    ローズマリーの驚異的な力を拝借するには、
    キッチンに一鉢置いておくのもアリですね。
    ガーデンにまで採りに行かずにすみます。

     

    ローズマリーティー

     

    それから、柑橘類。


    柑橘類は、全てビタミンCが豊富ですが、光毒性物質も含まれているので注意も必要。
    たくさん食べ過ぎたり、肌に直接つけると、紫外線に反応してダメージを受けてしまう場合もありますから。

     

    柑橘類の他にも、
    セリ、セロリ、ジャガイモ、ニンジン、キュウリ、大根などにも、
    光毒性は含まれているので、紫外線をたくさん浴びる日は、これらは少し控えめにした方ががいいかも。

     

    柑橘類の中でも、橙(ダイダイ)は、おすすめ。
    ダイダイは、エッセンシャルのネロリのこと、光毒性を全く含んでいません。

     

    正月飾りにも使われる縁起物のダイダイは、
    実ったまま木から落ちないし、取った後も長持ちするので便利です。
    ダイダイのポン酢や、たっぷり絞ってサラダドレッシングに活用。

     

    だいだい



    そして、最も手に入りやすいトマト。


    フレッシュも美味しいけど、熱を加えるとリコピンが倍増、

    いろいろな料理で、毎日食べたいトマトです。

     

    その他、リコピンを含むものは、
    パプリカ、スイカ、バナナ、苺、レタスなど。

     

    身近な野菜やフルーツにも、抗酸化作用は含まれています。


    サプリメントに頼らなくても、
    抗酸化作用のある食事を意識して、しっかり取り入れれば、当然、効果は得られるはず。
    偏りなく、多くの食材から色んな栄養素を取ることを心がけて、予防とケアをしよう。

     

    ローズマリーソープ

    ジーサボンのローズマリーソープ】

     

    食事とスキンケア、あわせて、酸化させない体作りを。

     

    ローズマリーソープは、肌の上の酸化を防ぎ、長時間、清潔に保ちます。

    紫外線だけでなく、汚れや汗、皮脂の酸化によるシミやくすみをつくらない様に。

     

    紫外線に注意は必要だけど、
    やっぱり太陽のもとで過ごすのは健康的で、サイコー。

     

    サンセット

     

    では、よいGWをお過ごしください。

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM