癌を予防する健康習慣、添加物まみれの食品と化粧品を避ける

0

     

      生活習慣を変えて、癌を予防

     

    先日、「ちびまるこちゃん」のさくらももこさん(53)が、

    乳がんで亡くなられたという、悲しいニュースがありました。
    10年もの闘病生活だったそうです。


    癌は、2人に1人。
    乳癌は、12人に1人、
    その内、癌で亡くなる方は、3人に1人という統計。

     

    とても他人ごとではありません。
    なんで、こんなにも癌になる人が多いのでしょうか。


    癌になる原因は一つではありませんが、
    食生活と運動習慣が大きく関係していて、
    ほとんどが生活習慣病ということが、ハッキリわかっています。

     

    生活習慣なら、自分で変えることができます。

     

    二人のうち一人は癌にならないのですから、
    私は、正しい知識があれば、癌は予防できると信じています。


    全てではないかもしれませんが、
    半分、もしかすると遺伝性癌の1割を除く9割を、予防できるかも知れません。

     

     

      添加物や農薬、まずは悪い物を避ける

     

    食生活の改善には、
    野菜中心がいいとか、大豆や魚を食べろとか、発酵食品を見直せとか、
    特定のスーパーフードや、サプリメントを売るためなのか、
    そういう話ばかりが、やたら多いのですが、
    私たちは、農薬や添加物、体に悪い物を避けることが、とても重要だと感じています。

     

    癌に効くものより、癌になるものを避ける、

    リスク回避が先決です。

     

    かなり前になりますが、日本人の添加物の摂取量は、

    1日10g、年間で約5堋度、という試算が出たこともありました。

     

    厚生省がおこなったマーケットバスケット方式による調査で、
    スーパーマーケットで実際に売れた食品の中から、特定した添加物だけを、割り出した数字。
    あまり正確性、信憑性があるとは思えません。

     

    今は、全く自炊しない人も少なくありませんから、食生活には、かなりの個人差があるはず。
    この数倍もの添加物、10圓筍横悪圈∪櫃辰討靴泙辰討い訖佑世辰涜燭い里任呂覆いと心配になります。

     

    その上、運動不足、便秘症、年齢、ストレス度合など、
    個人差によって、体内に入った添加物の排泄能力も大きく変わります。

     

    添加物

     

    おにぎりでさえ、既製品を食べていると、こんなに多くの添加物が体内に入ってしまうのだから。


    日常的に、インスタント食品、お弁当に頼っている多忙な人、
    特に夏や梅雨時のお弁当、生物、ケーキなどの腐りやすい加工品、
    デパ地下のデリカや、レトルト好きの人などは、かなりの量の添加物を摂取しています。

     

    直接、体内に入る物の影響は大きいはず、
    やっぱり添加物は、軽視しない方がいい。

     


      危険な添加物だけでも、避ける

     

    今回は、発癌性のあると言わる危険な添加物にしぼった一覧表を載せておきます。

     

    食品だけでなく、化粧品にもたくさん使われています。

    危険な添加物を避けるだけなら、努力も不要、それほど面倒もありませんから、
    買い物や使用の際に、ちょっとでも参考になると嬉しいです。

     

    『発癌性のある添加物一覧』

     

    種類・用途

    成分表示

    使用される食品

    使用される化粧品

    洗浄剤・洗剤など

    合成着色料

    赤色2.3.104.105.106.

    緑色3号  青色1号.2号

    タール系、コチニール系、カラメル色素、全て注意が必要

    生野菜、鮮魚介類を除く食品全般に使用。

    菓子類、調味料、漬け物、加工食品、弁当、飲料水など、多種多様な食品に添加される。

    各種メイク用品、基礎化粧品、シャンプーリンス.合成石鹸など多種多様な製品に添加される

    発色剤

    亜硝酸ナトリウム

    亜硝酸塩

    ハム、ソーセージ、ベーコン、ローストビーフ、コンビーフなどの肉加工食品。

    たらこ、イクラ、すじこ、魚肉加工食品.ワインなど

    使用不可

    保存料

    ソルビン酸ナトリウム

    ソルビン酸カリウム

    グリシン

    ナイシン

    ハム、ソーセージなどの肉魚介類加工、錬り食品、漬物、佃煮、ジャム、味噌、菓子など、多種多様に添加

    殺菌剤としてニキビ用、薬用化粧品、その他の化粧品全般に添加される

    乳化剤

     

    プロビレングリコール(PG

    ポリエチレングリコール

    加工でんぷん

    麺類、餃子.シュウマイの皮、練り製品、加工肉、菓子、調味料等

    保湿剤、潤滑剤として、口紅、リップスリーム、化粧水、乳液、クリーム、トリートメント等ほとんどの化粧品に添加されている

    トリエタノールアミン

    リン酸

    アルカリ剤、湿潤劑、希釈剤として液体洗浄剤や乳液、クリーム、液体ファンデーション、トリートメントなど多種に添加される

    酸化防止剤

    ジプチルヒドロキシトルエン(BHT)

    ブチルヒドロキシアソニール(BHA)

    油脂、バター、魚肉冷凍食品等に添加、給食用のボリ容器に添加され溶け出し問題になっている

    化粧品や輸入原料にも添加される。とくに乳液、トリートメントなど、トロリとした製品に多く添加される

     

    防腐剤

     

    安息香酸ナトリウム

    パラベン

    炭酸飲料、栄養ドリンク、その他

    スキンケア、メイクアップ製品、ヘアケア製品まで多くの製品に転化される

     

    防カビ剤

    オルト・フェニル・フェノール(OPP)

    チアベンダゾール(TBZ

    クロルキシレール、パラクロロフェノール

    主に輸入の柑橘類。

    レモン、オレンジ、グレープフルーツ等

    表示はないが、防腐剤として添加される事がある

    ホルモン剤

    エストラジオール、エストロン、卵胞ホルモン、エチニルエストラジオール、酢酸コルチゾン、ジエチルスチルベストロール、プラセンタ、その他多種使用

    プラセンタはウシや人の胎盤から取り出した成分

    主に輸入畜産牛、豚、鶏、羊等の短期成長を目的として注射またはエサに混ぜて投与する.美容補助食品にも使用される場合がある

    老化防止をうたう化粧品にも使用されるが効果は認められていない上、副作用が強く問題になっている

    漂白剤

    亜塩素酸ナトリウム

    過酸化水素(本来は使用禁止)

    フルーツ缶詰、麺類、かずのこ、魚卵、水産錬り製品等に不正使用される事がある

    美白効果をうたう化粧品に添加される事がある

    甘味料

    サッカリン、

    サッカリンナトリウム

    アセスルファムK

    アスパルテーム

    菓子全般、清涼飲料水、ダイエット食品、ジャム、漬物等、その他の加工食品

    歯磨き剤に使用される、

    特に子供用の甘い歯磨き剤

    結着剤

     

    重合リン酸ナトリウム(表示義務なし)

    ポリリン酸カリウム( ポリリン酸塩)酸性ピロリン酸カルシウム(同ナトリウム)

    きざみ野菜(ごぼう、タケノコ、レンコン等)の発色剤として使用されたり、ハム.ソーセージ.かまぼこ等魚肉加工食品のシコシコ感を出すために使用される

    品質改良剤、キレート剤として、基礎化粧品、メイクアップ製品、ヘアケア製品、多くの製品に使われる

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    小麦改良剤

    臭素酸カリウム(イーストフード)

    パンをふっくらとさせるために使用するイーストフードの中に入っている。

    強化剤

    ニコチン酸、ニコチン酸アミド

    (本来は使用禁止)

    生肉魚肉の色調復元剤として鮮度の落ちた食品に添加、ひき肉、こま切れ、ハンバーグ、ソーセージなどに不正使用される事がある

    蛍光剤

    蛍光剤、蛍光増白剤

    毒性が極めて強いため食品への使用禁止されている。

    ふきん、ティッシュ、肌着、オムツ等、口に入れたり肌に触れる物への使用に注意が必要。

    蛍光剤が添加された一般的な洗剤で洗ったフキン、タオル等から手、皿、食品へ移染し残留汚染する事がある

     

    合成洗剤に添加されている。

    蛍光剤は繊維に染み込み1年以上残留する上、タオルから手、口へと簡単に移染する。

    また肌着、シーツ等から合成界面活性剤との併用で皮膚浸透する事もあり、極めて危険

     

    合成界面活性剤

    アルキルベンゼンスルホン酸塩(ABS)

    直鎖リニアアルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)

    高級アルコール系(アルキル基の炭素が多いものを高級と呼ぶ)

    アルキルエーテル硫酸塩(AES)

     

     

    洗浄した食品、食器(特に陶器)フキン等から移染し残留汚染する

    水質汚染から、魚介類の内臓と脂肪に多く蓄積され環境ホルモンとして、食物連鎖のサイクルに組みまれ、人間の口に入る。

    合成洗濯洗剤、食器、台所用合成洗剤などに使用される。その含有率は約40%、皮膚浸透性が強く人体・環境を著しく破壊、汚染する

     

    その他の合成界面活性剤を含め、クレンジング剤、化粧品、シャンプーリンス等全般的に使用されるが、安全性は極めて低く環境への負荷も大きい。

    アルファオレフィン系(AOS)

     

    同上

    洗濯洗剤等に添加されている

    農薬、除草剤、化学肥料、DNA操作植物(遺伝子組み換え食品等)、畜産.養鶏卵の抗生物質投与、養殖魚介類の薬剤投与(ホルマリン等)他にも様々な問題がありますが、無防備な一般消費者が最もさけるべきと指摘されたものを(発ガン性の恐れのある添加物)記載しました

     

     

    オーガニックコスメ無添加化粧品

     

    ジープロダクツは、

    原料の段階から、無農薬、化学肥料不使用の天然成分にこだわり、
    徹底的に合成成分を排除、完全無添加でつくっています。

     

    皆さまとともに、いつまでも元気に若々しくいられることを願っています。

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM