冬のガサガサ肌には、アロエソープ

1

忘年会、クリスマス、お正月の準備、大掃除、とっても忙しい毎日。

お肌のガサガサ、手荒れ、かかとのひび割れ大丈夫ですか?

 

若い方でも、腕や足のすねに粉がふいていたりしているのを見かけるこの季節、

「ケアが面倒」な忙しい時も、ぜひ、Gサボンのアロエソープを使ってみて!

 

お顔も、ボディーも、いつものように洗うだけで、ガサついた表皮がおさまり、しっとりします。

 

アロエは、日本でも昔から使われてきた、便利な民間治療薬です。

飲んだり、食べたり、塗ったりと、様々に利用されてきました。

 

アロエも他の植物同様に、多くの種類がありますが、日本で一般的なのは、キダチアロエ。

 

 

庭先や鉢植えでも手近に栽培できることから重宝されています。

 

アロエベラもまた、よく見かけます。

 

【アロエベラの缶詰:美味しい】

 

 

私は、ずっとGサボンの原料の仕入れを担当していますが、初めの頃は、キダチアロエを生のまま調達していました。

 

生のアロエからフレッシュなジュースを絞り、エキストラバージンオリーブオイルに入れて鹸化させ製造していました。

綺麗な薄いピンク色のソープでした。

 

数年後、

アロエの効果効能を調べていくうちに、キダチアロエは、胃腸環境を整える働きに優れていて、内服に適していることを知りました。

 

それにたいして、肌への効能は、「ケープアロエ」という品種が、断然に良いということをつきとめました。

 

 

【現在のGサボン・アロエソープ:無農薬栽培のケープアロエのパウダーを使用】

 

 

このケープアロエは、南アフリカ原産で、

アロエ特有の「アロイン」という成分が、キダチアロエの15倍も含まれています。

 

「アロイン」は、切り傷や火傷まで、壊れた皮膚細胞を修復するほどの高い効力があります。

 

 

Gサボン・アロエソープは、ケープアロエ粉末を、アロエ軟膏よりも多く配合しています。

 

ソープの成分は、洗浄時に皮膚吸収されますが、洗い流されてしまう分もあることを考慮して、限界量3%までたっぷりと配合しております。

 

こってりとした赤茶色のソープで、着色料ももちろん不使用です。

 

参考までに、こちらが間宮軟膏の配合量です。

 

成分(100g中)

分量

アロエ末

0.5g

アロエ葉末

2.0g

 

 

Gサボン・アロエソープの主原料は、エキストラバージンオリーブオイル。

アロエの皮膚修復効果との相乗効果で、保湿も一層しっかりできます。

 

軟膏特有のワセリンのベタツキもなく、普段の全身使用でカサカサ予防になります。

お顔のガサガサにも、Gクリームでカバーすれば万全、いつも通りお化粧にも問題ありません。

 

 

湿疹、あかぎれ、汗疹、火傷、切り傷や擦り傷がある時は、アロエソープを使ってみてください。

たいてい、すぐに症状がおさまりますから。

 

私たちGサボンスタッフには、手荒れや、かかとのひび割れに悩む人は誰一人いません。

冬も全身しっとり。

ホント、アロエって頼りになるのです。

 

ブログランキングに参加中
⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ビタミンCの爆弾!ローズヒップの威力

0

    見事なバラのお庭を持つご近所の方に、バラの実をいただいてきました。

    私は、何とも可愛らしいこの赤い実が大好き。

    クリスマスのリースを作ろうと思います。

     

    【バラの実:その中でも原種の実だけをローズヒップと呼ぶ】

     

    さて、12月からGオイル冬用の販売開始です。

     

    冬用のベース「キャリアオイル」は、

    ホホバオイル、アボガドオイル、スイートアーモンドオイル、

    おなじみのアンチエイジング最強トリオに、ローズヒップオイルが加わります。

     

    Gオイルが他と違うのは、「アロマオイル」だけではありません。

    主成分として95%を占める「キャリアオイル」の素晴らしさにもあります。

     

    全成分、どれもが最高品質の効能オイル。

    これが、Gプロダクツの自信で自慢です!!!

     

    当たり前なのですが、実は、90%以上を占める主成分はとても重要なのです。

     

    でも、多くの化粧品、オーガニックを謳う製品であっても、主原料は合成界面活性剤などを主原料にしているので注意しなければなりません。

     

    内容成分は、配合量の多い順に記載されています。

    1番目から3番目ぐらいまでに書かれた成分が、主原料にあたります。

     

    【Gオイル冬用とGサボンのローズヒップソープの全成分内容】

     

    Gオイルの主原料となる基材は、フォーシーズン全てホホバオイルです。

    ホホバを基材に、相乗効果のある効能オイルをシーズンに合わせて選び、配合率を設計してブレンドしています。

     

    北米産・無精製ゴールデンホホバオイルを使用。

    栄養分が破壊されていない状態の最高グレードのオイルです。

     

    ホホバオイルは、保湿を目的に、クレンジング、日焼け止め、マッサージオイルとしても有効。

    人の分泌する油と構造が非常に似ていることから、どなたにも合います。

     

    乾燥やアトピー等の肌荒れから、ニキビや角栓まで、様々な悩みに対応できる万能オイルです。

     

    「オリーブオイル」の画像検索結果

     

    植物オイルは、100%のものであっても、各製品の品質には大差があってピンキリです。

     

    熱処理や精製されて栄養価が激減し、その上、脱臭や漂白までされているものも少なくありません。

    そこで、細心の注意を払って厳選し、原料を調達しなくてはなりません。

     

    ホホバオイルに加えて配合されているローズヒップオイルもまた、最高グレードのものです。

     

    【Gオイル冬用とGサボン・ローズヒップソープ】

     

    ローズヒップの特性は、何と言っても、レモンの20倍のビタミンCを含み、植物の中でトップということ。

     

    しかも、ローズヒップのビタミンCは熱にも強いうえ、

    一緒に含む「ビタミンP」という成分が、「ビタミンC」の破壊を防ぐという、稀な特性を持っているそうです。

     

    そのため、ローズヒップの美白効果は、日焼けや、シミだけでなく、生まれつきの地黒にまで効くというのですから、驚きです!!

     

    聞きなれないこの「ビタミンP」は、抗アレルギー作用もあるようです。

     

    ローズヒップは、ビタミンCによる、メラニンの生成を抑える働きだけではありません。

     

    ビタミンCはレモンの20倍

    ビタミンAはにんじんの4倍

    カルシウムは牛乳の5倍!

    鉄分はほうれん草の4倍!

    植物繊維は6倍

    βカロチンはトマトの22倍!

    リコピンもトマトの13倍!

    【日本分析センター調べより】

     

    これは、まさにスーパーフード。

     

    この他に、ビタミンEも含むので、コラーゲンを生成し、アンチエイジング効果も期待できます。

     

    また、ターンオーバーを促進させる作用もあり、新しい肌を再生し、肌色が明るくなります。

    古い肌が剥がれ、他の有効成分の浸透を助け、保湿力も高めます。

     

     

    -オイル冬用に配合しているローズヒップオイルは、

    チリ南部アンデス山麓に自生する野ばらから採ったオイルです。

     

    野生のローズヒップは、もちろん農薬も肥料も全く使われていません。

     

     

    栽培されたものより栄養価も豊富。

    オメガ3のリノレン酸、オメガ6のリノール酸の濃度が高く、

    不飽和脂肪酸95%、美肌効果の高いオイルです。

     

    代謝が落ちている肌にも、極めて浸透性が高いオイルなので、角質細胞を活性させます。

    入浴時の全身マッサージに使えば効果絶大。

     

    -サボンのローズヒップソープに使用しているローズヒップも、同様のチリ産。

    ドックローズと言われる原種です。

    品種改良や、遺伝子操作もされていません。

     

    野生のローズヒップは、強い生命力をもち、栄養価が凝縮されています。

    丁寧に手摘みされ乾燥された最高級グレードのローズヒップカット&パウダーを練り込んであります。

     

    カットされたローズヒップチップは、軽いスクラブ効果があります。

    古くクスんだ表皮を取り除くので、ワントーン明るい肌色になり、化粧ノリもよくなります。

     

     

     

    【右:ザクロとローズヒップを漬込んでみました。左:かりん】

     

    合わせて、私は最近、ローズヒップティーをよく飲んでいます。

     

    ハイビスカスとミックスして、スッキリした酸味を味わうのもいいし、はちみつを入れるのも美味しい。

    他のフルーツをチョイ足しすると、さらに美味しい!

    ワイン漬けとブランデー漬けも作ってみました。

     

    抽出後の実も残さずに食べて、風邪予防、バラのパワーを全身で実感。

    改めて、美肌の強い見方を得たような気分です。

     

    ブログランキングに参加中
    ⇓ ⇓ ⇓ こちらから、ランキングと人気ブログがご覧いただけます。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
    にほんブログ村

    << | 3/3PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM