認知症にはなりたくない! 魚の汚染「水銀」を避ける方法

0


      認知症、脳に影響する、魚の汚染「水銀」

     

    築地市場が、ついに豊洲へ移転しました。

     

    もめにもめた末、
    作ってしまった箱、

    進んでしまった計画は、止まることはありませんでした。

     

    東京都は、東京ガスの工場跡地という、
    日本最大級の汚染土地を安く手に入れて、
    最高の立地、築地の土地を高く売って儲ける計画だったらしい。

     

    行政は、経済本位で、
    私たち国民の健康や安全を軽く見過ぎている、
    私は、それが最も危険に感じました。

     

    ベンゼンが基準値の4万3千倍、
    その他、ヒ素やシアンなども検出されている土地です。

     

    魚が受ける海洋汚染の心配に加えて、さらに市場の土壌汚染まで、
    食への安全は遠のくばかりばかりです。

     

    築地市場
     

    人間は、僅か100年足らずの間に、
    水、土、空気、何から何まで、

    色んなものを汚しに汚してしまって、
    自分たちの食がどんどん脅かされています。

     

    野菜、肉、魚まで、全てが汚れているのだから、
    これはもう、この先、何を食べたらいいのか、
    個人個人でしっかり考えなければなりません。


    今回は、築地の移転もあって、
    魚の汚染の避け方を押さえておこうと思います。

     

    まず、魚の汚染で一番怖いのがメチル水銀です。

     

    火力発電、セメント工場、ごみの焼却などが汚染の発生源で、
    世界中の海のアチコチで、水銀濃度は上がっています。

     

    私たち日本人にとって「水銀」の強い危険性は、「水俣病」で知られています。
    工場排水に汚染された魚を食べた人たちが、
    命を落とされたり、重篤な障害に苦しまれました。

     

    水銀は、神経を破壊し、脳の認知機能に影響する、
    絶対に、避けるべき怖ろしいものです。

     

    私たちにとって、最も身近な危険は認知症。

    認知症は、がんよりも恐ろしい不治の病です。

     

    認知症にだけはなりたくない、
    誰もが願うこと。
    でも、願うだけでは無意味、
    良い食生活を実践しなければ、健康ではいられません。

     


      水銀を多く含む魚を避けて、水銀が少ない魚を食べる


    魚が中心の和食が健康によいといわれ、
    魚特有の、DHA、オメガ3脂肪酸の素晴らしさも、誰もが知るようになりました。

     

    なるべく肉よりも魚を食べようと思うけど、
    それなのに、魚の汚染、気になります。

     

    一体どんな魚を食べたらいいのか、調べてみました。


    厚生省のHPでは、

    妊婦さんに対して、以下の魚を食べる量を制限するよう、注意をしています。

    https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/
    https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/qa/051102-1.html

     

    『魚介類に含まれる水銀について』
    メカジキ、キンメダイ、ツチクジラの摂取量を週80g未満、
    キダイ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、クロムツ、マカジキは週160g未満。

     

    妊娠中に水銀が含まれた魚を多く食べると、流産や奇形に繋がるおそれがあります。
    低濃度の水銀であっても、運動機能や知能の発達障害を起こすなど、胎児に影響することが報告されています。


    これは、妊婦じゃなくたって不安になります。

     

    同省のHPには、日本人の体内に水銀が蓄積する原因の80%が魚介類由来とあります。

    アメリカの研究機関の調べでは、
    マグロ好きの日本人は、体内の水銀残留量が、他国と比べて多いこともわかっています。


    しかも一度、体内に取り込まれると排泄しにくいのが特徴。
    そのため、長期に渡って蓄積量が増えていくのですから、
    誰だって脳への影響が心配になります。

     

    厚生労働省は、通常の摂取量で健康への影響はないとしていますが、
    実際には認知症患者もまた増加の一途。
    現在、6人に1人が認知症を発症。


    同省は、魚介類300種類の水銀含有量のデータも公表しています。
    その中から、食べ過ぎに注意が必要なのは、以下のとおり。

     

     

    魚の水銀含有量

    【水銀含有量が多い魚】


    特に水銀含有量が多い魚は、大型魚です。
    小魚を餌として、食物連鎖と体内凝縮を繰り返した結果です。
    その中でも、若い魚より年をとった魚に多く含まれています。

     

    魚の食物連鎖

     

    魚の汚染

     


    結論としては、
    なるべく汚染されていない海から摂れた小さな若い魚を、偏りなくいろいろ食べる。
    さんま、イワシ、アジなど、注意を必要としない魚を中心にする。

     

    ツナ缶や練り物などの加工品にも注意が必要。

     

    まぐろ丼、金目鯛の煮つけ、美味しいですが、ほどほどに、

    水銀含有量が多いとされる魚は、食べる頻度を控え目にしておいた方がよさそう。

     

    魚介類には、重要な栄養素が含まれていますから、
    水銀の少ない魚を選んで、魚食のメリットを活かすようにしたいですね。

     


      震災後の放射能汚染も忘れてはいけない問題

     

    私たち日本人は、これに加えて放射能汚染の心配もあります。

     

    今では、ほとんど報道されなくなりましたが、

    震災後の海洋汚染はいまも進行中です。
    セシウム、ストロンチウムが拡散したり、

    海底に溜まったりしているのですから、忘れてはいけない問題です。

     

    放射能も水銀と同じように、魚の食物連鎖や体内濃縮がおこっています。
    事故をおこした福島原発は、ずっと海と魚を汚染し続けています。


    もう、すでに太平洋の全てを汚染し尽くしたとも言われてはいますが、
    高濃度の危険地域を調べて、購入時には産地をチェックしたほうがいい。


    この他にも、
    残留性有機汚染物質(Persistent Organic Pollutants;POPs、ポップス)が、
    世界的に問題になっています。

     

    最近は、環境保護として、レジ袋やストローを止める運動がとても強まっていますね。


    POPsとは、ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニルなど、
    分解されにくく体内に蓄積する有害物質です。

     

    農薬や洗剤や、プラスティックのかけらなど、

    いろいろな有害物質が海には大量に流れ込んでおり、
    それが魚の汚染や、生態系にまで害を及ぼしています。

     

    東京湾の魚は、このPOPsを毎日食べているらしい。

     

    安全なものがどんどん少なくなっているだけに、
    食卓に上る、食べもの全てが汚染されている、なんてこともありえます。

    上手に避ける、選択のコツを心得ておきたいですね。

     

    魚の汚染

     


      やっぱり天然ものがいい? 養殖魚の安全性は?

     

    海洋汚染の深刻化が進む中、
    「今は養殖魚の方が断然安全だ」
    なんて言う養殖業者もいます。

     

    最近は、養殖技術もどんどん進歩しているのは事実ですが、
    それでも、やっぱり天然ものがいいと思う消費者がほとんど。
    手が届く値段であれば、天然を選びたいと思いますよね。


    不衛生な狭い生けす。
    細菌感染を防ぐ為の抗生物質の投与、ワクチン、殺虫剤の投与。

     

    コストの安い飼。
    遺伝子組み変え飼料、魚の色や発育を良くするための合成飼料。

     

    ストレスとぶよぶよメタボの魚、
    不健康に育った養殖魚への不安は拭えません。

     

    特に海外のサーモンやエビの養殖場は、
    信じがたいほどの不衛生な環境と薬剤漬けで有名です。
    水銀の心配がなくても、手を出してはいけない海産物は数多く存在しています。


    食品に潜む「汚染」、目には見えませんが、
    実は、ものすごく汚れている、
    体への摂取は、少しでも軽減したほうがいい。

     

    がんや認知症にならず、最期まで健康に生きるためには、
    「大丈夫、大丈夫、気にしない」なんて言ってられないのが現実です。

     

    生活習慣病がほとんどの病気の原因、

    食習慣は、個人差がすごく大きい。
    汚染されたり有害な食品を避けるためには、知識も必要になります

     

    何を避けるべきなのか、

    その判断材料として、
    少しでも役に立つデータや情報を、共有できるようにブログに書き留めていきます。


    皆様と共に、いつまでも若々しく健康に歳を重ねられますように!

     

    洗顔石鹸
     

    ジープロダクツは、原材料の全てが天然です。

     

    世界中の汚染の少ない地域から調達したもの、
    無農薬、化学肥料不使用で栽培されたもの、
    薬剤溶解、添加物などで抽出していない原材料を厳選しています。

     

    最高品質の原料にこだわり、
    高濃度の栄養素が、健康、美容に優れた効果効能をもたらします。

     

    毎日、素肌に使うスキンケア、素晴らしい天然の力をご実感ください。

     

     

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM